クレジットカードの利用で出てくるオーソリゼーションとは

普段クレジットカードの利用で直接的に利用者の耳に入ってくる言葉ではありませんが、カードが使えなかった時に、「オーソリゼーションに引っかかった」というケースが中にはあるのではないでしょうか。

オーソリゼーションとは信用照会のことを表します。

わかりやすく言うと、クレジットカードの利用に関して、「お店側が果たして本当に使用しても良いクレジットカードなのか」を判別できる仕組みのことを指しています。

オーソリゼーションがないと、どうなってしまう?

現在、クレジットカードは非常に浸透していて、ほとんどの方はクレジットカードを持っているのではないでしょうか。そうなると、必然的に偽造カードや盗難カード、不正カードの数も増えてしまいます。

他人のカードを使用してショッピングをしてしまうという人が残念ながら世の中にはいるわけです。また、支払い能力がないのにカードで必要以上に買い物をしてしまう人も存在します。

こうした状況を防ぐためにオーソリゼーションが存在します。
カードを使用しようとすると、即座にカード会社にそのカード情報が照
会されるのです。

そのカードの利用状況はどうなっているのか、利用上限は超えていないのか、利用停止になっているカードではないのか、といったことが全て登録されているわけです。

もし、顧客情報と一致しなかったり、不正な利用と疑われるときはそのカードの利用ができません。そうした犯罪抑制効果や支払い滞納、延滞を抑える効果がオーソリゼーションにはあります。

今ではほとんどの店舗で対応

カードを利用するときはCATと呼ばれる機械を使い、カード情報をインプットしてカード会社に照会されます。

お店側も偽造のカードを使われてしまったら損失を受けてしまう可能性がありますから、安全なクレジットカードなのかチェックを行うケースが多くなっています。

ただ、こういった機械は全て、加盟店の方で用意して通信費なども費用として発生するため、カードの支払いをあえて行わない店舗もいまだに多くあるのが現状です。

主なオーソリゼーションのチェック項目とは
本人情報 氏名など
カード情報 カード有効期限、利用限度、無効カードかどうか(不正、盗難、偽造など)

また実店舗のみだけでなく、最近はネットショッピングも一般的になってきましたから、カード決済の場合、この信用確認審査を行うのが一般的になっています。

クレジットカードに問題があると、購入手続きができなくなるケースがあります。

オーソリゼーションに引っかかると店舗から何か言われる?

カードで支払いをしようとして専用端末機にクレジットカードを差し込み、もし支払いが不可と判断されたからといって、「このカードは偽造ですね」とか、「先月のショッピング代が滞納されてますよ。」なんていうことはもちろんありません。

あくまでも不正利用を防ぐということが目的なので、いわゆる個人情報的なものを店側が知ることはないので安心です。

もし利用できなかった場合はカード会社に連絡して利用状況を調べてもらうのが良いでしょう。
ちなみに、1万円以内の安い買い物であれば、オーソリゼーションが行われないこともよくあります。

以上オーソリゼーションについてご紹介してきました。
基本的には不正なクレジットカードの使用がない限り、あまり気にしなくても良い部分です。

ただ、期限切れのクレジットカードや、利用上限をいつの間にか超えてしまったという場合に、このオーソリゼーションに引っかかることがあるので注意しましょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*