カードローンの申し込み記録は6ヶ月間保存される?

カードローンに申し込むと、審査の合否に関係なく6ヶ月間(半年)、信用情報機関に登録されます。

登録される期間が5年と勘違いしている方もいるかもしれませんが、5年というのは実際に契約が完了し、契約を結んでからの期間になります。

申し込み記録はローンやクレジットカードの際に記録されるもので銀行だけでなく、消費者金融の申し込みも記録されます。

どんな情報が記録される?

実際にローンやクレジットカードで申し込むと、申し込み先の企業や個人情報となる氏名や年齢、生年月日、電話番号、申し込み日、商品の種類などが登録されます。

銀行や消費者金融に申し込みを行った時はCIC、日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)のいずれかに申し込みのデータが6ヶ月間は残ることになっています。

もし過去6カ月以内に再度申し込みをしようとしても、銀行や消費者金融は信用情報機関の情報を入手して、「この人は過去6ヶ月に審査を受けて落ちている人だ!」ということが判別できるようになっています。
つまり、それだけ審査に落ちる可能性も高くなるといえるでしょう。

しかも複数社の申し込み経験がある方は、なおさら落ちる可能性が高いと言わざる得ません。

審査に落ちた人は6ヶ月は待った方が良い?

過去6ヶ月以内に審査に落ちた人は、どうあがいても個人信用情報機関に履歴として申し込み記録が残ってしまうため、その記録が破棄されるまでは待ったほうが良いでしょう。

6ヶ月以内に審査に落ちている人は信用度が著しく下がってしまいます。

新たに申し込みをしたとしても、「この人は他社で貸してもらえなかったから新たに申し込んでいる人」、「せっぱつまって6ヶ月以内に何回も申し込みをしている人」と捉えられ、また申し込みをしても、落ちる可能性が高いといえるでしょう。

複数社を同時に申し込んだら絶対に落ちるというわけではありません
が、その際は年収や過去の金融履歴を重視して調べられるため、ある程度返金する財政力があるということが認められない限り、厳しいと言わざる得ません。

基本的には1箇所で借りる

借入先が複数になると、申し込み時点で落ちてしまう可能性が高まります。

そうならないためには一つの金融会社で契約が可能となれば、そちらで金額が大きくなったとしても借りた方が金利も安いので、返済の負担が小さくて済むというメリットがあります。

カードローンは複数同時に使うよりも一社に絞ったほうが限度額が上がり、金利が下がる傾向にあります。それだけ返済額も低くなり、気軽に借りられるというという状態になります。

短期間に複数社に何回も申し込みしてしまうと、申し込みブラックになってしまうという噂もありますから、控えておいたほうが良さそうですね。

申込時 契約時
残るデータ 申込先 申込先
氏名 氏名
生年月日 生年月日
電話番号 電話番号
申込日 申込日
商品の種類 契約金額
残る期間 6ヶ月 5年間

このようにカードローンやキャッシング等の申し込みは6ヶ月間は記録されるということ覚えておきましょう。

ちなみに、「6ヶ月もやっぱり待てない!」という人も中には居るかもしれません。

緊急を要する金が必要だ、という時は電話オペレーターの対応が可能な金融会社に連絡して審査を受けてみてはいかがでしょうか。それであれば2社並行して申し込んで審査に受かる可能性があります。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>