カードローン審査の合否は他社借入履歴が鍵を握っている?

クレジットカードの利用で初めてカードローンによる買い物をしようとしたら審査が落ちて使えなかった、という人もいるかもしれませんね。このクレジットカードを利用して延滞や滞納歴もないのに、なぜ審査に落ちてしまうのでしょうか?

その答えは他社の借入履歴が影響していることが考えられます。カードローンの審査では様々な条件が確認されるのですが、他社借り入れの件数や金額などの条件は審査の結果に大きく影響することになります。特に複数のカードローンからの借り入れを利用している人の場合には、新規のカードローンの審査はより厳しく行われるようです。

カードローンに申込む際には職業や勤続年数や年収などを申告するのですが、さらに他社借り入れの件数や合計金額などについても申請が必要になります。これは総量規制により借入限度額に制限が設けられていることなどが理由であり、申込者の借り入れ状況の確認はカードローンへの申し込み手続きでは必須だといえるでしょう。

今回は他社借り入れの件数や合計金額が新規のカードローンの審査にどのように影響するのか、さらに審査の際に確認される信用情報の詳細や他社借り入れを利用している人が審査に通過するための条件などについて、詳しく確認してみたいと思います。

ローンやキャッシングの申込みをする場合

通常ローンやキャッシングなどの申し込みをする場合、本人確認の証明書と収入証明書が必要となってきます。本人確認の証明書は運転免許証や健康保険証、パスポート、住民票などが挙げられます。

そして収入証明書の方は源泉徴収票や給与明細所得証明書や課税証明書などが挙げられます。ただ、ローンやキャッシングの金額が低ければ、こういった証明書が必要ないケースもあります。50万円以下では特に要求しないケースもよくあります。

これら証明書の審査には通っても信用情報審査で落ちてしまう可能性があります。他社のクレジットカードやローンの利用履歴が残っているので、そこで問題があると審査に落ちてしまうというわけです。

ローン申込に必要な書類
本人確認書 運転免許証、健康保険証、パスポート、住民票など
収入証明書 源泉徴収票、給与明細、所得証明書、課税証明書など

他社借入履歴に何が残っているとアウト?

他社借入履歴は消費者金融やクレジット会社、銀行や信用金庫などお金と関係した金融会社のデータは全て登録されています。大きく3つに分かれていて、CIC日本信用情報機構(JICC)全国銀行個人信用情報センター(KSC)のいずれかに登録されています。

ここで気になるのが、「何が残っていると今後ローンやキャッシングで審査に落ちてしまうのか」ということ。単純に借入金額だけが残っていて、それが元で審査に落ちるということはありません。しっかりと返納していたり、入金されている情報も登録されますので、そういった延滞の記録がなければ審査に落ちる事もまずないでしょう。

「消費者金融からお金を借りて数ヶ月にわたり滞納してしまった」、「携帯の月額料金の滞納してしまった」、「自己破産や任意整理などの債務整理を行った履歴が残っている」などのケースでは高い確率で審査に落ちてしまうでしょう。

ちなみに、携帯電話の料金でつい払うのを忘れてしまって1週間から2週間ほど本来の支払日から遅れてしまった、という程度でしたら利用履歴に残りませんので安心です。それ以外に審査が落ちやすい要因としては、他社金融機関の借入金額が年収の3分の1を超えていると、新たなローンやキャッシングはまず難しいと考えた方が良いです。

ちなみに滞納してしまったのが5年以上前のことでも、その滞納期間が継続している間はずっと信用情報機関にデータが残りますので注意が必要です。このように利用しようと思っている銀行やクレジットカード会社だけでなく、今までの金融履歴が影響してお金が借りられるかどうかが判断されます。

他社の借入金額が残っているから、別のクレジットカード会社でお金を借りれば良いという考えは無理ということを理解しておきましょう。

他社借入れの件数が3件以上になると新規のカードローンの審査に通過することが難しくなります!

カードローンを提供する銀行や消費者金融などの金融機関では、カードローンの審査基準は非公開としています。それぞれの金融機関独自の基準により、利用者の属性情報や信用情報などを総合的に判断して融資の可否を判断していることが推測されますので、審査通過のボーダーラインを明確にすることは難しいといえるでしょう。

「この会社は最短1時間で借入OK!他社借入◯件まで審査は大丈夫!」などと断言することはできないのですが、様々な情報から判断すると審査には他社借り入れの条件が大きく影響するようです。他社借り入れの件数については少なければ少ないほど、新規のカードローンの審査では有利になります。

例えば他社借り入れの金額が同じ50万円であれば、1社から50万円を借り入れている人の方が2社から25万円ずつを借り入れている人よりも有利になります。他社借り入れの金額が同額であれば、大きな金額の借り入れが認められる人の方が返済能力が高いと判断されるのです。さらに複数の借り入れを利用していると月々の返済額や利息や手数料の負担が大きくなりますので、「お金の管理が苦手な人なのではないか?」と疑われてしまうかもしれません。

インターネットの情報サイトを確認してみると、他社借り入れの件数については「2社まではセーフで3社以上になるとアウト」とする意見が多いようです。これは実際にカードローンに申し込んだ人の体験に基づいた意見ですから、十分に信ぴょう性が高いといえるでしょう。借り入れの件数が3件以上の人は、新規のカードローンに申し込む前にできるだけ他社借り入れの返済を行って、借り入れの件数をできるだけ減らしておくようにしましょう。

借入件数が1件~2件程度であれば、新規のカードローンの審査には十分に通過できる可能性があります。ただし銀行が提供する銀行系カードローンでは厳しい審査が行われることが多くなっていますので、他社借り入れを利用している人は審査が比較的柔軟に行われる消費者金融系カードローンへの申し込みを検討してみてください。(借入件数が4件~5件以上の人は新規の借り入れは難しくなりますので、自己破産などの債務整理の手続きを考えるようにしましょう。)

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*