住宅ローン審査とキャッシングの利用歴の関係

住宅ローン審査の仕組み

社会に出て数年たち、結婚したりすると目標になるのが新居を購入することです。

そのために頭金を貯めたり同居して貯金に励んだりと、日本中の家族が協力してマイホームの獲得のためにがんばっています。
ではその住宅ローンの審査の仕組みとはどうなっているのでしょうか?

・住宅ローンを申し込むと、審査部から個人信用情報センターに問い合わせが行きます

住宅ローンを銀行で申し込むと、審査にはいります。
審査に一番大切なのは信用ですので、その信用を信用情報センターに問い合わせます。

そしてクレジットの履歴、限度額等をチェックされます。
また不渡りとなった情報なども詳細がわかります。
破産手続きなどをしている場合は官報の情報、そして延滞等もわかります。

CICとも連携していますので返済事故はわかります。

・キャッシングの枠を持っていると不利か

キャッシングはちゃんと返しているなら問題ありません。
事故があると問題外ですが、延滞等をしておらずただ単にキャッシングを使ってきちんと返済しているならそれで問題はありません。

事故になっていなければ信用には問題ないと判断されるからです。
ただし問題はです。
あまりにカードをたくさん持っていてキャッシングの枠が合計すると大きい場合、住宅ローンの審査に通らないということはありえます。

たくさんカードを持っていると、大きな金額の住宅ローンが通らないことはありえます。

・カードを解約しておこう

住宅ローンを組む前は、キャッシングができる機能を外しておくか、カードローンのカードを解約しておくことをおススメします。

住宅ローンはクレジットカードと同様、申し込んで落ちると落ちたことも履歴に残りますので、それで余計に次の審査に通らなくなります。
ですので住宅ローンを組む前に、自分の使っているカードを整理し、不要なカードはどんどん解約しましょう。

住宅ローンの審査には書類をたくさん集める必要がありますし、またいったん審査におちると非常に手戻りで経費も発生しますので、万全を期しておいたほうがいいでしょう。

・事故があれば5年は審査に通らない

信用情報は5年間記録されますので、カードローンで延滞事故を起こしている場合は5年間は住宅ローンに通らないと思っていいでしょう。

また一度否認されるとそれも記録されますので、他行で申し込んだ場合、前回否認されているというのは非常にマイナスに働きます。くれぐれも事故を起こさないようにしましょう。

勤続年数は2年以上が必要で、長期勤務と会社の安定性が求められます。

非正規やアルバイトでも住宅ローンが通るケースもありますが、金利が高く、支払が大変です。
有利な条件で家を買いたければ、安定した会社で長期勤めるのが大切です。

また事故は将来にわたって影響しますので、延滞事故を起こしたりローンの支払から逃げたりしないようにしましょう。自分自身の信用に関わって家を買うときに困るハメになるのです。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*