無人機でカードローン契約をする際の注意点

誰もいない無人契約機デカードローンの契約ができるということは、広く知られてきました。

ただ無人機で申し込みから契約までを済ませられるということを考えると、無人機の向こう側はどのようになっているのか?と不思議に思われる方もいることでしょう。

実は無人機の向こう側を知ることで審査にも影響を及ぼすこともあるのです。

無人契約機は実は無人機ではない!

“無人機で申込みからカード発行までできる”と聞けば、本当に無人ですべての手続きが終わるという印象を持つのではないでしょうか?

多くの方は無人契約機内=誰にも見られていないと思うようです。しかしこの考えは大間違いなのです。

本当は無人契約機にはカメラが設置されています。そのカメラの映像を別の部屋にいるオペレーターが見ています

無人機であるのには間違いはないのですが、実は後ろにはスタッフがいてしっかりと無人機の中の行動を見ているというわけです。

たまに誰も見ていないと思って、着替えたりする方もいますが、実はしっかりとみられていますので注意が必要です。

無人契約機の手続きの流れ

必要な情報を入力
性別、生年月日、家族の有無、一軒家か賃貸、仕事の有無、雇用形態、業種、勤続年数、年収などの簡単な入力と借入状況についての入力が求められます。

本人確認書類の提出は無人機がスキャンしてくれます。

③オペレーターからされる質問に答えます

審査がありますので、その間は無人機の部屋内で待ちます。

⑤審査に通過するとカード発行と融資が行われます。

すべてのステップを踏むと約1時間ほどで申し込みから借入までを行うことができます。とても急いでいるときに便利に使えます。

スタッフが確認すること

申告した情報をもとに無人機の後ろにいるスタッフは本当に申告した情報が真実であるかどうかを確かめます。

たとえば借入状況について現在の借入件数、借入金額、返済記録、債務整理の記録などを正確に調べます。さらに申告された住所を地図上で確認したり、在籍確認などを行います。

無人機では誰も見ていないという心理が働き、うその申告をしてしまう人が多いのです。しかし虚偽の申告をしてもスタッフがすぐ確認するためにうそがすぐにわかってしまいます。

申告に虚偽が見つかった場合にはすぐに融資不可、審査落ちという結果になります。

特に多い虚偽の申告は家族の免許証を使って申請することです。

本人証明書の写真と無人契約機のカメラに映る映像が異なることからすぐにわかってしまいます。無人機であるためにうそを簡単についてしまう人も多いのですが、虚偽の申告は違法です。

また偽造した証明書などを使うと逮捕までに至る可能性もあるのです。いくら無人機であったとしても正直に申告することがまずは印象をよくするためには不可欠です。

オペレーターの心象をよくして、なるべく審査に有利に働かせるようにしましょう。

無人機の部屋内での挙動不審はNG

うそをついていないにしても、審査に対する不安、初めてカードローンを利用する緊張などから挙動不審に見える行動をしてしまうかもしれません。

もちろん審査の間は待っているために、待ち遠しくイライラしてしまうかもしれませんが、あまりに挙動不審だったりすると怪しいとみられてしまいます。

オペレーターに怪しいとにらまれると審査に通過することは難しいでしょう。焦る気持ちはわかりますが、できるだけ平常心を装い落ち着いて待ちましょう。

無人機はコンピュータシステムを利用したカードローンの申込方ですが、無人機の後ろにはスタッフがいるので機械的な審査ではなく利用者のための審査となっているともいえるのです。

だからこそ、しっかりとしたカードローンとなっているのです。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>