初心者でも安心の有人窓口審査で不安を解消!!

名前(仮名) 借り入れ初心者
年齡 24歳
性別
職業 会社員
月収 13万
審査通過先 プロミス

初めてのカードローンは不安でいっぱい

どうしてもお金が必要になってしまった。今日中にまとまったお金が欲しいなどでカードローンを検討している人は多いのではないでしょうか?私もそんな人たちのうちの一人でした。どうしてもお金が必要でカードローンを申し込もうと考えていたのですが誰かにバレることはないのか、取り立てがあったりするのかなどと不安になることがとても多くなかなか踏み出せずにいたのです。

しかし迷っているだけでは何も解決することはありません。思い切ってカードローンの審査をお願いすることにしました。カードローンの審査の申し込みはネットで申し込むタイプや無人の契約機で申し込むもの、窓口で直接申し込むものなど多くの種類があります。どれが良いのか正直迷ってしまいました。そこで迷っているし不安なことも沢山あるので有人の窓口での審査をお願いすることにしました。

窓口でのカードローン審査の流れ

窓口での審査をお願いすることに決めてからはとりあえず窓口に行こうと思い近くのカードローン会社の窓口に向かいました。この時点で私はとても緊張していて不安が沢山あったのを覚えています。窓口では担当の方が笑顔で迎えてくれて審査の流れを丁寧に教えてくれました。

私が審査を行った大まかな流れとしてはまずは必要事項を書類に記入することから始まります。自分の生年月日から勤務先の住所や電話番号、さらに年収などを記入しました。するとここでまず仮審査が始まります。仮審査では申込者が信用できる人間なのかを審査しているようです。信用情報に記載があるのかなども調べていて20分ほどかかりました。

それが通ればいよいよ本審査となるのですが本審査では私が本当に会社に在籍しているのかを確認する在籍確認の作業がありました。ここで私はどうにか会社への電話を避ける方法で在籍確認をお願いできないものか話してみました。すると保険証で代用してくれるということになり保険証と免許証の提出で本人確認と在籍確認をしてくれるようになりました。

仮審査がすんでいたのでこれらの審査は10分ほどで本当にあっという間でした。ここで審査の過程は大まかに終了です。私はどうしてもお金を借りていることを周りの人には知らしたくなかったので在籍確認の電話を保険証で代用してくれたことは本当に助かりました。

担当の方も誰にもばれないように考慮してくれて本当にありがたかったです。この後にいよいよ借り入れの申し込みをすることができたのですが、財布を誰かに見られカードが見られて誰かにバレるというのも極力避けたいと相談するとカード不要のサービスもあることを教えてもらいカード不要でお金を借りることができました。

カードローンの審査が通りいよいよ借り入れ

私は上記のようにどうしても誰かにバレるということを避けたかったのでカードレスキャッシングというサービスを申し込ませていただきました。このサービスはカードローン会社で最近多く行われるようになったネット連動型のサービスでネットで申し込みをすればいつでもどこにいても指定した口座にお金が振り込まれるというものです。

もちろん明細などもメールで確認するので自宅に郵送物は一切届きません。これによって私は誰にも全くバレることもなくお金を借りることができました。また審査さえ終われば後の手続きは簡単で審査含め1時間かからずにお金を借りることができたのでとても助かりました。

不安でいっぱいの人は有人窓口で審査をお願いするべき

初めてのキャッシング希望の人は特にですがカードローンを申し込む人は私のように誰かにお金を借りたことがバレるのではないかという疑問をお持ちでしょう。これらの不安を笑顔の接客で解消してくれるのが有人の窓口です。

有人の窓口では担当の人が丁寧に借り入れから返済の流れを教えてくれわからないことがあったらその場で質問することもできます。初めてでわからないことばかりという人はまず窓口で審査の相談をしてみては如何でしょう。カードローン会社のイメージも大きく変わります。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>