【自己破産】満を持してお店を開いたワタシが、ボロボロになるまで【債務整理】

名前(仮名) 太郎
年齢 30歳
性別
職業 自由業
月収 10万円
審査通過先 横浜銀行、千葉銀行、オリックス銀行、東日本銀行、常陽銀行、芝信用金庫

太郎お店を作る

頑張って貯めた500万円を自己資金にFC本部の指導?のもとお店を作った
内装工事費用として400万円その他にFC加盟費などで300万円。

足りない分は、国金500万円で補い開店。計画通りに開店と同時にたくさんのお客さんがつめかけ、大繁盛のうちに初日は終了。

しかし材料があまりない。さっそくFC本部に発注した。

2日目もお客さんはたくさん来た。しかし、材料が足りない。

FC本部の供給が追いつかない事態に陥った。早めにお店を閉店させ次の日に備えた。
翌日も翌日もお客さんはつめかけるもFC本部からの材料供給は無く、売り切れ続出のお店となった。

しかし、明日は来る!そう思いながら材料到着を待った。

FC本部との信頼関係なくなる!

太郎の予想とは裏腹に材料が来ることはなかった。

ちょっとずつきていた材料も1週間全く来ない状態までなった。

このころになると客足も遠のき赤字状態

しかしこの状態でもFC本部の材料供給は追いつかない。太郎は、FC本部に催促するも材料は送ったと虚偽を・・・。

太郎はFC本部に見切りをつけ独自で商品を作り出した。

客足戻らずはじめてのカードローン

独自で商品を作り出すも、すでにお客さんはもう来ない。太郎の店は立地的には悪い場所なのである。しかし、駅から近いので家賃が高額である。

太郎の店は、いつも品切れという噂はあっという間に広がりすっかり閑古鳥。そして高い家賃からついに太郎の資金は底をついた。太郎は、お店を潰したくないので、横浜銀行からはじめてカードローンを行った。

融資額は50万円。それを家賃に当てて返済するも、売り上げ(利益)が上がらず今度は千葉銀行から新たに50万円ローンした。

季節は、すでに冬。本来であればたくさんの売り上げ(利益)がだせる時期であるにも関わらず、太郎の店は、相変わらず閑古鳥が鳴いていた。

新商品を出すも効果なく、チラシを配るも効果なく、ポップを500枚ほど書くも効果なく・・・。

何をやっても効果ない。やはり一度来ないお店という印象がつくと全くといっていいほど客足は伸びない

よく店舗再生は出来るという本があるが、たぶんウソである。
本を読むとたしかに本に出ているお店は復活している。

しかし、実際そのお店にいってみると潰れている場合が多い。
太郎もこのままではダメかもと思っていた。それでも太郎は何とかしたかった。

応援してくれているたくさんの方々が、太郎にはいるから。
なにより太郎を支えてくれている奥さんは、太郎の宝物であり、この奥さんの夢はお店を持つことであったから。その後も売り上げ(利益)は戻らず赤字続き・・

そして、東日本銀行50万円のカードローンに手を出した。
しかし50万円などすぐに吹き飛ぶ高額な家賃。あっという間になくなり金利の高いオリックス銀行30万円のカードローンに手を出した。

さらにイオンカードの支払いをリボ払いにすることで、なんとかお店を守るもついに限界がみえる。このままでは、資金がなくなる・・・。太郎は、中小企業診断士に相談した。

答えは即答であった。債務整理か自己破産しましょう、と・・・。

太郎はわかっていた。もうダメだって・・・。完全に多重債務者だってことに・・・。
結局太郎は、1年半ほどで店を売却することになりました。多額の借り入れだけを残して。

まとめ

小さい借金でも膨らむとすごいことになります。
確かに何かを守りたい、そのためにお金を使うのは間違ってはいませんが、
引き際が肝心です。どこまでいけるか?どこで引くか?

人生は見極めがとても大事だと思います。また世の中騙そうととしている人がいいっぱいいます。

そういう人につかまると資金はあっという間になくなりカードローンすることになります。

太郎も以前は、カードローンをはじめとした借り入れの世界とは、無縁の世界にいました。
しかし、ふとしたことで借り入れ地獄に・・一寸先は闇です。
くれぐれも油断しないように。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>