携帯キャリア決済の現金化ができますが、やめたほうがいいでしょう

携帯キャリア決済の現金化

携帯キャリアを使ったキャリア決済の現金化で現金を調達することもできます。
基本的な仕組みはクレジットカード現金化と同じで、携帯で決済できる商品を購入してそれを買い取ってもらうと言うケースです。

ただし携帯キャリア決済では新幹線の回数券などは購入できないケースが多いですのでもっと価値の低い商品を購入することになります。

携帯電話も契約年数が長ければ、20万円ほど決済に使えるケースもありますので、まるで携帯電話がクレジットカードのような役目を果たすのです。

ショッピングに使った携帯キャリア決済は、翌月の携帯電話の支払いで同時に支払います。つまり支払までに時間がありますので、その間にお金を調達するなり、時間稼ぎができるのです。

・業者は悪徳なところが多いです

素直にキャッシングやカードローンで借りればいいものの、携帯電話のキャリア決済を利用して現金化する人は相当追い詰められているパターンが多いです。

ですので業者側もそれにつけこんで悪辣な会社が多く、警戒してください。

そもそも携帯電話で購入しなければならないほど金銭的に困っていたら、現金は諦めて通常の日用品を購入して使うなりの工夫をするべきです。
現金化はすべきではありません。

・おかしな商品を買わされる

たとえば100円程度のネックレスを携帯キャリア決済で5万円で購入し、それを買い取ってもらいます。その場合4万円ほどが手にはりいます。
そして支払は5万円ですから、法外な利息になります。
ですがこれは出資法上の貸付ではありませんので法律的にはセーフになるのです。

年利にしたら300%になります。大損しているのです。
法律上の問題点はないものの、社会問題と化してきており、キャリアはなんからの制限をかけるようになるはずです。

・目の前の現金欲しさに借りてしまう

この携帯キャリア現金化を行う人は、切羽詰って目の前の現金を必要とするために高金利の携帯キャリア決済現金化に手を出してしまうケースが多いようです。

ですが年利を見てもらってもわかりますとおり、300%は異常ですし、そもそも価値のない商品を高い値段で買わせようとする時点でまともな会社ではありませんので、かかわりを持つべきではありません。

・接触を避けよう

このような業者は、何らかの形で漏洩したメールアドレスに、現金化をちらつかせてメールを打ってくるケースが多いのです。

くれぐれも返信しないようにしましょう。またおかしな業者に関わらないために、日頃からメールアドレスは大切にして個人情報を漏洩させないように注意を払いましょう。

・返済に困ったら

携帯の返済ができなくなったら、ブラックリスト入りです。車のローンや住宅ローンに通らなくなるケースもあります。安易な携帯料金の延滞で将来の計画がむちゃくちゃになってしまうこともあります。

ですのでくれぐれも携帯電話で使いすぎないようにしましょう。携帯キャリア決済現金化は違法ではありませんがお勧めしません

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*