私も初めてカードローンを契約しました

名前(仮名) よしやす
年齡 45歳
性別
職業 会社員
月収 42万
審査通過先 アコム

カードローンは通りにくい?

急にお金が必要な時にカードローンが使えたらとても便利です。いちいち申請しなくても限度額内でしたら自由に引き出すことが出来るので時間の節約にはなります。最も金利が安いのは銀行で受ける普通の融資ですが、その場合

審査基準が厳しく時間もかかります。

カードローンは消費者金融よりかは少し低金利で抑えていますが、それでも金利は高い方だと思います。そこまでして借りる価値はあるので便利ではあります。しかし一度カードローンの会社が審査を通してしまうと契約した方は好きな時に審査を通さずにお金を借りれるのですから、カードローンのサービスを提供している会社からすれば結構リスクの高いビジネスです。

そのため消費者金融で毎回審査をして借りるよりかは審査基準が厳しいです。免許証だけでOKというわけにはいきません。また、Google検索などで「カードローン 通らない」と入力すればカードローンの審査に落ちた方の体験談が山ほど見つかります。

どうすれば通るのか

一言でいうならば信用度を上げることです。それ以外方法がありません。ではどのようにしたら信用度が上がるのかと言いますと確実に返す能力があることを証明する必要があります。勿論収入の多さはそれに含まれる重大な要素です。また限度額を決める際にも大切な尺度となります。

しかしそれ以外にもどれくらい安定しているかが問われます。確かに金利は少し高いですが、カードローンで支払いをすると自動的にリボ払いになります。そのためひと月あたりの負担自体は結構軽くなります。返済にかかる期間は長くなる分、1回1回の返済額が小さくなるため私生活にかかる負担が大幅に軽減されます。しかし、収入が安定しない人にとって仮に月1万円だとしても結構な大金になる場合があります。それよりかは収入はさほど多くなくても毎月1万円ぐらいなら月給の数値からするとさほど負担にならない人のほうが安全です。

そうした意味で月給がしっかりと安定した正規雇用の人であるということはとても重要な条件になります。また、不動産などといった資産も高く評価され信用につながります。あとは出来ればカードローンを組む予定の会社と今までにかかわったことがある方が好ましいです。例えばSMFGが提供する銀行カードローンに申し込む場合、自分の口座がSMFGにあり、SMFGから融資を受けしっかりと返済をしたことがあるという方のほうがよりリスクの低い顧客とみなされ契約しやすいです。

またほかの系列の金融機関からお金を借りていないことも有利に働く条件です。ライバル会社から借りていると自分の会社よりもライバルの会社へ対する返済を優先する場合があり、自分の会社が後回しにされてしまう恐れがあるので信用の下落につながることがあります。契約してしまえば好きな時に借りれるとても便利なカードになるのですが、契約するまでの道のりが結構長いカードです。

申請にさえ通れば契約した数日後のはカードが家に届き使えるようになります。しかし契約をするまではとにかくカードローンを契約したい金融機関にひたすら媚びを売り、自分がいかに信用できる人かをアピールする努力をしなければなりません。

まとめ

カードローンはいつでも好きな時に現金が取得できる上に少しずつ返せばよいというとても都合のいいサービスです。都合がいい分これを使うことが出来る人は限られてきます。そのためには日ごろから信用を上げる努力をしなければなりません。

また、カードを契約してからもしっかりと返済をすることで信用が上がり限度額を上げてもらうことが出来ます。私の場合10万円ぐらい引き出し、完済するプロセスを3回ぐらいやるとカードローンのサービスを提供している銀行の方から限度額を引き上げるように勧めてきました。

限度額が上がって損をすることはないので上げました。金利は銀行から普通に借りるよりも高く、リスクもありますが、自信がコントロールできんル範囲であれば持っていても損はしませんしとても便利です。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>