出来るだけバレたくないので大手銀行カードローンに申込みをしてみました。

名前(仮名) こうた
年齡 23歳
性別
職業 大学生
月収 20万円
審査通過先 みずほ銀行

急にお金が必要

大学の卒業旅行で友達と海外旅行に行くことにしました。そのときあんまりお金がなかったのですが、最後の青春の1ページぐらいいい思い出で終わらせたかったので何とかしてお金を借りようと思いました。

単位も取り終わって学校に行かなくていいので後でバイトすれば返せると思って、少額なら通りやすいといわれるカードローンを申し込むことにしました。

みずほ銀行カードローンを選んだ理由

早速家でカードローンについて調べてみたらいっぱい出てきました。大手サラリーマン金融は勿論のこと、メガバンや地銀まで様々な会社が同じようなサービスを提供しました。そしてネットにはシミュレーターもあり一番安いところを調べるサイトもありました。

みずほが一番安いというわけではありませんでしたが、私の場合20万円ですとほとんどの会社が金利年6~7%程でした。私の場合バイトで安定した収入源がないという理由で最低6.3%最高7.4%でした。ちなみにみずほ銀行は6.7%と中間の金利でした。それでもみずほを選んだ理由はみずほ銀行のキャッシュカードをカードローンのカードとして使えるからです。

他の会社でカードローン用のカードを作るとなると入力から本人確認書類からいろいろと手間がかかります。そして何よりもカード本体が自宅に届くことです。さらにそのような配達物にはハンコを要求されるので、僕が外出中に親が受け取ると面倒なことになります。

勿論学生のくせにカードローンを組んだ、組もうとしていることがばれると親に心配をかけるのでそれだけは避けたかったです。せっかくの青春の思い出がそうなると台無しになります。そこでそういった手間もリスクも回避できるみずほ銀行のカードローンを利用することにしました。他にもUFJやSMBCが同じことをしています。

基本的にメガバンだったらキャッシュカードでカードローンを組むことが可能なところが多いです。地銀だとどうかわかりません。

審査から借りるまで

お金を借りるためには審査をしないといけません。金利自体はネットでシミュレーションをしていたので頭の中で大体の計算と返済のスケジュールが立っていましたが、肝心の審査に通っていませんでした。窓口に行ってローンを組むと親や近所に人に会うリスクがあったのでネットを使いました。

スマホ版もありますが、家でPCでやることをお勧めします。家だと必要な書類をいつでも取りに行けますし、個人的な意見になりますが、PCの方が画面が広くて見やすい、キーボードで打ち込みやすい、わからないことがあればブラウザで新しいタブを使ってそっちで調べながら入力が出来るなどのメリットがありました。

スマホ版も決して見にくいわけではありません。必要事項を入力するのですが、中古車の査定で入力するようなことが聞かれます。後は同意書に同意する旨があることを確認する画面などがありますが、審査のための入力は30分ほどで終わりました。翌日の昼頃に審査に通ったというお知らせが来ていたので早速契約をしました。

そして次の日にATMへ行ってお金を受け取りに行きました。お金を受け取るのは必ずしもみずほである必要はありません。別にコンビニなどのATMでも全然かまいません。周りから見れば普通に入金、出金しているようにしか見えないので知り合いに見られても安心です。

まとめ

借金するには様々な理由があると思いますが、基本的に借金する人はしているところを周りに見られたくないと思うはずです。そんなとき私のように自分の使っている銀行のカードローンサービスを使えば簡単に借りれると同時にバレにくいというメリットがあります。

もちろん大きな額となるとそれなりに安定した収入はいりますが、私の経験上20~30万円ぐらいならよっぽど過去に返済が滞った、犯罪履歴有などといった悪い経歴が無い限り簡単に通るはずです。

審査から借りるまで3日ほどで行けました。ネットには半日で行けたなんて書いてある体験談もありますが、基本的に2日~1週間ほどはかかる前提で借りるべきです。早く楽に借りたいのであればカードローンは良いサービスだと思います。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>