よく言われる、カードローン審査と勤続年数の関係性をズバリ解説!

勤続年数は長いほうが有利

当然ですが勤続年数は長いほうが有利となります。勤続年数が長いほうが、安定しているとみなされるからです。

ですので転職直後などは給料があがったとしても敬遠されます。安定性がないとみなされるからです。収入が低くても5年や10年勤めている人のほうがしっかりしていると判断されます。

計画性があるとみなされるのです。転職をするならば、転職前に審査に申し込んでおいたほうが安全です。勤続年数は非常に重要な指標となります。

・勤続年数と同じように大切なもの

勤続年数と同じように大切なものに、賃貸の居住年数があります。賃貸は引越しが容易なため、審査で嫌がられることが多いです。

ですが居住年数が長ければ信用があるとみなされます。大家さんの更新審査に通っているので信用とみなされるのです。意外な項目ですが覚えておくといいでしょう。

・正社員のほうが当然有利

勤務年数が長い正社員は当然有利です。しっかりと先のことまで見通して返済計画が立てられるからです。

正社員のほうが有利なのは当然です。日本の正社員は保護されていて、解雇規制があるため、不合理な理由で解雇できません。

そのためかなり身分が安定していますので、勤続年数と共に評価されます。非正規はどうしても数年で職場が変わりますので、勤続年数は短くなります。

またパートやアルバイトなら雇用期間に縛りはありませんが、いつ首になるかは予測できないのでどうしても勤続年数は短くなります。

ですが非正規でも勤続年数が長い人は評価されます。それだけ職場にしっかり根付いて実績をあげていると評価されるからです。

・非正規やパートでも借りられます

就労期間が長くてしっかりとした収入をあげていれば、非正規のパートやアルバイトの人でも借り入れは可能です。

ですがどうしても正社員ほどの金額は借りられません。なぜなら金額が増えると借り入れの返済額が長期になるため、未来の雇用状況がわからないからです。

ですが借り入れができないということはありません。しっかりと働いていれば、非正規でも借り入れできます。

・勤続年数が短い場合は

勤続年数が短い場合は、社会保険に加入した保険証や、給料明細を直近の2ヶ月ほど提出してみるのもいいでしょう。直近2ヶ月の給与明細なら、どこでどれだけ働いているかの証明となります。

また1年目でしたら昨年の納税証明や源泉徴収票などもあるといいでしょう。どちらにせよ何らかの形で書類を提出する必要があります。

・嘘はばれる

勤続年数を確認する書類はありませんから、虚偽の報告も可能です。

ですがどのような形で発覚するかはわかりませんし、過去の勤務先での金融情報が出てくる可能性がありますので、虚偽の申告はやめたほうがいいです。

嘘がばれて使用停止になると他の会社で申し込むのも非常に困難となります。できるだけ誠実に書くのが一番審査に通る確率が高くなるのです。嘘はやめましょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*