どんなことが聞かれるの?カードローンの在籍確認

カードローンの在籍確認が行われるときには、ドキドキして仕事が手につかない!ということもあるかもしれません。

同僚に借入をしていることがばれてしまうのではないか?と心配になる方もいることでしょう。

あらかじめ在籍確認はどのようなことを聞かれるのか?がわかっていると、少し安心できるかもしれません。では実際に在籍確認で聞かれることをまとめてみましょう。

何と名乗って会社へ電話するの?

金融機関の在籍確認担当者が何と名乗って会社に電話をかけてくるのか?ということも不安の種ですね。

一般的に消費者金融の場合は担当者が個人名を使うことが多いです。

カードローンの会社名を名乗ってしまうと、すぐにカードローンを利用していることがばれてしまうので、社名を名乗ることはありません。銀行の場合は銀行名を名乗ります。

ただし銀行の場合は、銀行=カードローンとはならないために問題とはならないことでしょう。

ただ気になるようでしたら、事前に希望を出せば消費者金融同様に個人名で名乗ってもらうこともできます。

ただし金融機関側も偽名やウソの社名は使えません。

法律違反になります。そのためにうその名前で在籍確認をお願いするということはできません。そのことを覚えておきましょう。

最近は利用者への配慮がとてもあるために、同僚にばれないように最善を尽くしてくれるカードローン会社がたくさんあります。

在籍確認はどのようなことを聞くの?

ケース①本人が電話に出た

本人が電話先に出られるのではあれば、在籍確認の担当者が“○○(フルネーム)さんでしょうか?”と尋ねるだけで終了というカードローン会社もあります。

または住所、生年月日など基本的な情報を聞かれることもあります。ただいずれの場合も、とても簡単な情報の確認だけです。

ケース②本人が電話に出れない
本人が電話には出られないこともあるでしょう。その時は電話対応した同僚の答え方で詳細を尋ねられることもあります。

たとえば“今はいない”という答えの場合は、“何時ごろにお戻りになりますか?”と、どのような理由で今いないのかを尋ねられます。

これは休職中ではないか?ということを確かめるためです。

どのような理由で今電話に出られないのか?ということを理解できれば、在籍確認の担当者がさらに電話をすることはありません。会社にいる=在籍の確認ができたら、在籍確認は終わります。

同僚には取引先の方からの電話という風にしか見られてないことでしょう。

いずれのケースにしても、在籍確認はあくまでその会社にいることを確認することにあります。在籍が確認できればそれ以上のことを詮索されることはありません。

在籍確認で同僚にばれてしまうケース

ケース①電話を取った人がカードローンを利用したことがある
外部からあまり電話がない職場で、同僚がカードローンを利用したことがある人であればなんとなく気づいてしまうこともあります。

ケース②会話の内容
個人名から電話で生年月日や住所などを話していると、カードローンの経験のある人であれば在籍確認であると感づかれてしまうこともあります。

ケース③電話をかけ直した
多くの会社では着信履歴がわかるようになっています。

電話に取れなかったので、同僚が着信番号にかけ直したらカードローンの会社の名前だった!ということで、在籍確認であることがわかってしまうこともあります。

ばれるのが嫌なら先に言うのも手?!

同僚に感づかれてしまうよりも初めから自分で言った方がいい場合もあります。

同僚に“在籍確認の電話がある”ということを伝えておくのであれば、後でばれてしまうよりは気まずくはないかもしれません。先に同僚に言っておくのも一つの手です。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*