新車を購入するときに!新車購入ローン

新車購入ローン

自動車を購入したいのだけれど、諸経費もかかるし車両を一括で購入するのは難しい・・・そんな時に新車購入ローンがあります。

ディーラーがローンを組んでくれるケースもあるのですが、最近では銀行や信用組合、信販会社がオートローンを組んでくれるところもあります。

特徴としては、通常のローンよりもはるかに安い金利で借入できる点です。

また返済期間も余裕を持って設定されており、長期のローンとして利用が可能になります。
無担保、無保証人でいいのですが、保証会社の審査に通る必要があります。

キャッシングなどのブラックリストとの信用情報は共有されておらず、ブラックの人でも借りられる可能性が高いのが魅力です。

車は生活になくてはならないもので、返済率も高いため、また完済するまでは車は正確にはローン会社の所有となりますので、低い金利に抑えられています。

ディーラーのローンと銀行のオートローンどちらを使うべきか

では新車を購入するときに、どちらのオートローンがいいのでしょうか。
もしも信用情報に自信があるのであれば銀行のほうがいいかもしれません。

オートローンの審査について

審査はきっちりと行われます。年収に対する返済の割合もみられますので、あまりに高い車をローンで購入する場合は返済能力が見られます。
また勤続年数が短かったり、転職回数が多かったりすると安定性がないとして審査に通らない可能性もあります。

オートローンは特にディーラーのローンは比較的審査が甘めですが、それでも落ちるときは落ちますので、落ちた場合の対策もしっかりと取っておきましょう。

さらに金利のやすいろうきんの新車購入ローン

審査の厳しさや金利の目安として、ディーラーのローンは審査が優しい割りに金利が高いです。逆に銀行は審査が厳しいですが金利は低めです。

さらにお得なのがろうきんなどのオートローンです。借り換えなどにはオートローンを使うようにしましょう。
また、地元のJAなどに問い合わせれば、JAでもオートローンを借りることが可能になります。

月々の返済額だけでなく、支払総額もしっかりとチェックしましょう

ついつい気になるのは、毎月の支払の金額です。
ですが、金利も含めての支払総額もチェックしておきましょう。
また、支払い期間が短くなるとその分支払総額も減りますので、なるべく繰り上げ返済をすることを考えてみてはいかがでしょうか。

月々の返済額の目安は、毎月の収入の15%未満がいいとされています。
それ以上のローンは生活費に負担をかけますし、審査も通らない可能性がありますので注意してください。
他にローンがない場合は、余裕のある月は繰り上げ返済してきましょう。

繰り上げ返済はローン会社によっては手数料がかかる場合もありますので注意してください。
他に金利の高いローンがある場合はそちらを優先したほうがいいでしょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*