銀行カードローンのバックについている保証会社ってなんだ?

銀行のカードローンに申し込みをしようとすると、保証会社の存在が必ず入ってきます。

「銀行にお金を借りようとしてんだから、別に保証会社と契約するつもりなんてないよ!」

と考える方もいるかもしれませんが、銀行のカードローンに申し込みをすると、必然的に保証会社の審査もあるのです。

つまり、銀行カードローンに申し込むと銀行と保証会社の双方の審査に通過しなければお金は借りられません。

保証会社の役割とは

銀行のカードローンについてちょっとわかりやすい例えを挙げると、あなたが受験生だとしたら銀行は学校のようなものです。

そして、保証会社は面接官のようなものです。面接官に対して印象が良く、問題ない人柄と判断されなければ合格できない、というわけです。

銀行自体はそこまで申込者のことを詳しく知りませんから、代わりに、融資が可能か判断するスペシャリストとして保証会社が重要な役割を担っています。

そして銀行は、もしお金を返してもらえなかった時に消費者に取り立てとかをしたくないんです。

そういった手間もすべて保証会社が請け負います。もし返金されなければ保証会社から銀行に支払います。そのことを代位弁済と呼びます。

保証会社は、申込者のどんなところを見る?

いざ銀行のカードローンを申し込みしようとすると、保証会社の審査に通らなければいけないということがわかりました。

では、申込者のどんなところを見るのか。

保証会社はもともと消費者金融として活躍しているSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)やアコムなどが保証会社になっているケースも多々あります。

いわば、申込者の判別をするプロ。
「この人はお金が返せる、返さない」の判断ができる能力を持っているんです。

特に重要性しているデータが申込者の借入金額と収入

過去にどれぐらいの借金があったか、現在いくら借りているのか、年収ベースでどのぐらいの収入があるのか、というところを重視しています。

それ以外にも職業などのデータを基に合否が決まります。

お金持ちじゃないと審査に落ちる?

例えば、お医者さん上場企業の社員などであれば、当然融資を受けられる確率が高まりますが、お金を借りたい人ってそういう人ばかりじゃありませんよね。

むしろお金に困っている人。

年収で200万円程度だという人もいれば、パートやアルバイトで毎年年収が安定しないという人もいるでしょう。
そういう人向けの保証会社を構えている銀行のカードローンもありますので、心配いりません。

ただ、所得が低い方向けの銀行カードローンは、決して審査が甘いというわけではなく、年収に見合った融資が可能というだけです。

支払能力に問題がないと判定されることはやはり必要になります。例えば、年収が200万円程度であれば3分の1にあたる66万円程度の融資であれば、受けられる可能性が十分にあります。

主な銀行カードローンの保証会社
三菱東京UFJ銀行 アコム
楽天銀行 楽天KC
みずほ銀行 オリエントコーポレーション
住信SBIネット銀行 SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
三井住友銀行 SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

まとめ

以上保証会社についてご紹介してきました。
実際に銀行のカードローンを申し込む場合には、どの保証会社がバックについているのかということも確認してから申し込みをしたいところですね。

保証会社によっては富裕層をターゲットとした客層のみしか合格できないようなところも実際にありますので、注意が必要です。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。