資金使途別に見るローンの種類

みずほ銀行カードローンには自分の収入がない専業主婦でも申し込むことができます!

みずほ銀行カードローンは、専業主婦にもおすすめのカードローンだといえるでしょう。消費者金融系カードローンに申込もうとして断られた専業主婦の人は、みずほ銀行カードローンへの申し込みを検討してみてください。今回は専業主婦がみずほ銀行カードローンを利用するための手続きなどについて、さらに詳しく確認してみたいと思います。

みずほ銀行カードローンには自分の収入がない専業主婦でも申し込むことができます!

消費者金融が提供するカードローンには、貸金業者を規制する総量規制が適用されます。自分自身の収入がない専業主婦は借り入れ限度額が0円になるため、消費者金融系カードローンを利用することはできません。一方のみずほ銀行カードローンは銀行が提供するカードローンですから、貸金業者を規制する総量規制は適用されません。みずほ銀行カードローンであれば、専業主婦でも申し込むことができるのです。

審査はどのように行われるのでしょうか?

自分自身の収入のない専業主婦の場合には、配偶者の収入に基づいて借り入れを申し込むことになります。この場合には審査では配偶者に安定した収入があるかどうかを確認することになりますので、申し込みの際には配偶者による同意書を提出することが必要になります。

またパートやアルバイトなどによる自分自身の収入がある主婦の場合には、自分自身の収入に基づいて借り入れを申し込むことができます。主婦が自分自身の収入に基づいて借り入れを申し込む場合には、一般の人が借り入れを申し込む場合と同様に審査が行われますので、配偶者による同意書などを準備する必要はありません。

銀行系カードローンには総量規制は適用されません!

総量規制は貸金業者を規制する貸金業法という法律による規則であり、借り入れが可能な限度額を最大で年収の3分の1までに制限しています。自分自身の収入のない専業主婦の場合には借入限度額は0円になりますので、総量規制が適用される消費者金融系キャッシングでは専業主婦は借り入れを利用することができません

みずほ銀行カードローンは銀行が提供するカードローンであるため、総量規制の適用対象外になります。年収の3分の1を超える金額の借り入れが認められる可能性もありますし、さらに専業主婦の申し込みも可能になるのです。

専業主婦の場合には借入限度額は最大で30万円までになります!

みずほ銀行カードローンには総量規制は適用されませんので、専業主婦でも借り入れを申し込むことができます。ただし専業主婦の場合には配偶者の収入に基づいて審査を受けることになりますので、専業主婦の借入限度額は最大で30万円までに限られることになります。一般の人にとっては30万円というのは物足りない金額かもしれませんが、自分自身の収入がない専業主婦にとっては十分だといえるのではないでしょうか。

ちなみにパートやアルバイトなどにより自分の収入を得ている主婦の場合には、30万円以上の借入限度額が認められる可能性があります。ただし借入限度額はあくまでも本人の返済能力に基づいて決定されますので、大きな借入限度額が認められるためには、やはりそれなりの収入が必要になるようです。

専業主婦がみずほ銀行カードローンに申し込むためには?

次は専業主婦がみずほ銀行カードローンに申し込むための具体的な方法について確認してみましょう。

みずほ銀行の普通預金口座を開設している人の場合には?

みずほ銀行カードローンでは、普通預金口座を開設しているかどうかにより申し込み方法が異なります。みずほ銀行の普通預金口座を開設している人の場合には、インターネット・電話・銀行窓口・郵送などの方法で申し込むことができますし、審査に通過した後に送付された契約書に記入をして返送をすれば借り入れの利用が可能になります。特にインターネットからであれば24時間365日いつでも手軽に申し込むことができますので、おすすめの申し込み方法だといえるでしょう。

みずほ銀行の普通預金口座を開設していない人の場合には?

みずほ銀行カードローンを利用するためには、みずほ銀行の普通預金口座を開設することが必要になります。普通預金口座開設の申し込み手続きもインターネット・電話・郵送などで行うことができるのですが、できるだけ早く普通預金口座を開設したい人には銀行窓口に直接足を運んで手続きを行う方法がおすすめです。

手軽で便利なWeb完結の利用がおすすめです!

すでにみずほ銀行の普通預金口座を開設している人の場合には、手軽で便利なweb完結の利用を検討してみてください。希望する借入限度額が200万円以下であれば書類の提出なしで申し込むことができますので、書類を準備するための面倒な手間などを省略することができます。

来店不要で手続きができますので申し込んでいるところを誰かに見られてしまう心配はありませんし、さらに24時間いつでも申し込むことができますので、仕事などが忙しい人もちょっとした空き時間などに気軽に申し込むことができます。ただしみずほダイレクトによるweb借入には0時から15時までの利用制限がありますので、くれぐれも注意をしてください。

主婦がみずほ銀行カードローンを家族などには内緒で利用するためには?

主婦がみずほ銀行カードローンを利用する場合には、家族などに内緒で利用したいと考えることが多いかもしれません。みずほ銀行カードローンは2種類のプランがありますが、周囲の人たちに知られずに利用するためには、様々なポイントに注意が必要になります。

みずほ銀行カードローンの2種類のプラン詳細についてはコチラ

家族に内緒でみずほ銀行カードローンを利用するためには?

家族に内緒でみずほ銀行カードローンを利用したい人は、まずは通帳の管理を厳重に行うようにしてください。みずほ銀行カードローンでは借入や返済などの記録が通帳に記帳されますので、家族に通帳を見られてしまうとカードローンを利用していることがバレてしまうかもしれません。

さらに申し込みの際には、自宅の電話ではなく携帯電話を連絡先に指定するようにしましょう。みずほ銀行カードローンの審査では電話による申し込み内容の確認が行われる場合がありますので、自分専用の携帯電話を連絡先に指定すれば安心だといえるでしょう。

近所の人に内緒でみずほ銀行カードローンを利用するためには?

みずほ銀行カードローンには店頭窓口で申し込むことができるのですが、その場合には近所の人などに申し込んでいるところを見られてしまう可能性がありますので、近所の人に内緒でみずほ銀行カードローンを利用したいという人にはインターネットから申し込む方法をおすすめします。

インターネットからの申し込みは365日24時間いつでも利用することができますし、さらに店頭窓口に足を運ことなく利用することができます。低金利で大きな金額を借り入れることができるみずほ銀行カードローンであれば、特に長期で利用する場合には金利の負担を大きく軽減することができます。お金が必要な主婦の人なども、積極的な申し込みを検討してみてください。

専業主婦のみずほ銀行借入れ体験談

キャッシング利用者の詳細

名前(仮名) 年齢
借入花子 40歳
性別 職業
専業主婦
月収 審査通過先
0(当時) みずほ銀行カードローン

みずほ銀行で借り入れしたきっかけとは

私は以前専業主婦だったのですが、夫は正社員ではなく給料はさほど多くなかったのですが、真面目に働いてくれているので感謝していましたし、何も不満に思う事はありませんでした。ですが、子どもが小学校に入学すると、ママ友達からランチに行こうと言われる事が増えたのです。

テレビドラマのようなママ友いじめなどがあるわけでもないですし、皆さんとはとても仲良くして頂いていたのですが、だからこそむげに断る事ができず、週一回程度参加するようになっていきました。それ以外にも子どもの誕生会やママ友の誕生会などが開かれて、その都度プレゼントを用意せねばならず、出費はかなりのもおになっていきました。

いつもギリギリの生活を送っていた中、ある月に誕生会が立て続きにあり、とうとう赤字になってしまったのです。月末に家賃やカード、光熱費を払わねばならないのに、残高が不足しそうになりました。それを夫に相談しても、夫もお金がないのは分かっていたので、必死で働いてくれている夫にお金が足りないという事を言うのはとてもできなかったので、言いませんでした。年末になると少しながらもボーナスが出ますし、もしお金を借入れたとしてもすぐに返せると思ったので、カードローンを借りる事にしました。

銀行カードローンから借入れる事に

ですが、申し込もうと思ってから調べてみると、専業主婦は借入れが厳しいという事を知ったのです。最初にコマーシャルでもよく見る消費者金融に申し込みをしようと思ったのですが、その消費者金融は専業主婦に貸し出しをしていないという事が分かったので、申し込みさえ出来ませんでした。その理由というのは総量規制というしばりがあり、専業主婦には貸し付けが出来なくなってしまったからです。

総量規制というのは年収の3分の1を超える貸し出しをしてはいけないという決まりのことで、専業主婦は収入がないので、無所得者です。なので、申し込むためには夫などの保証人が必要であると言われてしまったのです。
私は夫に内緒でカードローンを申し込みたかったので、保証人になって欲しいなどと言えるはずもありません。なので、消費者金融からの借入れは諦める事にしました。

消費者金融から借入れ出来なかったら銀行のカードローンから借入れ出来るはずがないと思っていて諦めていたのですが、調べてみると銀行のカードローンなら専業主婦でも借入れが可能という事が分かりました。その理由というのは、銀行のカードローンというのは貸金業法ではなく、銀行法に基づいて融資されるので、総量規制の対象にはならないからです。それをネットで見て、私はすぐに銀行のカードローンへ申し込みしました。

私が申込んだのは大手でもあるみずほ銀行のカードローンでした。そこを選んだ理由はその銀行口座を持っていたので、銀行のキャッシュカードをカードローン用のカードとして使用できると書いてあったからです。いつも行っている銀行でカードローンの申し込みをするのは気まずいのでどうしようかと思っているど、ネットで申し込みが出来ると知り、審査から融資まで全てをネットで行いました。専業主婦だった私であっても、保証人不要で20万円程借り入れができ、月末の色々な支払いを無事終える事が出来ました。

キャッシュカードをそのままカードローンの借入れに使用したので、余計なカードを作る事もなく、また夫にばれる事なく借入れすることができ、直後のボーナスで一括返済をして無事完済しました。専業主婦が借入れするなら銀行カードローンをこれが専業主婦だった頃の私がカードローンを契約して審査してもらった体験談なのですが、もし専業主婦の人でカードローンからの借入れが出来るかどうかを悩んでいる人がいたら、消費者金融のカードローンではなく、銀行のカードローンから借入してみて下さい。

可能ならばメインバンクのカードローンを利用する事をオススメしたいですね。この二つの事に注意すればだれかに保証人になってもらう必要もありませんし、誰にもばれずにカードローンの借入れが出来るでしょう。
それに、銀行のカードローンなら審査時間も非常に早いですのでとてもおすすめです。

0

クレジットカードの現金化はやめましょう

クレジットカードの現金化

クレジットカードには現金化という方法があります。
ほとんどのカード会社で禁止されている事項ですが、枠を現金化できます。

・新幹線の回数券などを購入

クレジットカードはキャッシングの枠がついていることが多いですが、キャッシングを限界まで借りてしまってそれ以上借りられない場合、ショッピング枠を使って買い物し、買ったものをそのまま換金することで現金を手に入れる方法があります。

それがクレジットカード現金化です。
続きを読む

0

学生ローンは使い方によっては怖いです

学生を対象としたローンです

学生ローンは身分が学生の人に対して融資してくれるローンです。
未成年には貸してくれない場合と18歳以上ならば融資してくれる場合とあります。
それはローン会社によります。

多くの金融機関が学生ローンを販売していて、身分証明書である学生証があれば貸付してもらえるケースがほとんどです。
続きを読む

0

教育ローンは未来への投資です

教育ローンについて

子供の教育にはお金がかかるものです。
育ち盛りになるにつれて出費もかさみ、学費が足りないときがあります。

そんなとき強い味方となってくれるのが教育ローンです。
続きを読む

0

フラット35の審査とキャッシングの利用歴の関係

フラット35と審査の仕組み

フラット35は、長期ローンを前提として民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携して行っている長期の住宅ローンです。

固定金利であり、将来にわたって同じ金額で金利を支払っていけばいいのです。
フラット35で長期ローンを組む方は多く、非常に利用されています。
ではそのフラット35の審査はどうなっているのでしょうか?
続きを読む

0

住宅ローン審査とキャッシングの利用歴の関係

住宅ローン審査の仕組み

社会に出て数年たち、結婚したりすると目標になるのが新居を購入することです。

そのために頭金を貯めたり同居して貯金に励んだりと、日本中の家族が協力してマイホームの獲得のためにがんばっています。
ではその住宅ローンの審査の仕組みとはどうなっているのでしょうか?
続きを読む

0

最近良く見る残価設定ローンは果たしてお得か?

残価設定ローンとは何か

残価設定ローンとは、車に使われるローンの種類です。

例えば車と言うのは永久には使われず、数年で乗り換えたり廃車にしたりするのが前提の商品ですよね。

そこで、3年なら3年、5年なら5年で残価設定し、数年後に下取りすることを決めておいて、新車価格からその下取り価格を引いた額をローンとして組む、と言うものです。
続きを読む

0

家を建てるにあたってつなぎ融資を知っておこう!

つなぎ融資とは

つなぎ融資とは主に住宅ローンに関連する用語です。
実際の住宅ローンが始まる前に、着手金などが必要になることがあります。

特に注文住宅を建てる際には着手金が必要となります。
住宅ローンは家を建てると決まってからのものですので、着手前にはお金は手に入りません。

そこでつなぎ融資といって、一定の金額で同じ住宅ローンを受けることを前提として融資をしてくれる場合があります。それがつなぎ融資です。
続きを読む

0

高額になりがちな自転車は、ローンで買うとお得です。

自転車ブームを受けて、自転車をローンで買えるようになってきました

健康志向の高まりを受けて、自転車が流行しています。

中には通勤通学に自転車を利用する人も増えており、忙しい日常生活の中で少しでも運動しようと言う意識の高まりの結果です。
健康志向エコ意識の高まりで、都心部でも自転車で移動する人が増えています。

ですが自転車は、良いものになると100万円を超えるほど高価なものが多く、高額の支払が必要となります。
そのため、自転車をローンで購入する動きが見られます。
続きを読む

0

お得で便利なディーラーローンを組もう

ディーラーローンで購入しよう

車を購入するとき、銀行のカーローンを借りるほかに、ディーラー独自のローンを借りることが可能になります。それがディーラーローンです。
すべてのディーラーにディーラーローンが用意されており、車を購入するときに利用することができます。
続きを読む

0

新車を購入するときに!新車購入ローン

新車購入ローン

自動車を購入したいのだけれど、諸経費もかかるし車両を一括で購入するのは難しい・・・そんな時に新車購入ローンがあります。

ディーラーがローンを組んでくれるケースもあるのですが、最近では銀行や信用組合、信販会社がオートローンを組んでくれるところもあります。

続きを読む

0

マリンスポーツでキャッシングする前に!実は専用のローンがあるんです

マリンスポーツでも借りられるローン

海でアクティビティを楽しみたい場合、ローンがあるといいなと思いますよね。
でもあまりマリンスポーツ用のローンは聞きませんね。
でも実は、探せばマリンスポーツのローンはあるのです。
今回は貴重なマリンスポーツについてのローンをご紹介し
てみます。

続きを読む

0

自動車を担保にしてお金が借りられます

自動車担保ローンとは何か?

自動車を所持している人は、自動車を担保にしてローンを組むことができます。
それが自動車担保ローンです。
自動車を担保にして査定を行って、その金額を融資してくれるパターンと、担保の自動車を買い取ってその分のお金を融資し、自動車そのものはリース料として支払うと言うパターンです。

車はどちらにせよ手元に残りますので、仕事や買い物で車がどうしても必要という方にはおすすめのローンとなっております。
続きを読む

0

実はこんなにお得!カーライフローン

カーライフローンは、主に信用金庫で取り扱われているローンです。

新車・中古車・オートバイなどの本体購入に加えて、パーツやオプションの購入、さらには車検費用や自動車保険料に至るまで、自動車バイクにまつわるお金を何でもローンで借りることが可能になります。
特に車検費用自動車保険料の支払ができるのが嬉しいですね。
続きを読む

0

信金カードローンを使ってみよう

信用金庫カードローンは通常のカードローンと同じです

信用金庫も金融機関ですからカードローンを出しています。

信用金庫カードローンは通常の銀行系カードローンと同様で、使い勝手としては変わりません。ただし信用金庫は地元に密着した企業ですので、地元に住んでいることか通勤していることが前提となります。

カードローンの限度額は平均して300万円程度で枠の大きなカードローンです。
カードローンですので保証人や担保も不要で、気軽に借り入れることができます。
続きを読む

0