知ってた?!実はカードローンの在籍確認は避けて通れる!その方法とは?

カードローンを利用したいけれど、審査の際に会社に在籍確認の電話を掛けられるのがとても気になる!不安!という方もいることでしょう。

会社の人には借入をしていることを知られたくはないものですね。そこで安心してカードローンを利用するために、在籍確認を回避する方法について調べていきましょう。

在籍確認なしのカードローンの利用手順

カードローンを利用する際に、絶対に避けて通れないと思われている在籍確認ですが、実は勤務先の給与明細、社会保険証などの証拠品を提出することで電話での在籍確認を免除してもらえることもあるのです。

まずは在籍確認なしのカードローンの利用の手順を考えていきます。

手順1;希望のカードローン会社で審査を申し込む。
手順2;カードローン会社からの折り返しの電話を受ける。
手順3;この際に在籍確認の電話の免除を申し込む。

どうやって在籍確認を回避できるの?

上記でも少し触れましたが、勤務先の給与明細、社会保険証など会社に勤務していなければもらえない証拠があることを、手順3の折り返し電話の際に伝えることができます。

この行為が認められると会社への在籍確認の電話を免除してもらえることもあるのです。

どこのカードローン会社でも上記の回避法が通用するわけではありませんが、大手の消費者金融であるアコムプロミスなどでは実際に在籍確認を回避できた人もいますので、ぜひ試してみて下さいね。※
※ご要望に沿えない場合もあります。

どうして給与明細、社会保険証で在籍確認の代わりになるの?

給与明細や社会保険証などは、会社へ勤めている方であればいつも手元にあるものであるといえるのではないでしょうか?

そのような身近なものが在籍確認の代わりにどうしてなるの?と思う方もいることでしょう。当然ですがこれには正当な理由が背後にあります。

そもそも会社に勤めていない人には 給与明細や社会保険証は支給されません。つまり会社につとめているからこそ、給与明細や社会保険証がもらえるわけです。

しかもこれらの書類には勤務先の会社名、住所、電話番号などが記載されています。いわゆる会社に勤めていることの証拠ともなるのです。

よく考えれば給与明細や社会保険証が、在籍確認の代わりになるのも納得できるのではないでしょうか?

特に給与明細は収入を証明するためにも必要となってくるものです。安定的に収入を証明するとともに、在籍確認の代わりとなりうるのです。

カードローン会社によって基準が違う

給与明細や社会保険証が在籍確認の代わりになってくれることがあるということは、理解していただけたと思います。

しかし残念ながらすべてのカードローン会社に、これが通用するというわけではありません。

カードローン会社によって基準が違うからです。

まずは希望する借入先を探すとともに、在籍確認に対してどのような対応をとっているか?ということも確認しておきましょう。

またどこのカードローン会社が給与明細や社会保険証を在籍確認の代わりとして見てくれるのか?ということも知るようにしましょう。

絶対に在籍確認をされたくないのであれば、あらかじめ書類の提出で在籍確認を免除してくれるカードローン会社で申し込みを行いましょう。

最近では在籍確認は慎重に行われます。そのためにカードローン会社からの電話であった!ということを同僚に気付かれることはあまりないでしょう。

ただ安心して借入をしたいというのであれば、上記の方法で会社や勤務先への電話なしにカードローンの審査を進めていくことができます。

もしもの時のために知っておきたい代替方法です。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*