銀行の入出金記録が残る?全国銀行個人信用情報センター(KSC)とは

全国銀行個人信用情報センター(KSC)は、ローンやクレジットカードの個人信用情報を登録することによって与信取引上の参考データとなる情報を登録するのが目的です。

つまり、各金融会社同士で消費者の情報を共有することによって消費者への過剰貸付や多重責務等の防止に役立つ組織となっています。

登録されている期間は政府関係金融機関か、それに準ずるものと規定さ
れていて、実際に全国にある銀行、協同組合、信用金庫のほとんどが登録されています。

全国銀行個人信用情報センター(KSC)はどんな時に関係してくる?

普段の生活で、全国銀行個人信用情報センター(KSC)のお世話になるということはまずありません。

消費者が利用する組織というわけではなく、銀行や信用金庫などが情報を得るために利用している機関です。

例えば、みなさんがマンションを購入したいとします。その際、一括で払うというケースは稀ですね。そうなると当然住宅ローンを組むことになります。

つまりお金を借りて少しずつ返すという方法です。そこでポイントとなってくるのがこれまで金銭のやり取りで契約金額の延滞や滞納していた経験があるかどうか、自己破産はしていないかどうかということです。

簡単に言ってしまえば、「お金を返す力があるかどうか」ということを全国銀行個人信用情報センター(KSC)のデータに基づいて見極めることになります。

いきなり大きな金額を貸すわけにはいきませんから、そういった情報が必要となるのです。

自分で信用情報センターの情報入手することが可能!

自分が過去に一切お金の延滞や滞納、キャッシュやローンなどの経験がなければ特に気にする必要はありませんが、過去数年間にわたり、そのようなデータが登録されていますから気になる方もいるでしょう。

その場合は実際に郵送で本人申告の元、情報を入手することができます。

現在は窓口での受付は終了していて、郵送でのみ受付となっています。必要な書類は公式ホームページにより入手できる開示申込書本人確認資料、開示手数料が必要となります。

ただし、自分が利用した金融機関が必ずしも全国銀行個人信用情報センター(KSC)に登録されているわけではありません。

場合によっては日本信用情報機構(JICC)CICに登録されているケースもあるでしょう。

加盟機関が掲載されていますので、自分が使った銀行やクレジット会社がどの提携機関となっているか事前に調べることが重要です。

どんな情報が全国銀行個人信用情報センター(KSC)に登録されているの?

全国銀行個人信用情報センター(KSC)に登録されているデータは予定通りローンの完済を終えたものや、契約の支払が終わったことなど全て登録されています。

何も延滞や滞納だけがデータとして残るわけではありません。あくまでも返済能力の有無をデータとして残す意味合いがあるので、しっかりと返金された借入実績も利用記録が残ります。

完済した情報は5年間は登録されています。詳細は下記の表にまとめてみました。

全国銀行個人信用情報センター(KSC)に登録される個人信用情報
取引情報 ローンやクレジットカード等の契約内容とその返済状況(入金の有無、延滞・代位弁済・強制回収手続等の事実を含む)の履歴
照会記録情報 会員がセンターを利用した日、ローンやクレジットカード等の申込み・契約の内容等
不渡情報 手形交換所の第1回目不渡、取引停止処分
官報情報 官報に公告された破産・民事再生手続開始決定等
本人申告情報 本人確認資料の紛失・盗難、同姓同名別人の情報がセンターに登録されており自分と間違えられるおそれがある旨等のご本人からの申告内容

全国銀行個人信用情報センター(KSC)の情報は自分で取り寄せてチェックすることもできるので、もし銀行や信用金庫でローンを組む場合には一度チェックしてみるのも良いかもしれませんね。

ローンの申し込みで、もし断られたとしてもその記録は全国銀行個人信用情報センター(KSC)に残ってしまいます。申し込みだけの場合は半年間残ることになるので、注意しましょう。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*