さてクイズです。カードローン審査で有利なのは既婚者と未婚者、どちらでしょうか?

・既婚者のほうが未婚よりも審査に有利な理由は

既婚者と未婚者では、一般的に見て使えるお金が異なります。既婚者のほうが可処分所得は少なく、お小遣いで暮らしているケースが多いでしょう。

また未婚者は給料をすべて自分で使えますので、借入には有利だと思われがちです。ですが既婚者のほうが審査には有利なのです。その理由をあげていきます。

・引越ししづらい

一般的に考えて、既婚者のほうが家族が多いため引越しがしにくいということころがあります。

未婚者は自分ひとりですので、引越しは簡単にできます。ですので連絡不通になりにくいというのがあり、既婚者のほうが信用が高いです。

・転職リスクも少ない

また妻帯者のほうが転職リスクも少ないでしょう。

家庭があると気軽に引越しできませんので、家族がいるほうが会社に長期で所属する可能性が高いです。

また独身者だと気軽に転職したり、収入が下がってもなんとかやっていけるため、会社をやめてバイトになってしまったりするリスクが高まります。

社会的な信用や可処分所得よりも、返済不能になるリスクを避けると言う観点で考えたときに、既婚者のほうが安定しているという傾向があります。

・可処分所得は独身のほうが多い

当然ですが可処分所得は独身者のほうが多いでしょう。ですので返済を確実に行えるのは独身者かもしれません。

ですが既婚者のほうが身動きが取りづらいため、審査には有利です。ですが独身だからと言って落ちると言うわけではなく、あくまで審査はトータルでみて判断されます。

その他勤務先、勤務年数、過去の借り入れ、他社の借り入れ状況などをチェックされます。
最も大切なのは金融情報です。信用情報が綺麗であれば借り入れの可能性は高まります。

・持ち家で既婚者だと有利です

同じ属性、すなわち勤務先や勤務年数が一緒で給料も一緒ならば、既婚者で持ち家のほうが有利です。なぜかというと身動きが取りづらいため、しっかりと連絡が取れる可能性が高いからです。

また住宅ローンを組んでいる可能性があり、頭金を入れたりなどしてある程度計画性があることが予測されます。

持ち家で既婚者だとかなり安定したイメージがありますが、それは金融機関にとっても同じなのです。

・この借り入れ目的はやめよう

持ち家で家族もちでも、借り入れの理由に、ギャンブル、他社からの借り入れ返済と書いてあれば確実に審査ではねられます。

借り入れ目的もチェックされていますので、ギャンブルや借り入れ返済はやめましょう。ギャンブルはどれだけ自分が自信があって必ず返せると思っても、カード会社はそうは判断しません。

そもそも借り入れしてまでギャンブルを行うのは絶対にやめたほうがいいでしょう。株の追証支払なども断られるケースがあります。

またカードローンは担保が必要ありませんが、担保を要求されることもあるかもしれませんので、追証には気をつけましょう。トータルで見て既婚者で持ち家だとだいぶ有利になるでしょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*