教育ローンは未来への投資です

教育ローンについて

子供の教育にはお金がかかるものです。
育ち盛りになるにつれて出費もかさみ、学費が足りないときがあります。

そんなとき強い味方となってくれるのが教育ローンです。

目的がはっきりしていて、学費・制服代・教科書代・定期代などに充当できます。

審査には入学許可証学費のわかるものなどを添付して申請します。
教育ローンは返済率が非常に高いため、金利も安くおさえられています。

だいたい2%前後で借入可能です。
また銀行だけでなく共済組合や企業内の教育ローンなども充実しています。

・奨学金との違い

教育ローンと奨学金の違いは、教育ローンは保護者が支払うべきもので、奨学金は学生本人が抱えるローンであると言う点です。
払うべき人が違いますので、親が払うのが教育ローン、子供が払うのが奨学金という考え方で間違いありません。

・どこの銀行でも大抵やっています

教育ローンはどこの銀行でも大抵やっています。審査は通常のローンと同様で、勤務先や支払の事故歴などをチェックされます。

仕事の安定性、勤務先の知名度と規模、勤続年数、現在の収入などがチェックされます。また持ち家かどうかも審査の対象になります。

・教育ローンは未来への投資です

教育ローンはいわば子供の未来への投資です。

お金が足りなくとも教育ローンを組むことで、お子様に豊かな教育を施してあげることができます。
浪費などのローンとは違って消費するものではなく、投資的な意味合いもあります。
高い教育を受けた子どもは高い収入を得る可能性が高く、また結婚率も上がりますので安心です。

逆に教育ローンを組めずに教育が受けられず、低学歴になった場合、未婚率が上昇し、平均収入よりも下回った収入しか得られず、貧困に陥ります。
今の日本で最も大切だと考えられているのが教育ですから、その教育をしっかりと施すためにも教育ローンは重要なのです。

仮に親が収入が低く低学歴であっても、安定した仕事についていて教育ローンが組めた場合、私立の学校に通って豊かな人間関係を築いたり、学問を学んでより論理的な思考ができるようになったり、サークルや部活を通じてより幅広い人脈を構築したりなど、得られるものは目に見えないだけにわかりづらいですが将来的に大きな資産になります。

教育ローンは投資を将来にわたって回収することができるものなのです。

・企業がやっている教育ローンも調べましょう

所属している企業が大手の場合や共済や組合に加入している場合、会社独自の教育ローンがある場合もあります。

その場合は給料引落しで便利ですし、金利も非常に抑えられていますから、まずは銀行に頼るよりも職場の教育ローンを利用しましょう。

審査もなく、他に会社からの借入があって事故を起こしているなどの場合以外は審査が通るのも魅力です。ただし途中で退社した場合は退職金で返還という規約になりますので、現在の退職金で足りない額を借りたい場合は保証人が必要となります。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>