無駄遣いが原因で陥ってしまった借入地獄

名前(仮名) 返せない太郎
年齡 31歳
性別
職業 会社員
月収 21万
審査通過先 アコム、モビット、レイク

 

借りたきっかけ

現在の会社に入る前の前職で給料が支払われなくなったことがきっかけでした。
最終的に満額もらえず、2ヶ月にわたり無給状態に。
借りたのはそれがきっかけでした。
審査自体は円滑に行き、借入限度額50万円で借金をしました。
ちなみにカードローンなので総量規制はありません。

ステータス:現在返済中

 

カードローンの使い道

基本的には生活費でした。
しかし、職を不本意な形で失ってしまった自分は、当時かなりの自暴自棄に陥っており、無駄遣いをしてしまいました。

買い物だけでも15万程度使ってしまったかもしれません。
限度額を高めで設定してしまったのが、失敗だと考えています。

 

返済の辛さ

再就職はできたものの、返済は非常に困難を極めました。
何故かと言いますと、自暴自棄になっている最中の豪遊が体にしみ込み、冷静になれた後も、何を節約すれば元の生活に戻れるのかわからなくなってしまい、給料に見合った生活スタイルを見失ってしまったことが原因です。

最近は少しずつ、副業で収入に余裕をもたせながら返済していますが、一度借りたことでできてしまった「また借りれば言い」という心の弱さがどうしても払拭できず、思うように返済ができない自分に嫌気と腹が立ちます。

とはいえ、このカードローンがなければ生活できなかったことを考えると、必ずしも悪いところばかりとはいえず、「計画性」を事前に自分の中で持てていれば、むしろ便利なのかもしれません。

 

生活スタイルの変化

返済が月々15000円というのは、正直重たい負担としてのしかかってきました。

一番辛かったのは、元本に利息がのしかかるタイプの返済方法のため、元本は契約通りに減っては行きますが、利息の重みがのしかかってしまう点にあります。

それにより、ただでさえ事前計画の甘さがあっただけに、返済計画に大きな負担がのしかかりました。

そこで、「生活を良くしていくには?」と考えた時、今まで実践していた「節約生活」だけでなく「収入を新しい就職先の給料」以外に求めることで改善していこうと考えるようになりました。

そこで出した答えが副業でした。
仕事がIT系であったため、Webの知識を活用した副業は探すのに苦労はなく、順調に小額ながら稼ぎ返済の負担を減らす方向で生活が少しずつ良くなっていきました。

 
総じて言えるのは、突発的に作ったカードローンには計画性がなく、返済にも大きく影響してしまうことです。

カードローンというのは、「必要になって急遽作るもの」ではなく「日常生活での生活品のひとつ」として、常日頃持っておく方が、返済に苦労しなくて済むということがわかりました。

それが嫌なら、そもそもカードローンを作らず、徹底的に「貯金」に徹することが大事だと思います。

また、総量規制の有無に関して言うならば、総量規制という自制のきかない人のための制度を十分に活用できず、総量規制外のローンを使ってしまったことも反省点でした。
年収の1/3までしか借りれないというのは、貧困生活を強いられている人にはきつい一方で、計画性のない債務者には立派に自制心の代わりをになってくれる制度です。

そこを加味せず、「銀行系だから安心」という安易な考えで選んでしまったのは、選択ミスと考えざる終えません。利率などへ目がいかず、あるいはもっと安い金利で抑えられたのかもしれないサービスをみすみす逃してしまったかもしれないのは、大きな汚点でした。

現在は月々15000円(利息込)で返済を続けており、時折追加借りつつも比較的順調に返済しております。
ただし、返済は完全に負担でしかないので、これをきっかけに副業への情報収集に新しい知見が増えてきました。

返済に充てるお金を給料から出しつつ、「その痛みをいかに軽減するか」を考えるようになり、「節約による支出減」ではなく「副収入による収入増」でカードローンと向き合うようになりました。

今回のカードローンは辛い勉強になりつつも、新しい生活スタイルに気づかせてくれるきっかけにもなりました。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*