返済能力はどうやってみわけるの?基準はこんな感じ↓になっています

一番大切なのは過去の利用実績です

返済能力を判断するのに大切なのはなんでしょうか。

それはずばり過去の利用実績です。

これまでどれぐらいの金額を借りて、遅延なく返したかどうかが大切です。金融機関には、信用情報がありますので、誰がいつどれだけ借り入れて、いくら返したか掲載されています。

それによって返済能力をはかっているのです。ですので過去の利用実績が一番大切になります

・職場の安定性も大切です

審査に際して職場の安定性が次に重要です。

なぜなら長期に渡って返済するため、どれだけ勤務先が安定しているかを問われるのです。
そのため大切なのは上場企業や公務員など、職場がしっかりしていることです。

みかけの給料よりも安定性が重視されます。そのため転職直後などは申し込みを避けたほうがいいでしょう。できれば転職前に申し込んでおくことをおすすめします。

・正社員のほうが有利。

当然ですが正社員のほうが雇用が安定しているため有利です。

解雇がありませんので、今後も一定して給与から返済してもらえます。また万が一病気になっても休職制度があり、傷病手当が支払われますので、金銭的には安定しています。

一方で非正規の派遣の人などは雇用が不安定です。次の仕事があるかどうか確約されていませんので、派遣の人はあまり高額の借り入れはできないことがおおいです。

しかし最近では顧客を増やすため、正社員だけでなくパートやアルバイト、派遣社員の方でも借り入れが可能となっているケースが多いです。

正社員のほうが借り入れでき、返済能力があるとされるでしょう。

・利用実績がない人は怪しい?

たとえば社会人になって数年経つのに、使用実績がまったくない人がいます。もちろん30歳になってから突然クレジットカードを持とうとした人もいるかもしれません。

ですがあまりに使用実績がない場合は、自己破産して免責が降りて数年経ったのではないかと懸念されます。当然ですが破産した人・任意整理した人は返済能力がないとみなされます。

・持ち家で家庭がある人

持ち家で家庭がある人も、計画性が高いと判断されますので返済能力としてはプラスとなります。

持ち家は住宅ローンに通っており、また家庭があると可処分所得は少なくなるものの、引越しが困難で会社も辞める可能性が低いため、計画性があり返済能力が高いと判断されます。

・夫が公務員の場合

専業主婦も借り入れ可能です。その場合、夫の職業が大切になります。公務員の旦那さんがいる場合は有利でしょう。

また夫の職業を申請したくないという方でも借り入れはできます。ただし借り入れ限度額は低くなり、収入がないと判断されますので100万円程度の借り入れが上限となるでしょう。

・使いみちがちゃんとしている人

例えば生活費でなく教育費など、まっとうな使用目的の方は返済能力が高いと判断されます。
またギャンブルなどの目的、他社の借入を返すための借り入れなどは敬遠されます。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*