学生ローンは使い方によっては怖いです

学生を対象としたローンです

学生ローンは身分が学生の人に対して融資してくれるローンです。
未成年には貸してくれない場合と18歳以上ならば融資してくれる場合とあります。
それはローン会社によります。

多くの金融機関が学生ローンを販売していて、身分証明書である学生証があれば貸付してもらえるケースがほとんどです。

ですが中にはアルバイトをして収入がなければ貸してもらえない場合もあります。

貸金業法の改正で、消費者金融
につきましては無職の人、専業主婦や学生に対しては収入がないと貸付できなくなりましたので、学生ローンができなくなりました。
アルバイトなら貸してもらえます。

ですので銀行系カードローンの学生ローンなら借りることができます。
返済がありますので無収入だと厳しいですので、できるだけアルバイトをしておくのがいいでしょう。

・実は社会人も借りられます

学生ローンは身分が学生の場合に限りますが、卒業後も引き続き借りることができるのです。
多くの学生ローンで卒業後も融資してくれていますので、チェックしてみてください。

そのままの信用情報を引き継げますので、学生時代に作った枠がそのまま使えます。

・限度額は50万程度が一般的です

学生ローンですのであまり多額の借入はできなくなっています。
おおむね50万程度のところが多いようです。
少ないですが学生の身の上で50万円を返そうと思ったら大変ですので、計画的に利用してください。

・金利は一般と変わりません

金利は通常のカードローンと変わりません。銀行系カードローンで12%前後になると思います。返済を事故起こしますとあとあと借入ができなくなります。

・学生時代の延滞は将来の計画に影響します

学生時代は何かと金欠なものですが、安易に延滞しないようにしましょう。
延滞して事故を起こすとブラックリストに登録され、今後の借入ができなくなります。

また携帯電話等を分割で購入することもできなくなりますし、クレジットカードももてなくなります。
自動車をローンで購入することもできなくなりますし、社会に出て結婚して家を買おうと思っても住宅ローンの審査に通りません
学生時代の安易な少額の延滞が、その後の人生に大きな影響を与えるのです。

ですので返済は必ず期日までに、利息をつけて確実に返すようにしてください。
学生時代の少しの借入と返済の失敗が、将来にわたって影響を及ぼします。
とくに社会人になってからクレジットカードが作れないと、定期券の購入者出張費の清算などに大きな影響を及ぼします。
また車のローンが組めず住宅も買えないとあっては人生計画に障害をきたします。

このように学生ローンは容易に借入できますが非常に怖いものなのです。

信用を大切にし、借金は期日までに返すべきものであるとしっかり自覚して、確実に返済してください。
信用の大切さを学ぶのにもっとも適した学生ローンですので、安易に手を出さないほうがいいでしょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>