信用情報が不安…どうしても気にしてしまう

複数から借入先があって…借金総額を調べる方法はあります!

借入先を調べよう

複数から借り入れをしていて、自分の借金総額がよくわからないという人はいませんか?
複数借入先があると自分の借金の実態がつかめず、気が付いた時には自分では到底対処できない規模になっていたという話はしばしば聞かれます。もし自分の借金総額がはっきりしないというのであれば、まずは総額をチェックすることが大事です。

借金の総額を調べる方法ですが、まず2通りに分類できます。借入先がわかっている場合と借入先全部がわからない場合です。いろいろなところから借金をしていると、結構全部の借入先がよくわからなくなっている人もいます。

借入先がはっきりしている場合

借入先がわかっているのであれば、請求書や領収書をチェックすれば借金総額は比較的簡単に把握できます。大手の消費者金融を中心として、WEBサービスを行っているところも多いです。こちらを利用すれば、マイページなどで取引履歴をチェックできるはずです。

中小の消費者金融から借り入れしている場合、大手のようなWEBサービスのないところもあるかもしれません。その場合でも紙の請求書や領収書は発行されているはずです。こちらをチェックすれば、その金融会社にある借金の残高が明記されています。
しかし中にはこのような領収書や明細書も手元にないという人もいるでしょう。紛失してしまったという人もいるでしょうし、カードローンの場合明細などが郵送されると家族にバレるかもしれないので、ATMで取引している人もいるはずです。この場合、領収書は発行されないこともあります。

もしこのように手元に借金残高を示すような資料がなければ、借入先に問い合わせをしてみましょう。そうすれば、借金の残高を教えてくれるはずです。貸金業者によってその手続きの方法は若干異なります。ですから相手の指示に従って、手続きを進めましょう。

また取引履歴の開示請求と呼ばれる手続きに従って、履歴をチェックする方法があります。この手続きを進めるためには、取引履歴開示請求書というものが必要になります。取引履歴開示請求書は、各金融業者で用意している場合も多いです。こちらで入手するといいでしょう。

取引履歴開示請求書のほかに、身分証明書が必要です。運転免許証や健康保険証などのコピーを取って提出しましょう。郵送やファックス、さらには金融業者の窓口に直接持ち込むこともできます。この開示請求をするにあたって、手数料のようなお金がかかることもないです。借入先全部の取引履歴書が集まれば、そこに記載されている残高を確認して総額を算出しましょう。

ほとんどのところが開示請求をすれば、取引履歴を開示してくれるはずです。しかし中には一部しか情報公開しないとか、ひどくなってくると何かと理由をつけて開示しない業者もあるようです。

この取引履歴の開示請求ですが、金融機関の義務であると明確に定義されています。もし借り入れをしている本人が上で紹介したような正当な手続きで請求するのであれば、金融業者は開示する必要があり、拒否はできないルールになっています。もし開示請求に応じない業者があれば、日本貸金業協会や管轄している財務局に苦情を申し立てると対応してくれるはずです。

借入先がわからない場合

いろいろなところからお金を借りている、お金が必要でやみくもに借金していたという人の中には、借入先全部がよくわからないという方もいるでしょう。「これじゃ無理だ…」とあきらめている人もいるでしょう。しかし借入先が全く分からない状態でも、借金総額を把握する方法はあります。それは、個人信用情報機関を活用する方法です。

個人信用情報機関では、皆さんの信用情報について管理しています。ちなみにカードローンやクレジットカードに申し込むと審査が行われます。その中で各会社もこの信用情報をチェックして、過去取引で問題を起こしたことがないかチェックする作業を実施しています。

信用情報にはどのようなことが書かれているかですが、借入先の社名と契約日といくら借金したのか、返済方式と予定される返済回数、返済滞納をはじめとした金融事故情報、そしてその時点の借金残高と返済状況も明記されています。信用情報を取り寄せることができれば、借金総額を把握できるわけです。

個人信用情報機関ですが、日本には3つあります。銀行系のKSC、消費者金融系のJICC、クレジットカード会社系のCICの3つです。

ある程度何系のところからお金を借りているかわかっているのであれば、それぞれの系統の信用情報機関に信用情報の開示請求を求めましょう。もしわからない、自信がないのであれば3つの信用情報機関に請求したほうが確実です。

ちなみに信用情報機関への開示請求手続きですが、それぞれに違いがあります。JICCとCICの場合、直接窓口に行って開示請求する方法のほかにも、郵送やインターネットから手続する方法もあります。しかしKSCの場合、郵送手続のみとなります。

開示請求手続きですが信用情報の場合、手数料がかかるのでその点は理解しておきましょう。KSCの場合1000円、CICとJICCの場合窓口に行ったときは500円・それ以外の手続きだと1000円が必要です。インターネットと窓口で開示請求をすれば、その場で情報が公開されます。ただし郵送による手続きを希望するのであれば、1週間から10日程度かかります。

このような方法で借金総額をまずは把握しましょう。返済可能な範囲であれば、引き続き返済しましょう。もし返済できないようであればおまとめローンを使って借金を一本化するとか、それでも無理そうであれば弁護士や司法書士と相談して、債務整理も視野に入れましょう。

0

意外と知らないキャッシング利用時の仕組み!信用情報ってなに?

急な冠婚葬祭などの出費でどうしてもお金が必要、でもキャッシングを利用するのは初めてで分からないことがたくさん。

一回でもキャッシングを利用するとブラックリストに載ってしまうの?
信用情報に傷がついて将来住宅ローンは組めなくなってしまうの?いろんな不安要素がでてくるかもしれません。そもそも、信用情報ってなんでしょうか?キャッシングを利用する前に仕組みをよく理解しておきましょう。

信用情報ってなに?

信用情報とは、カードローンやキャッシングの契約を結ぶ時に記録されるあなたの様々な個人情報のことです。大きく分けると4つあります。

① 個人を特定するための基本的な情報
② 契約内容に関する情報
③ 返済状況に関する情報
④ 取引事実に関する情報

③の中に借入残高や完済日、延滞などの記録が残るわけですね。それで、通常カードローンやキャッシングを利用している人には①から③までの情報が登録されています。④についてはまたあとで触れることにします。

信用情報は誰が管理しているの?

個人の信用情報を扱っているのは

① 全国銀行個人信用情報センター
② CIC
③ JICC

この三つの指定信用情報機関です。①は分かりやすいですね。銀行系金融機関の加盟する信用情報機関です。②はクレジットカード会社を中心とした消費者金融、リース会社などが加盟しています。

③は貸金業者を中心とした機関で、多くのキャッシング会社が加盟しています。それで、キャッシングを利用したいときには、あなたも信用情報を開示する許可をする必要があり、業者も指定情報機関にあなたの情報を開示する義務がある、ということなんです。

クレジットカードを発行するときにも実際にはこうした機関の同意書にサインしているのですが、あまり意識して読んでいる人は少ないかもしれませんね。では、すでにキャッシングの利用がある場合、自分の信用情報はどうなっているのか気になりますね。

CICの場合、自分の情報を簡単に確認することができます。パソコン、携帯電話、郵送そして窓口で開示できるのでとても便利です。気になる方は一度ご自分で確認してみてください。

借入に影響を与える「事故情報」とは?

ブラックリストは実際にはありませんが、意味としては「信用情報にキズがつく」とか、事故情報があるといわれるものと同じことです。つまり、キャッシングをしたのに返済を長期延滞している、債務整理(任意整理 民事再生 自己破産)を行って正常に返済できなかった場合などに一定期間登録される事故情報のことです。

そうした情報が先ほど述べた、④の取引事実に関する情報に載せられます。CICやJICCでは債務整理や強制解約、破産申し立てなどの情報は発生から5年を超えない範囲で登録されることになっています。さて、キャッシングを利用しただけでは信用情報に傷がつくわけでないことは分かりましたが、それでも油断は禁物です。

既に複数のキャッシング(3,4件以上)を利用していたり、最近(1~3か月)突然複数のキャッシングを申し込んだ履歴がある、などといった不安な情報があると利用を断られるケースもあるんです。注意しなければならない点として、申込みをしただけでも信用情報に記録が残ってしまいます。

信用あっての融資ですから、同時期に複数申し込んで、早く申請が下りたものから利用しようなどという軽率な行動は控えましょう。

キャッシング前によく考えましょう

キャッシングは急な出費があるときに助けになります。過度に心配する必要はありませんが、前もってよく考えることは大切です。なぜなら、よく計画を立てずに利用するなら、将来本当に必要なローンを組みたい時に融資を断られてしまう可能性があるからです。返済予定日に返せる範囲で現実的な計画を立てましょう。

0

クレジットカードの利用で出てくるオーソリゼーションとは

普段クレジットカードの利用で直接的に利用者の耳に入ってくる言葉ではありませんが、カードが使えなかった時に、「オーソリゼーションに引っかかった」というケースが中にはあるのではないでしょうか。

オーソリゼーションとは信用照会のことを表します。

わかりやすく言うと、クレジットカードの利用に関して、「お店側が果たして本当に使用しても良いクレジットカードなのか」を判別できる仕組みのことを指しています。

続きを読む

0

カードローンの途上与信とは?わかりやすく解説!

カードローン、キャッシング、クレジットカードなどお金を借りる際には審査が必要となります。

これまでの金融履歴をチェックして問題ないか確認してから審査の合否が決定します。

しかしこれは申し込み時だけに行うわけではありません。審査に通った後も継続的に利用状況のチェックは行われているのです。それを途上与信と呼んでいます。
続きを読む

0

自己破産から復権するとどのような権利が復活するの?

自己破産になってしまうとあらゆる制限がかかってしまいます。
クレジットカードの作成やローンが利用できなかったり、車や家、貯金などの財産を手放さなくてはいけなくなります。

また、自分の財産だけでなく、職業も手放ばなさなければいけないケースがあるんです。

続きを読む

0

計画的な支払いにおすすめ!回転信用(リボルビング方式)とは?

回転信用はクレジットカードによる支払い方法の一つです。
リボ払い」という表現で聞いたことがある方もいるかと思います。

支払う金額をあらかじめ設定して、無理のない支払が可能な方法です。

いきなり大きな金額を支払うのは辛いけど毎月1万円、あるいは2万円など、ある程度金額を抑えることによって生活の負担を少なくさせるというメリットがあります。

ここでは回転信用について詳しくみていきましょう。

続きを読む

0

銀行カードローンのバックについている保証会社ってなんだ?

銀行のカードローンに申し込みをしようとすると、保証会社の存在が必ず入ってきます。

「銀行にお金を借りようとしてんだから、別に保証会社と契約するつもりなんてないよ!」

と考える方もいるかもしれませんが、銀行のカードローンに申し込みをすると、必然的に保証会社の審査もあるのです。 続きを読む

0

開示請求権によって信用情報機関の登録情報も知れるってホント?

「クレジットカード会社の利用で数年前に延滞してしまった記憶があるけど、その情報が今でも残っているのか気になる方」

「携帯の支払いが遅れてしまった時があるけどその情報は利用履歴に残っちゃっているのかな」

と気になる人などもいるでしょう。

そういった人は新たにキャッシングやローンを組む時にそれが障害となってしまう可能性もあります。

このような延滞や滞納の期間はCIC全国銀行個人信用情報センター(KSC)だと5年間日本信用情報機構(JICC)だと1年間データとして残ってしまいます。

そのデータは金融機関だけでなく、開示請求権の行使によって本人も確認することができるんです!

続きを読む

0

信用情報が登録される指定信用情報機関とは

指定信用情報機関とは、個人の金融情報を管理している機関を指します。

具体的にはCIC、日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)の3つを指定信用情報機関として国が認めています。

かつては金融機関ごとに信用情報機関を設立し、独自の調査で個人の金融履歴を調べるなどの対処が主流でしたが、過剰貸付を防止するため、制度が変わって金融業界全体で情報共有していこうという組織に改変されました。

続きを読む

0

カードローン審査の合否は他社借入履歴が鍵を握っている?

クレジットカードの利用で初めてカードローンによる買い物をしようとしたら審査が落ちて使えなかった、という人もいるかもしれませんね。

このクレジットカードを利用して延滞や滞納歴もないのに、なぜ審査に落ちてしまうのでしょうか。

それは他社の借入履歴が影響していることが考えられます。

使用しているクレジットカードで問題がなくても、違う金融機関の利用で何かトラブルや問題があるとローンやキャッシュが利用できなくなってしまうんです。

ここでは他社の借入履歴について詳しくみていきましょう。

続きを読む

0

銀行の入出金記録が残る?全国銀行個人信用情報センター(KSC)とは

全国銀行個人信用情報センター(KSC)は、ローンやクレジットカードの個人信用情報を登録することによって与信取引上の参考データとなる情報を登録するのが目的です。

つまり、各金融会社同士で消費者の情報を共有することによって消費者への過剰貸付や多重責務等の防止に役立つ組織となっています。

続きを読む

0

個人信用情報機関のCICはどんな内容が記録されているの?

CICはクレジットカードや信販系の金融会社を利用した時にデータとして残る個人信用情報機関の一つです。

皆さんがよく利用しているような三井住友VISAカードやJCBカード楽天カードなどもこういったCICに利用履歴が残ります。

もちろん利用履歴を自分で書き換えることはできません。数年間はデータとして残ることになります。
続きを読む

0

カードローンの仮審査や簡易審査も信用情報機関に記録は残るの?

カードローンってやっぱり気軽に借りられるというイメージがないですよね・・・。

厳正な審査をしてその上で判断されるのが主流となっています。

申し込み記録が信用情報機関に登録されるということもあって、もし審査に落ちた場合、「今後借りにくくなるのでは・・・。」と思い、躊躇している方も多いようです。

そこで便利なのが最近多くの金融会社で取り入れている仮審査簡易審査です。 続きを読む

0

カードローンの申し込み記録は6ヶ月間保存される?

カードローンに申し込むと、審査の合否に関係なく6ヶ月間(半年)、信用情報機関に登録されます。

登録される期間が5年と勘違いしている方もいるかもしれませんが、5年というのは実際に契約が完了し、契約を結んでからの期間になります。

申し込み記録はローンやクレジットカードの際に記録されるもので銀行だけでなく、消費者金融の申し込みも記録されます。

続きを読む

0