家を建てるにあたってつなぎ融資を知っておこう!

つなぎ融資とは

つなぎ融資とは主に住宅ローンに関連する用語です。
実際の住宅ローンが始まる前に、着手金などが必要になることがあります。

特に注文住宅を建てる際には着手金が必要となります。
住宅ローンは家を建てると決まってからのものですので、着手前にはお金は手に入りません。

そこでつなぎ融資といって、一定の金額で同じ住宅ローンを受けることを前提として融資をしてくれる場合があります。それがつなぎ融資です。

ですので住宅ローンと同じ金融機関で借りることが一般的となります。
つなぎ融資が必要になったら、住宅ローンを検討している金融機関につなぎ融資は可能かどうか聞いて見ましょう。

・家を建てるのに支払は数回

完全後払いの住宅はありません。着手金、建築中の中間金、完成後となります。住宅ローンは完成後でないとおりませんので、この着手金中間金に充当するのがつなぎ融資となります。

・借り換えの際のつなぎ融資

家を買いかえる場合、住宅ローンも組みなおしになるケースがあります。
その時、新しい住宅ローンが適用される間につなぎで融資してもらうつなぎ融資もあります。

これもやはり同じ住宅ローンの金融機関のほうが好ましいでしょう。
借り換えと買換えを行ってつなぎ融資が可能かどうか、金融機関に問い合わせてみましょう。

・つなぎ融資の審査基準は同じです

つなぎ融資は一般的に住宅ローンと同じ金融機関で行うものです。
なぜなら住宅ローンを組んでくれることが前提となる融資だからです。
審査基準、金利等は住宅ローンと同様か、少し高くなります。

・いつ返すの?

つなぎ融資ですから住宅ローンが始まったらそのお金で返します。
ですのでつなぎ融資を受けている間は利息と諸費用を払う形になります。

・できるだけ自己資金で対応しましょう

家を買う場合はできるだけ自己資金を用意しましょう。銀行も自己資金率を見ているものです。

なぜなら自己資金を貯められない経済状況の方がローンを組んでも破綻する確率が高くなるからです。家を買う場合は自己資金と頭金を必ず貯めて、貯金をする習慣をつけてしっかりと結果を出してからにしましょう。

・土地を購入する場合

自宅を建てるにはまず土地を購入しておく必要がありますよね。
そのため土地も住宅ローンで購入するケースが多いと思います。

ですので土地の住宅ローン、つなぎ融資、建物の住宅ローンと、立て続けに3つのローンに加入する必要があります。それなりに諸経費や利息もかかりますので注意してください。

土地を先に購入する必要があり、そのため建物を建てる前に土地のローンを返済スタートする必要があります。どうしても自己資金だけでは心もとなくそんなときはつなぎ融資が便利でしょう。必須の融資となります。

つなぎ融資を利用するかしないかは、その時の状況に応じて判断してください。
のんびりとせずに、計画性を持って工務店や金融機関とのやりとりに望んでください。
スケジュール管理なども重要になってきます。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>