開示請求権によって信用情報機関の登録情報も知れるってホント?

「クレジットカード会社の利用で数年前に延滞してしまった記憶があるけど、その情報が今でも残っているのか気になる方」

「携帯の支払いが遅れてしまった時があるけどその情報は利用履歴に残っちゃっているのかな」

と気になる人などもいるでしょう。

そういった人は新たにキャッシングやローンを組む時にそれが障害となってしまう可能性もあります。

このような延滞や滞納の期間はCIC全国銀行個人信用情報センター(KSC)だと5年間日本信用情報機構(JICC)だと1年間データとして残ってしまいます。

そのデータは金融機関だけでなく、開示請求権の行使によって本人も確認することができるんです!

開示請求権があるので自分の情報を確認することが可能!

信用情報は金融機関だけが取り扱っている情報ではなく、実際に本人が直接知ることもできます。

その開示を申し込む方法は各信用情報機関によって異なります。

CICの場合は、全国のCIC施設でタッチパネル式の機械が設置してあり、そちらに必要事項を入力することで確認することができます。

その際、本人しか知り得ない情報の入力が必要となるので他人が調べることはできません。

また、郵送によって申込書を送付すれば入手することができますが、手数料として1000円かかります。

全国銀行個人信用情報センター(KSC)の場合は、窓口の請求はなく、現在は郵送のみ確認することが可能です。こちらも手数料として郵送だと1000円かかります。

そして日本信用情報機構(JICC)の場合は、郵送と窓口での対応が可能です。

ただし、窓口は現在のところ東京と大阪で、開設されているだけであるため、最寄りの方でないと、ちょっと対応するのが大変かもしれませんね。

郵送の場合でも、公式ホームページから申込書をプリントアウトして記入すれば良いだけなのでそれほど難しいものではありません。

個人信用情報の確認方法
CIC 全国主要都市のCIC窓口、または郵送での入手
JICC JICCの窓口(東京、大阪)、または郵送での入手
KSC 郵送のみ

個人信用情報を入手した方が良い人はどんな人?

個人信用情報を信用情報機関を通じて入手するには、特に手間がかからないということがわかりました。

では実際に入手すべき人はどんな人か。それは金融機関の利用経験が多い方です。

キャッシングやローンの使用、買い物や習い事などで毎月支払いがある人なども念のため見ておくと良いかもしれません。

もし滞納や延滞があった場合、審査に落ちてしまう可能性が高いでしょう。

また、延滞や滞納がなくてもクレジットカードの履歴に誤りがあり、支払いを終えたはずの入金が確認されていない、なんてこともなくはありません。

消費者は個人信用情報機関に対して開示請求権を持っているだけでなく、訂正請求権も持っています。

誤った記載がされている場合、ローンやキャッシングの際に不利に働いてしまう可能性があるので、修正してから改めて審査をした方が良いです。

このように開示請求権というのは、カード会社各社や金融機関だけでなく、本人が情報を入手する権利を有していることを指します。

審査に通るかどうか、融資が受けられるかどうかは与信判断によるところが大きいのであらかじめ自分でも、その情報を知っておく必要があります。

自分でも思わぬ返済滞納などがあるかもしれませんので、念のため確認しておいて損はないでしょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>