短期間で連続申込みをすると審査に落ちる?!真相は?

カードローンの利用を検討したことがある方であれば“カードローンに短期間で連続申込みを行うと審査に通りにくくなる”ということを聞いたことがあるかもしれません。

具体的に審査に落ちてしまった方の体験談などを掲載しているサイトもあります。でもこれは本当なのでしょうか?

独自の基準で審査は行われる

銀行・消費者金融・クレジットカード会社などの金融機関は様々ありますが、カードローンの借入の審査基準というものはそれぞれの金融機関に任せられています。

しかもその審査基準というものは、公式HPなどを見ても確認することはできません。基準に関してはどこの金融機関も公開もしていません。

そのために実際に短期間で連続申込みをしたから、審査に落ちてしまった!ということは噂程度ともいうことができます。真相については確認することはできません

審査に落ちた理由などについては教えてもらえませんので、この噂がまるで事実のように伝わってしまったともいえるでしょう。

申込むだけで信用情報に記録が残る

そもそもどうしてカードローンに連続申込みをしたら審査に落ちるという噂が広まったのでしょうか?それには訳があります。

実はカードローンの申込をするだけで、審査に通過するか否かに関係なく、信用情報に記録が残ってしまうのです。

カードローン会社は審査を行うときに信用情報を必ず確認します。

信用情報は返済能力の有無を判断するために参考とされる資料なのですが、信用情報には申込みから返済までたくさんの情報が記録されています。

カードローン会社は加盟している信用情報機関にあるすべての情報を閲覧することができ、また審査の際には絶対に行います。

申込記録は最長6ヶ月間保管されています。そのために短期間で連続申込みを行うと審査に落ちるという噂が流れたのでしょう。

“短期間で連続申込みをすると審査に通らなくなる”の真相

申込記録が信用情報に記録されてしまうのはわかったけど、その情報をカードローン会社は審査に反映さえるのか?というのは、最大の謎として残りますね。

あるカードローン会社への電話調査によると、“短期間のうちに複数の申込記録があっても審査への影響はない”ということがわかっています。

また信用情報機関であるJICCへの電話調査でも“審査に影響が出るとは考えにくい”という返答が返ってきたという調査もあります。

ただ注目なのが“審査基準は各社独自のものなので影響の有無は保証はできない”との言葉です。

つまり審査の基準はあくまでそれぞれの金融機関次第であり、短期間での連続申込みが審査に影響を与えるかもしれないし、与えないかもしれないということです。

実際に上記以外のあるカードローン会社は、“申込件数があまりに多い場合は、少し対応が変わる”こともあるともされています。

まとめ

短期間で連続申込みをしたから審査に落ちてしまうという根拠はありません

しかしカードローン会社により何が審査の基準とされているかがわからないために、短期間での連続申込みが審査項目に含まれていることもあるのです。

確かにカードローン会社の立場になって考えてみると申込件数が多いお客さんは、貸し倒れリスクが高いとも思えるのではないでしょうか?

返済を見込めそうにないお客さんへの貸し出しを行うカードローン会社はありません。

借入件数や金額も大事にですが、1つ1つ丁寧にカードローンは申し込みを行った方がより安全に借入ができるといえるかもしれません。“急がば回れ”です。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>