独立のために勉強がしたい!資金が貯まるのまで待つのは時間が勿体無い!

名前(仮名) 神田太郎
年齢 29歳
性別
職業 会社員
月収 25万円

■何故カードローンを組もうと思ったのか

私がカードローンの組みたいと思ったのは、会社から独立して全く別の仕事に就こうと思ったからです。

そのためにはまず勉強して資格を取る必要がありました。

私自身、ずっと前からやりたいと思っていた職業でしたが「自分には向かないな~、本当に自分のやりたいことを仕事にしたら、挫折したとき立ち直れないな~」と言う思いがありなかなか調整できていませんでした。

思いだけがあり、知識が全くありませんでした。参考書を買ってはみたものの、全く勉強が進まず、やっぱり学校に行かなきゃダメなと思いました。

当時会社に勤めて3年目であったため、全くお金がありませんでした。給料を少しづつ貯めてはいましたが、このままでは何年かかるんだそうか?と言う状態でした。

私としては出来るだけ早く独立したいと思ってましたので、いち早く学校に入りたいと思っていました。

そのための資金調達の手段としてカードローンが私でもお金を融資してもらえるものとして上がってきました。

■まずやったこと

カードローンを組もうと思ってからまずはじめにやったことは情報収集でした。

どこで情報収集したかと言いますと、インターネットの口コミサイトを活用しました。カードローンって一口に行っても沢山の種類がありました。

銀行系のカードローンがいいのか?どこの銀行のカードローンが通り安いのだろうか?月々どれくらい返済しなければならないのだろうか?

銀行系のカードローンがダメだった場合は消費者金融系のカードローンに行かなければならないな。

そんなことを考えていました。今カードローンの種類って本当に多いんです。

一体どのカードローンが一番審査に通り安いんだろうか?返済負担が少ないところはどこなんだろうか?その事をずっと考えていました。

■実際に行ってみて

まず最初にカードローンを組みたいと思ったのは、銀行系のカードローンでした。何故銀行系のカードローンだったのか?それは金利が一番安かったからです。

それにその銀行のホームページを拝見させて頂いたときに自分がいくら借りた時の返済プランのシュミレーションができるようになっていてこれだったら、自分でも返済できそうだな、って言うのが簡単に想像ができたからです。

あとインターネット上で申し込みが完了できると言う点が私にとってありがたかったです。

■審査に落ちたとき

自分の欲しい条件に一番あっていたのが、銀行系のカードローンだったのですが、私は審査に落ちてしまいました

インターネットの情報では、給料振込用の口座が審査に通り安いと乗っていたので、その情報を信じて勤めていた会社の給料振込口座の銀行のカードローンを申し込んで見ましたが、あっさり審査に落ちてしまいました。

何故落ちてしまったのか?インターネットの情報は間違っていたのか?

いろいろ考えましたが、勤続年数が少なかったためなのかな?
と思って納得しました。

■消費者金融系のカードローンはやっぱり通り安い

銀行系のカードローンがダメだったため、私は消費者金融系のカードローンを組みに行くことになりました。

そもそも何故最初に消費者金融系のカードローンに手を出さなかったかと言いますと、利率がかなり高いからです。

学校のタメに100万を借りようとした場合、つきに2万づつ返済したとして5年間返済し続けなければならない計算になったからです。

そして、消費者金融系なのでちょっと怖いかも知れないな?と言う思いが会いました。

どういったらカードローン組めるかなと思って、またインターネットで調べましたら無人契約機と言うものが存在していることに気づきました。

いきなり消費者金融の窓口に行くのはかなり気が引けていましたので、無人で契約できるのは正直ありがたかったです。

実際無人契約機で解約を行ったところ、本当にスムーズに審査が通って契約することができました。

収入証明書が必要なのかと思っていましたが、特に証明も必要なくスムーズに契約できました。

■まとめ

勤続年数が長くて、信頼が高い場合は銀行系カードローンを選択した方が返済負担が軽くていい。

消費者金融系は簡単に審査が通るので、小額の借入であれば消費者金融でカードローンをつくるのがいい。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>