お金を借りたらきっちり返済しましょう!くれぐれもネガティブ情報がつかないように!

・ネガティブ情報に気をつけよう

キャッシング会社が審査をする時に、ネガティブ情報と言うのを参照します。

これはようするに個人情報に対して傷があると言う状態で、延滞が多いとか、現在延滞をしてしまっているとか、自己破産や任意整理の経験があるとかの情報です。

これらがあると新規の借り入れは非常に困難になります。

また業者間でデータが連携されており、他の会社でネガティブ情報がつくと別のカード会社でも借り入れが非常に困難となります。ネガティブ情報にはどのようなものがあるでしょうか。

・延滞はやめましょう

当然ですが期日までに金利と元本を返すべきです。延滞は一度でも起こすとネガティブ情報がつきます。

1度や2度の延滞ならば、誰にでも起こりえることなので大丈夫なのですが、何度も延滞を繰り返していると、たとえその後にきちんと支払ったとしても経歴に傷がついてしまいます。

延滞はちゃんと後で払っても、期日までに返さない人としてマークされてしまいます。

また過去に延滞していて現在はきちんと払っている人でも、過去の延滞を繰り返したことでネガティブ情報がついていることもあります。一度失った信用は取り戻すことが非常に困難なのです。

3ヶ月連続で延滞したり、何回も延滞を起こしたりするとそれだけでネガティブ情報に登録されてブラックリスト入りとなります。破産していなくとも関係ないのです。返し方が問題となります。

債務整理や自己破産も問題です

借金で首が回らなくなってしまったら、債務整理自己破産をして再起を誓うのもひとつのやり方です。それ自体は悪いことではありません。

ですが債務整理や自己破産は、カード会社側からみると、貸したお金を返してもらえなかったことになりますので、ネガティブ情報として残ります。

何年かすると自己破産の経歴は消えますが、カード会社は営利企業ですので記録がずっと残ります。

例えばアコムで借りて自己破産した場合、精算して10年たって情報が綺麗になってまたアコムで借りようとしてもそれは不可能です。

・ネガティブ情報がついてしまっても借りたい場合

ネガティブ情報がついてしまっても借りたい場合は、どうしたらいいのでしょうか。

その時はなるべく小規模な事業者で借りるといいでしょう。消費者金融でも中小企業がありますので、そういった小さな会社から借りるといいと考えられます。

ですがくれぐれも正規の会社にしてください。都道府県に申請していない闇金で借りると大変なことになります。

闇金はネガティブ情報関係なく貸してくれますが、大きなトラブルを招くのでやめましょう。正規の業者で企業規模が小さいところを狙うといいでしょう。

・ネガティブ情報は自力では消えない

ネガティブ情報は信用情報に残りますので、自力では消せません。

ですが永遠に残るわけではないので、何年か経ったら消えてくれます。いつかは消えますので、その日を待つしかないでしょう。一度ついてしまったら自力ではどうしようもありません。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>