休職中にカードローンの審査に受かることはあるの?

カードローンの審査には収入が大きく関係しているということは、カードローンの借入を検討している方であれば知っていることでしょう。

しかし無収入ではないものの、何らかの事情で、休職になっているという方もいることでしょう。

休職中にはカードローンの審査に通るのでしょうか?考えて見ましょう。

ケース①休職中だけれど収入がある場合

休職中=無収入というわけではありません。働いていたときと同じようにはもらっていなくても、減額された収入ならばあるという方もいることでしょう。

このケースであればカードローンの審査に通る可能性があります。

審査に通るためにはまずは休職中であることを正直に伝えることから始めてください。

もちろん休職中だから審査に対する不安などもあると思いますが、休職中なのを隠してカードローン審査に申し込むと後で面倒になります。

どうせ後でばれてしまう可能性が高いために初めから自己申告しておきましょう。

ケース②副収入がある

たとえ本職が休職中でも副収入を得ているという方もいると思います。

副収入もれっきとした収入です。カードローンの審査をする場合には副収入についても忘れずに、収入に入れるようにしてください。

副収入があることを証明するために確定申告書、源泉徴収票、通帳記入など証拠となるものの準備が必要となりますので、あらかじめ準備しておきましょう。

ケース③無給

休職中で収入がゼロという状態は、残念ながら無職と同じ状態であるとみられがちです。
もしも配偶者の収入があるのであれば、配偶者の収入と合算で考えることもできます。

しかし基本的に休職中で無給であれば、審査に通る可能性は大変低くなってしまうと覚えておきましょう。

休職中は消費者金融がおすすめ

どうしてもお金が必要で借入できることを第一に考えるのであれば、銀行系よりも消費者金融系がおすすめです。銀行カードローンは一般的に審査が厳しいと言われています。

確実に借り入れができる状況にするまでには、銀行系では厳しいこともあります。そこで利用を検討したいのが消費者金融系です。

金利などの面では銀行には負けるものの、審査に通る可能性について検討するのであれば消費者金融のほうが可能性が高くなります。

特にプロミスとアコムは休職中などの状況に対して柔軟な対応を行っています。

休職中の借入のポイント

①借入希望額を低く
あまり大きい限度額を希望してしまうと審査で落ちてしまうこともあります。

そのために絶対に必要な金額だけを申し込みだけにするようにしましょう。少しでも審査に受かる可能性を高くします。

②借入先を考える
金融機関によってははっきりと休職中の対応などについて明記してあるところもあります。

または借入希望先に休職中でも借入が可能であるかを尋ねることができます。確実に借入ができるところを探していきます。

③休職中であることを隠さない
審査を行う際には在籍確認が行われます。

そのために場合によっては金融機関側が在籍確認によって休職中であるということを知る形になることもあるでしょう。

それではどうしても心象が悪くなってしまうので、あらかじめ休職中であることを伝えておきましょう。

④副収入もしっかりと明記
メインの仕事を休んでいるので忘れてしまいがちですが、副収入もれっきとした収入です。年収などを書く欄には忘れずに付け加えておきましょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>