カードローンの途上与信とは?わかりやすく解説!

カードローン、キャッシング、クレジットカードなどお金を借りる際には審査が必要となります。これまでの金融履歴をチェックして問題ないか確認してから審査の合否が決定します。

しかしこれは申込み時だけに行うわけではありません。審査に通った後も継続的に利用状況のチェックは行われているのです。それを途上与信と呼んでいます。

信用を与えるという意味の言葉が与信であり、信用取引や融資などの際に与信という言葉が使われます。与信はいわゆる利用限度額のことであり、金融機関などでは利用者の信用に基づいていくらまで貸しても大丈夫なのかを判断することになります。

金融機関から「枠を○○万円までとることができます!」と言われた場合には、この○○万円までがいわゆる与信枠ということになります。与信枠の範囲内であれば、信用に基づいて借り入れが認められるのです。

途上与信を行う意味とは?

途上与信はモニタリングとも呼ばれ、利用者の金融履歴を定期的にチェックすることを指します。限度額ギリギリまで使っていないか、新たな借り入れは発生していないか、ローンやキャッシングの支払は順調に返済できているかなどをチェックします。

例えば、銀行のカードローンに申込んだ段階では、他の業者の借入が発生していなくても、審査に通った後に新たに他の会社でカードローンやキャッシングの申し込みをしているケースもあります。そうなると返済滞納のリスクや貸し倒れリスクが高まる状況になってしまいます。そういったことを事前に防止するために信用情報機関を通じて定期的なチェックが行われています。

与信枠は審査により決定されます!

融資の際には審査の結果により与信枠が決定されますので、審査なしで与信枠が決定されることはありません。与信枠の審査では利用者の返済能力が重視され、具体的には現在の収入や借入の利用状況などが詳細に確認されることになります。これが審査の基本だと考えてください。

さらに与信枠の審査では、利用者の返済資質に関する確認が行われます。利用者が返済の義務を放棄しないかどうか、毎月確実に返済を行うかどうかなどといった条件が返済資質であり、個人信用情報機関で利用者の延滞や債務整理などの金融事故の履歴をチェックすることで返済資質が判断されます。

カードローンでは担保や保証人なしで借り入れを利用することができるのですが、一方で高額の借り入れを利用する住宅ローンなどの場合には、借り入れを利用する際には担保を設定することが必要になります。担保が必要なローンでは与信枠の審査の際に担保の評価額が重視され、例えば土地や建物などを担保とする際には土地や建物の評価額に基づいて与信枠が決定されるのです。

与信枠は利用者の返済能力や返済支出、さらに担保の評価額に基づいて決定されることになります。返済能力や返済支出や担保などが高く評価されれば大きな与信枠が認められますし、一方で低く評価されれば与信枠が小さくなったり、あるいは融資そのものが認められない場合などもあるようです。

与信枠についてはその後も定期的に見直しが行われます!

与信枠は申し込みの際の審査で決定されるのですが、一度決定した与信枠が半永久的に継続するのではなく、その後の利用状況などに応じて定期的に与信枠の見直しが行われます。これが途上与信の手続きであり、金融機関では利用しているローンの返済状況や他社借り入れの状況などを参考にしながら、与信の適合性についての審査をその都度行っているのです。与信状況が悪化していると判断された場合には、利用限度額の見直し(減額)や新規貸し出しの見直し(停止)などが行われる可能性があります。

クレジットカードの場合には利用履歴が良好であれば、自動的に与信枠(利用限度額)の拡大が行われることが多いようです。一方のカードローンの場合には確実な返済の十先を重ねたとしても、自動的に与信枠(利用限度額)の拡大が行われることはありません。カードローンの与信枠の拡大を希望する場合には利用者自身が申し込みをして、審査を受けてこれに通過することが必要になります。

一部の消費者金融系カードローンでは途上与信を非情に重視していますので、途上与信の結果次第では借り入れができなくなってしまう場合などがあるようです。特に延滞や債務整理などは厳しく判断されることになりますので、返済能力の範囲内で借り入れを利用して、決められた返済日までに確実に返済することを心がけるようにしましょう。

与信枠については利用していなくても利用しているものとみなされることになります!

クレジットカードや各種ローンの審査の際には他社借り入れの状況が確認されるのですが、この時に認められた与信枠については実際の利用状況にかかわらず、与信枠の全額を利用しているものとみなされることになります。例えば利用限度額50万円が認められたカードローンの契約をしている場合には、実際の借入額が0円であっても50万円を借り入れているものとして取り扱われることになるのです。

これは認められた与信枠はいつでも借り入れが利用できることが理由であり、特に複数のカードローンやクレジットカードを利用している人は注意が必要になります。住宅ローンに申し込んでもなぜか審査に落ちてしまうという場合には、カードローンやクレジットカードの契約数が多すぎることが原因かもしれません。利用していないカードローンやクレジットカードも審査では与信枠いっぱいまで利用しているものとして判断されますので、住宅ローンに申込む際には利用する機会がないカードローンやクレジットカードは解約してしまうようにしましょう。

住宅ローンを利用する人がどうしてもカードローンを利用したいのであれば、住宅ローンを提供する金融機関に申込んでみてください。近年では住宅ローン利用者に対して金利の優遇を行う銀行系カードローンなどが増えていますので、従来よりも有利な条件でカードローンを利用することができるかもしれません。

途上与信で問題があると・・・

途上与信が行われて、申し込み時に可能だった融資の限度額が変更されたり、凍結することもよくあります。例えば、カードローンの申し込み時に限度額が150万円だったとしましょう。申し込みを行った時には、他の借り入れや返済がない状況でした。

しかし、数年経ってから違う金融会社から50万円融資を新たに受けていたことが判明!カード会社としては年収や借り入れ状況などを判断して150万円と設定したわけですが、新たに50万円融資を受けていたとなると、この消費者は全部で200万円の借り入れが可能という状況が発生してしまいます。

こうなると、カード会社は150万円の限度額の見直しや新たな借り入れの停止などの処置を行うケースがあります。また、他社から融資を受けていなくても返済が滞っていたり、借り入れ金額が一向に減らないという場合も新たな引き出しが凍結するケースもあります。

途上与信後の対応
問題無し 継続した融資、限度額の利用が可能(申し込み時と変更なし)
問題あり 利用限度額いっぱいの利用、延滞、滞納、他社のローン、キャッシングの新規利用などが判明した場合、利用停止、限度額変更などの処置

・どんな人が監視されている?

途上与信は定期的な金融チェックとお話しましたが、怪しい人だけの信用情報機関をチェックしているわけではありません。金融会社も誰が、どのぐらい他社で借り入れを行っているかを知るには、信用情報機関をチェックする他すべがありません。

つまりカードローンやキャッシングを利用している方、全ての方を対象に途上与信が行われているのです。「カードローンの申込みが通過したから、あとは他の金融会社でも借りれるチャンスがあるかな」、なんて悪巧みしている人もいるかもしれませんが、定期的なチェックがあるので、そういったことは難しいということを理解しておいた方が良いでしょう。以上、途上与信についてご紹介してきました。

いわば、申込み時の審査が受験だとしたら、途上与信は中間テストや期末テストのようなものですね。入学した後も定期的にテストが行われるように、カードローンやキャッシングも審査に受かった後でも常にテストが行われているということです。しっかりとした返済計画を立て、無理のない借り入れ状況とすることを常に意識しておきましょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*