申し込むだけで履歴に残る??本審査って一体なんだ?

本審査と仮申し込みがあります

カードローンの申し込みには本審査があります。本審査ということは手前の仮審査もあるのです。いったいどのような審査でしょうか。

・仮審査とは申し込みだけで判断されます

仮審査は、電話やホームページ、無人契約機の申し込みで行います。住所、氏名、生年月日とうの基本的な情報を伝えて仮審査に進みます。

これはあくまでデータベースにブラック情報がないかの確認です。

実際の審査というよりも信用情報をチェックして、貸付に足る人物かどうか判定するのです。
仮審査が通りますとメールで連絡が来ますので、本審査に進みます。

・本審査は何をする?

本審査になりますと、今度は属性を細かくチェックします。

勤務先、在籍確認、所得証明の確認、賃貸か持ち家かどうかなどの細かい属性をチェックします。
本審査で落ちることは当然あります。

仮審査とはまったく違う内容の審査になりますので、当然ダメなこともあるのです。
ですが仮審査が信用情報のチェックなので、そこを通ればだいぶ本審査には進みやすいです。

・ホームページの簡易審査も使ってみよう

多くのカードローン会社ではホームページに仮審査の項目がついています。
数項目の内容を入力するだけで、あとは簡単にボタンひとつで簡易な審査が行えます。

簡単な審査ですのでぜひやって見ましょう。申し込みの前に、今の自分が審査に通るのか、数秒でわかります。

またこの機能の便利なところは、審査を申し込んだ履歴が残らないと言うことです。
通常の審査は履歴がのこりますので、万が一審査に落ちてしまった場合、それも記録に懲ります。

そしてどこかの会社で落とされると、次の申し込みをしたときにその落ちた履歴が響いて余計に通りにくくなるのです。また複数の会社に申し込んでいるとそれも履歴に残ります。

同時にたくさんのカードを申し込んでいるとそれはそれで不利益が残ります。
ですが簡易審査ですとその履歴が一切残りませんので、非常に便利です。

気軽に試してみましょう。

簡易審査は数項目だけのところもあれば、本格的に情報をいろいろ入力する必要のある会社もあります。名前や住所などの情報は必要ありませんので、匿名で気軽に申し込みましょう。

・本審査もしっかり履歴に残ります

意外と知られていませんが、審査を申請したことは信用情報に残ります。
ですので後々まで響きますので注意してください。

ぜひとも審査は一度で通るように、できるだけ準備をして登録に望んでください。
また書類に虚偽等がないように気をつけましょう。

ホームページの簡易申込、仮審査、本審査とステップがあってはじめて貸付の許可がおります。
各ステップでどのようなポイントになっているかしっかり事前準備しておいてください。

信用情報だけでなく属性を意識して、確実に審査に通るように準備が必要です。カード会社の立場に立ってみると、どのような人に対して信用して貸してくれるのか、わかるようになります。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*