残念でした!こんな↓人は審査に落ちる可能性大です!

・ずばりブラックの人は無理です

審査に通らない人はどのような人でしょうか。まずあるのが金融事故を起こしている人です。返済の遅延があったり連絡不通があったり、自己破産などして借入を返さなかったりなどです。

そういう方々は絶対に通りません

また自己破産等してブラックリストに載った場合、5年~7年でブラックリストから削除されますが、それでも一度破産した場合、カード会社に履歴が残っていますので、一度借りた会社から再び借りることは不可能です。

ブラックリストは信用情報から消えても、カード会社にはずっと残るからです。過去に破産歴がある人は、借りたことのないカード会社に申し込むしかありません。

・書類に嘘がある人

例えば勤務先を偽ったり、偽りの書類を出したり、何らかの形で提出書類に嘘があった場合、審査を断られるケースがあります。多くの場合、ついた嘘はばれてしまいます。

カード会社は多くの統計データを持っていますので、年収等を虚偽の申告してもデータからばれてしまいます。

・人物的に信用できない人

例えばカウンターや申込時のカメラなどでソワソワしていたり、何か隠し事をしているかのような動作をしている場合、信用に足らない人物として通らない可能性があります。

それを防ぐためには、堂々としっかり対応することが大切です。また電話での申し込みの際も、相手はあなたの応答を見ています。

信用されるにふさわしい人物だとアピールして、しっかりと対応してください。

・スコアリングではじかれる人

カード会社は統計データを持っています。性別や年齢、職種、勤続年数で返済率がどのように変わるかデータを取っているのです。そのため貸し倒れ率が高い属性の人ははねられます。

本人にまったく非がない場合でも、属性が悪いためはねられるケースはままあるのです。

それは仕方のないことです。

・転職回数が多い人

転職回数が多い人は敬遠されます。定着率が悪く、また収入も高いとはいえないからです。
ぜひとも転職は少なめにして、転職を考えているならば前の会社に在籍中に審査を通しておいたほうがいいと思います。

勤続年数が長くなると有利ですが、転職したばかりの場合などは審査は通らないと思っていいでしょう。やはりカード会社は信用できるかどうかをデータでみています。

転職回数が少ない人はしっかりしていると判断されますが、いい年をして勤続年数が少ないと信用されません。こういった人は審査に落ちるケースが多いです。

・独身で賃貸住まいの人

独身で賃貸住まいの人も審査に落とされる傾向があります。正社員ならば大丈夫ですが、既婚者で持ち家の人に比べて移動がしやすいため、連絡が取れなくなる可能性が高いのです。

・申し込んだ理由が借金の返済やギャンブルの人

借金の返済のために借入を希望する人や、利用目的がギャンブルの人も落とされます。まず返すあてがありませんので、絶対にうまくいかないでしょう。

審査に落ちるのは当然といえます。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*