個人信用情報機関のCICはどんな内容が記録されているの?

CICはクレジットカードや信販系の金融会社を利用した時にデータとして残る個人信用情報機関の一つです。

皆さんがよく利用しているような三井住友VISAカードやJCBカード楽天カードなどもこういったCICに利用履歴が残ります。

もちろん利用履歴を自分で書き換えることはできません。数年間はデータとして残ることになります。

もし延滞や滞納の経験がある場合、過去5年間の物はデータとして残るので新たなお金の借り入れはできなくなる可能性が高いので、注意が必要です。

カードローンがあるなら銀行で借りればよい?

クレジットカード会社からローンをしている場合、「銀行からお金を借りればバレないんじゃないか」と思う方もいるかもしれませんね。

確かにクレジットカード会社と銀行では履歴が残る個人信用情報機関が異なります。

クレジット会社は主にCIC、銀行は主に全国銀行個人信用情報センター(KSC)となります。

違う組織ではありますが、共に連携を取って情報交換をしているのでクレジットカード会社で借りた履歴も銀行にはすぐわかります。

互いに多重責務や過剰与信を防ぐために情報を供給するということが常に行われています。

CICにはどんな情報が登録されている?

単純に金融履歴が残るとお伝えしてきましたが、そこには事細かな情報が項目ごとによって登録されています。

例えばクレジットカードを利用した人の氏名や生年月日、電話番号といった個人を識別できる情報、他にも実際に照会した日、商品名、契約予定額、支払い予定回数などが登録されています。

これらの情報は照会日から6ヶ月間登録されています。

さらには、契約した後はさらに細かい情報も残ります。

個人情報は本人の識別できる情報に加え、勤務先や勤務先の電話番号までデータとして残ります。
そして、クレジット情報も実際に契約した後、支払い履歴や契約履歴なども残ります。

支払いがあとどのぐらい残っているかという残債額や、実際にいくら入金したかという入金履歴、他にも延滞解消日や支払終了日など様々です。これは実際にデータとして残るのは、契約中のものが終わってから5年間です。

逆にいうと、常に支払残高が残っていたり、契約中のものがあると常にデータとして残るということになります。

データとして残る主な項目
個人情報 氏名、生年月日、郵便番号、電話番号等
申込情報 照会日、商品名、契約予定額、支払予定回数、照会会社名等
クレジット情報 契約日、契約の種類、商品名、支払回数、契約額(極度額)、契約終了予定日、登録会社名等
利用記録 利用日、利用目的、利用会社名等

CICにも常に情報が届いている

普段、キャッシュやローンなどでクレジット会社を利用しても、利用した消費者はクレジット会社とやりとりしている感覚しかないはずです。

実際にCICと消費者がやりとりすることはありませんからね。
しかし、クレジット会社とCICは常に情報照会や登録の情報共有を行っています。

つまり、あなたの情報もCICには筒抜けになっているということです。

クレジット会社はCICに加盟するのが基本となっています。逆にいうと、CICに加盟していないクレジット会社は他の銀行やクレジット会社の利用状況を理解できないため、個人の返済能力の有無について把握するすべがありません。

闇金業者などではそういったところもあるかもしれませんが、CICに加盟していないと自分自身も安心して借りることができないので、やめておいた方が良いでしょう。

まとめ

ここではCICに関する情報をお伝えしてきました。
CICで保有する情報はあくまでも個人を識別できる情報金融履歴のみです。
保険や犯罪歴や人種などのプライバシーやプライベートに関わる情報までが登録されているわけではありませんのでご安心を。

機密情報とされていますが、確認したい本人であれば自分の利用履歴を調べることができます。実際に施設に足を運んだり、郵送で資料を送ってもらうことも可能です、

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*