賢く使えば怖くない!便利なカードローン。

名前(仮名) まるこ
年齢 25歳
職業 自営業
月収 15万
審査通過先 アコム、モビット、レイク

■審査を受けるきっかけ

 私は自営業をしておりました。

自営に必要なものをそろえるため銀行やクレジットカードのキャッシング機能を使って借り入れをしていました。

お客様の発注が減り、生活に困ったのと、先に借りていた銀行とキャッシング分の借り入れの毎月の返済額を確保するのが厳しくなって、返済をするためにカードローンを利用しようと思ったのが消費者金融のカードローンの審査を受けるきっかけでした。

■いざ申し込み

 いざ店舗へ行ってカードローンの申し込みをすると、申込書を記入するように言われ、他の会社の借り入れ金額と返済状況を聞き取りされました。

収入が低い場合は収入証明を提出しなければならないようで、当時行っていたアルバイト先の給与明細のコピーと、市役所が発行している市・県民税の課税証明書を1枚提出しました。

もしかしたら間違っているかもしれませんが、収入が高かったり、なんらかの条件を満たせば収入証明がいらないケースもあると聞きました。

私の場合は自己申告で他の会社の借り入れへの返済が毎月滞りなくできていたので審査も厳しくなく、すぐに借り入れが出来ました。

このときばかりは、毎月毎月苦しいながらも、頑張って返済額をなんとか確保しておいてよかったと思い、ほっとしました。

会社によってはCICやJICCなどといった民間の信用情報機関に登録されている情報をチェックしてからでないと借り入れができないところがあったり、申し込みをしてからすぐ貸し付けをしてはくれるものの、

そういった民間の信用情報機関を後日審査して他の会社への返済が遅れていたり返済ができていなかったりしているのがわかると、その後の借り入れができなくなるところがあったりするようです。

■信用情報機関の情報はごまかせない

 私のようにいろいろな会社から借り入れをしている場合や、クレジットカードを作っている場合は、先ほど述べたCICやJICCなどといった民間の信用情報機関に全て登録されるようです。

そこには自分の住所や氏名、生年月日、借り入れ先の会社、借り入れ金額、返済の状況など、細かい情報が記載されているそうです。

私の知人で自己破産をした人がおり、知人から、名前を旧姓に戻したらまた借り入れができるのではないかと聞かれましたが、

申し込みのときには免許証やパスポートなどといった写真付きの身分証明書を提示させられ、その情報も登録されますので、

たとえ名前が違っていたとしても、生年月日や身分証明書の番号などといった別の情報で合致してしまうと同一人物だとわかってしまいますから、民間の信用情報を審査される場合、

小手先のごまかしでは借り入れすることは難しいとインターネットに書いてありました。

やはり借り入れをするにはそれなりのハードルがあるようです。

しかし、そうはいってもカードローンの審査は比較的ハードルが低いようで、申し込みをした後すぐにATMで借り入れができてしまう会社もあると聞きました。

それゆえ手軽すぎてこわいと言っている人もいました。

100万円などといった大きな金額をいきなり借りることは出来ませんが、私のように10万円、20万円がのどから手が出るほど欲しい人間にとってはありがたいと思う反面、

テレビコマーシャルなどでよく聞く、いわゆる『多重債務者』が増えやすい傾向にあるのかもしれません。

■まとめ

 ただ、人生、生きていれば誰だって急に必要な出費があることでしょう。

借りた金額が自分の現在の収入もしくは今後の収入見込みに見合っている金額なのであれば、さほど心配しなくてもいいと個人的には思います。

審査がなくすぐに借り入れが出来るところは自分がどれだけ自分自身の収支を管理できるかが大切です。

自分に必要な金額と、自分に見合った借り入れ体系をちゃんと考えて申し込みをしましょう。

審査が必要なカードローンでも、よっぽど借り入れ金額が大きくない限り、また、よっぽど返済状況が悪くない限りは無事に審査が通るはずです。

どの消費者金融のカードローンも住宅ローンほど厳しくはありませんので、安心してください。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*