申込の前にはお試し審査で自信をつけて!

急にお金が必要になる!ということは誰にでもあると思います。

そんなときに貯えがあればそこからねん出すればいいのですが、貯えがないケースだってあります。

そんなときカードローンというのもひとつの手ですね。

だけどカードローンには大きな壁ともいえる審査が待ち受けています。審査に通るかどうか不安!という方のためにインターネットで行うカードのお試し審査の利用をおすすめします。

カードローンのお試し審査とは?

カードローン会社の公式HPなどに行けば“お試し審査”というクリックボタンに気付くのではないでしょうか?

このお試し審査とは、簡単な項目の入力で融資の結果を簡単に判断してくれるというものです。

しかも簡易審査の結果は3~5分程度ととても短いために、誰でも本格的な審査を受ける前に受けておくと、自分が審査に受かりそうかどうかを簡易ではあるものの知ることができます。

お試し審査ではどんなことを入力するの?

いくらお試し審査でも名前や住所、電話番号、メールアドレスなど個人情報を入力することに’なると、さすがに気が引けますね。

でも多くの場合でお試し審査は個人情報の入力が必要ありません。そのために本当に気軽にお試しで審査を受けることができます。

お試し審査で入力することになる項目は、生年月日、職業、保険の種類、他社からの借入について、年収などのとても簡単な項目です。この項目であればすぐに入力できるのではないでしょうか?

多くの人が勘違いしがちなこと

“お試し審査”という名称のためか、お試し審査をするとそのことが個人信用情報にのってしまうと考えている方がいます。

でもこれはあくまで簡易に行う審査であるために、審査に申し込んでもその記録は個人信用情報には残りません

安心して気軽に審査の前に使ってみてください。どのくらいまでの借入ができるのか?などの目安にすることができます。

お試し審査からわかる実際の審査で大事な点

上記では一般的にお試し審査で入力を求められる項目についてご紹介しましたが、あくまでもその項目というのはそれぞれのカードローン会社ごとに異なっています。

しかし絶対といっていいほど入力項目にある事柄は、

年齢
税込み年収金額
他社からの借入状況
職業

です。

このことからわかるのは、実際の審査の際にカードローン会社がどのようなことを特に注意してみるか?ということです。

言い換えればどんな人が審査に通りやすいのか?ということを知ることができます。

まず1つ目に大事なポイントは職業です。どれだけ多くの金額を稼いでいるか?ということよりも、安定した収入であるかどうか?ということがポイントとなってきます。

そのために収入が安定している公務員や大企業のサラリーマンなどは年収の高い自営業の方よりも審査では有利であるといえます。

ただ希望借入金額が50万円以下の小さめのものであれば安定した年収さえあれば職業のために審査に落ちることはほとんどないでしょう。

次に大事なポイントは借入状況です。

当然のことですが、他社からの借入がない人ほど審査には通過しやすいといえます。他社での借入がある場合には、返済へ無理が生じて返済が滞ってしまうということもあります。

また他社から借入しているのに更なる借入が必要なほどお金に困っている人と見られてしまいます。

いずれの場合でも返済へのリスクが高いとみなされる可能性もあります。もちろんですが総量規制を超えた借入金額になると審査もそれだけ厳しくなります。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*