そうだったのか!住んでいる家とカードローン審査の意外な関係性とは?

・持ち家のほうが審査に有利な理由

賃貸と持ち家ならどちらが審査に有利でしょうか。実は持ち家の方が有利となります。

一般的に持ち家になりますと可処分所得が低くなるためあまりいいようには思えませんが賃貸よりも持ち家のほうがいいのです。

それは持ち家があるということは銀行に審査に通っていることでもあり、ある程度信用の置ける人であると判断できるからです。

また賃貸だと気軽に引っ越してしまいますので、連絡が取れなくなるリスクがあります。ですので持ち家のほうが審査には有利なのです。

・申込理由に引越しを書く人は落ちます

審査の際に記入する用紙に、借り入れの目的を書く欄があります。ですが適当に書くのはよくありません。

審査の際に、借り入れの目的はしっかりとチェックされています。ギャンブルや他社からの借り入れの返済に使うのはもってのほかですが、引越しも敬遠されます。

引越しは普通の使い方のように思えますが、連絡が取れなくなるリスクがあるため、お金の目的として引越しは非常に嫌がられます。これはカード会社の気持ちになってみるとわかるでしょう。

・賃貸でもOKな場合

一般的に、独身者で賃貸住まいだと少し不利になります。可処分所得は多いのですが、その分身軽なため連絡が取れなくなるリスクがあります。

ですが賃貸で重要視されるのは、住んでいる年数となります。

長年すんでいれば更新に通っていると言うことになりますし、信用があるとみなされます。何年住んでいるかはカード会社は確かめようがありませんが、嘘はいけません。

賃貸でも長年すんでいる場合は借り入れに有利ですので、ぜひとも事実を申し込みに書いてみてください。

・正社員だと受かりやすい

ですが賃貸に住んでいる人は大勢います。ですので賃貸だからと言ってすべて落ちるわけではありません。

あくまで比較した場合に、持ち家のほうが有利であるというだけで賃貸でも審査には通ります。とくに正社員公務員の正規職員で他に問題がなければ大丈夫です。

大切なのはトータルで見た属性ですので、賃貸だからと言って完全に不利になるということはないでしょう。

・無職で賃貸は落ちる可能性が高いです

無職で賃貸暮らしの人は、審査が通りにくいかもしれません。やはり収入がなければ返済もできませんので、審査をよくチェックされます。

銀行系カードローンや消費者金融の100万円以下の借入ならば収入は不問なので無職かどうかはわかりませんが、それでも職業欄を書くことがありますので、無職で賃貸暮らしの人は気をつけましょう。

持ち家区分と賃貸区分を嘘つくことはできませんが、職業の欄はフリーランスや自営業と名乗ってもいいでしょう。

賃貸は比較的信用がないのです。大家さんの審査はありますが、それらは金融業界の審査とはつながっていません。

審査で何をチェックするかという観点に立ってみると、どのような属性が審査に通りやすいか想像することができるでしょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>