信金カードローンを使ってみよう

信用金庫カードローンは通常のカードローンと同じです

信用金庫も金融機関ですからカードローンを出しています。

信用金庫カードローンは通常の銀行系カードローンと同様で、使い勝手としては変わりません。ただし信用金庫は地元に密着した企業ですので、地元に住んでいることか通勤していることが前提となります。

カードローンの限度額は平均して300万円程度で枠の大きなカードローンです。
カードローンですので保証人や担保も不要で、気軽に借り入れることができます。

保証会社は信用保証協会がついてくれますので、ブラックリストの人は借入できません。

使い道は自由です

フリーローンですので使い道は自由です。何に使っても構いません。
金利はだいたい14%前後で、銀行のカードローンと大差ないです。
申し込みはネットや店頭、電話などで可能です。
最寄りの信用金庫に問い合わせてみてください。

審査は保証機関に

金融機関ですのでもちろん審査があります。
審査は保証会社が行います。たいてい信用金庫が加入している協会が審査を行います。
信金は融資を行うだけです。

審査は勤め先の安定性、収入などのほかに、返済状況なども見られます。過去の借入で事故を起こしている場合は借入できません。
また収入が不安定であったり勤続年数が短い場合も審査が厳しくなります。

地元の金融機関ですので、企業の情報は詳細までわかりますので、ごまかしがききません。
中小企業であっても信金と取引があったりしますので、そこからも安定性をはかられます。ですが信金は街の中小企業を支援する意味合いが強い金融機関ですので、中小企業の社員にも快く貸してくれることが多いでしょう。

信金だからといって後回しにしないこと

銀行よりも業務も規模も一段落ちますが、だからといって甘く見て返済を怠っているようではブラックリスト入りしてしまいます。
返済は必ず期日までに利息をつけて返しましょう。

自社と取引がある信金なら有利

自分の会社と取引のある信金でしたら審査に有利になります。信用されているからです。
自営業やフリーランスで信金と取引がある場合も、同様に有利になります。
ですのでカードローンを作りたければ、取引のある信金でカードローンが作れないか聞いてみるといいでしょう。
またその他ローンを借りている信金でしたら、追加のカードローンも比較的審査が甘めになります。

事業性資金には使えません

多くの信金カードローンで規約としてあげられているのは、フリーローンだからといって事業性資金としては使えないと言うことです。
つまり会社の運転資金のためにカードローンをつくって借りることはできないのです。
生活資金やショッピングなどの用途でしたらご利用いただけます。

審査に必要なもの

運転免許証健康保険証またはパスポートなどが必要です。
限度額が200万円を超える借入の際は、収入証明が別途必要となります。
このあたりも銀行系カードローンと同じです。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>