複数から借入先があって…借金総額を調べる方法はあります!

借入先を調べよう

複数から借り入れをしていて、自分の借金総額がよくわからないという人はいませんか?
複数借入先があると自分の借金の実態がつかめず、気が付いた時には自分では到底対処できない規模になっていたという話はしばしば聞かれます。もし自分の借金総額がはっきりしないというのであれば、まずは総額をチェックすることが大事です。

借金の総額を調べる方法ですが、まず2通りに分類できます。借入先がわかっている場合と借入先全部がわからない場合です。いろいろなところから借金をしていると、結構全部の借入先がよくわからなくなっている人もいます。

借入先がはっきりしている場合

借入先がわかっているのであれば、請求書や領収書をチェックすれば借金総額は比較的簡単に把握できます。大手の消費者金融を中心として、WEBサービスを行っているところも多いです。こちらを利用すれば、マイページなどで取引履歴をチェックできるはずです。

中小の消費者金融から借り入れしている場合、大手のようなWEBサービスのないところもあるかもしれません。その場合でも紙の請求書や領収書は発行されているはずです。こちらをチェックすれば、その金融会社にある借金の残高が明記されています。
しかし中にはこのような領収書や明細書も手元にないという人もいるでしょう。紛失してしまったという人もいるでしょうし、カードローンの場合明細などが郵送されると家族にバレるかもしれないので、ATMで取引している人もいるはずです。この場合、領収書は発行されないこともあります。

もしこのように手元に借金残高を示すような資料がなければ、借入先に問い合わせをしてみましょう。そうすれば、借金の残高を教えてくれるはずです。貸金業者によってその手続きの方法は若干異なります。ですから相手の指示に従って、手続きを進めましょう。

また取引履歴の開示請求と呼ばれる手続きに従って、履歴をチェックする方法があります。この手続きを進めるためには、取引履歴開示請求書というものが必要になります。取引履歴開示請求書は、各金融業者で用意している場合も多いです。こちらで入手するといいでしょう。

取引履歴開示請求書のほかに、身分証明書が必要です。運転免許証や健康保険証などのコピーを取って提出しましょう。郵送やファックス、さらには金融業者の窓口に直接持ち込むこともできます。この開示請求をするにあたって、手数料のようなお金がかかることもないです。借入先全部の取引履歴書が集まれば、そこに記載されている残高を確認して総額を算出しましょう。

ほとんどのところが開示請求をすれば、取引履歴を開示してくれるはずです。しかし中には一部しか情報公開しないとか、ひどくなってくると何かと理由をつけて開示しない業者もあるようです。

この取引履歴の開示請求ですが、金融機関の義務であると明確に定義されています。もし借り入れをしている本人が上で紹介したような正当な手続きで請求するのであれば、金融業者は開示する必要があり、拒否はできないルールになっています。もし開示請求に応じない業者があれば、日本貸金業協会や管轄している財務局に苦情を申し立てると対応してくれるはずです。

借入先がわからない場合

いろいろなところからお金を借りている、お金が必要でやみくもに借金していたという人の中には、借入先全部がよくわからないという方もいるでしょう。「これじゃ無理だ…」とあきらめている人もいるでしょう。しかし借入先が全く分からない状態でも、借金総額を把握する方法はあります。それは、個人信用情報機関を活用する方法です。

個人信用情報機関では、皆さんの信用情報について管理しています。ちなみにカードローンやクレジットカードに申し込むと審査が行われます。その中で各会社もこの信用情報をチェックして、過去取引で問題を起こしたことがないかチェックする作業を実施しています。

信用情報にはどのようなことが書かれているかですが、借入先の社名と契約日といくら借金したのか、返済方式と予定される返済回数、返済滞納をはじめとした金融事故情報、そしてその時点の借金残高と返済状況も明記されています。信用情報を取り寄せることができれば、借金総額を把握できるわけです。

個人信用情報機関ですが、日本には3つあります。銀行系のKSC、消費者金融系のJICC、クレジットカード会社系のCICの3つです。

ある程度何系のところからお金を借りているかわかっているのであれば、それぞれの系統の信用情報機関に信用情報の開示請求を求めましょう。もしわからない、自信がないのであれば3つの信用情報機関に請求したほうが確実です。

ちなみに信用情報機関への開示請求手続きですが、それぞれに違いがあります。JICCとCICの場合、直接窓口に行って開示請求する方法のほかにも、郵送やインターネットから手続する方法もあります。しかしKSCの場合、郵送手続のみとなります。

開示請求手続きですが信用情報の場合、手数料がかかるのでその点は理解しておきましょう。KSCの場合1000円、CICとJICCの場合窓口に行ったときは500円・それ以外の手続きだと1000円が必要です。インターネットと窓口で開示請求をすれば、その場で情報が公開されます。ただし郵送による手続きを希望するのであれば、1週間から10日程度かかります。

このような方法で借金総額をまずは把握しましょう。返済可能な範囲であれば、引き続き返済しましょう。もし返済できないようであればおまとめローンを使って借金を一本化するとか、それでも無理そうであれば弁護士や司法書士と相談して、債務整理も視野に入れましょう。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*