フラット35の審査とキャッシングの利用歴の関係

フラット35と審査の仕組み

フラット35は、長期ローンを前提として民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携して行っている長期の住宅ローンです。

固定金利であり、将来にわたって同じ金額で金利を支払っていけばいいのです。
フラット35で長期ローンを組む方は多く、非常に利用されています。
ではそのフラット35の審査はどうなっているのでしょうか?

またキャッシングをしていて利用歴があると問題になるのでしょうか?
詳しく見て行きます。

・融資を行う会社が違います

フラット35は住宅金融支援機構が販売しています。そして通常の住宅ローンは銀行が貸し付けしてくれます。融資を行ってくれる会社が違いますので注意してください。

ですが利用に関してはどちらでも同じような使い勝手で利用することができます。住宅金融支援機構は国が設置した独立行政法人です。

・他社からの借入情報をチェックしています

住宅ローンは個人で抱える最も大きなローンです。そのため他社に支払があると返済が苦しくなり住宅ローン破綻を起こします。

ですので住宅ローンは審査の際に、消費者金融、カードローンからの借入をチェックしています。現在借入があったり事故歴があったりすると不利に働きます。

またカードローンの枠が大きいのも問題です。
カードローンのキャシングの枠はそのまま利用限度額であり、一杯まで借りると今度は住宅ローンの返済が厳しくなります。

そのため契約の際はこのローンの枠も見られます。不要なカードローンは解約しておくことが大切です。
またクレジットカードのローン残高やリボ払いの残高もチェックされます。

住宅ローンは毎月大きな金額を返すため、他に借入がある場合は生活が厳しくなることが予想されるからです。
ですのでリボやキャッシングは完済しておきましょう。

・勤続年数や年収を見られます

続いて、勤続年数と年収をチェックされます。転職歴がある人は定着性がないと判断されて不利に働きます。また年収は当然ですが高いほうが良いです。ですが年収が高いよりも重視されるのが安定性です。公務員が一番好まれ、大企業の正社員がこれに続きます。

非正規フリーランスの人はなかなか審査に通らないといっていいでしょう。
転職直後や勤務1年未満の場合は住宅ローンを申し込むのを避けたほうがいいでしょう。

フラット35はその名の通り35年に渡っての返済を求められますから、信用が高くて職場が安定している人が強いです。

自分が35年後も高い年収を誇っていられるか、仕事があるか、定年していないか、ちゃんと働けているか、その他の支出に対応できるかなどを考えて申し込みましょう。

当然ですが機構側もそれらの要素であなたをチェックしています。
真面目に職場に勤めて転職もせず、定年まで勤め上げるのは至難のわざですが、住宅ローンを組むにはそれぐらいの安定性が必要となります。

35年で組みますので、65歳定年としても30歳前後での購入が望ましいでしょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>