家族や知人にバレたくなければ、ネット申し込みがオススメです

名前(仮名) 借入太郎
年齢 33歳
性別
職業 会社員
月収 27万円
審査通過先 モビット

■モビットに申し込む方法

私は現在30代の男性です。先日モビットを利用しました。ちょうど、友人の結婚式が重なり、まとまった現金が必要でした。

できるだけ早く、希望としては即日融資でお金を借り入れしたいと思いました。

さて、その際にモビットのサイトを見ていると、本人確認、在籍確認の電話がないということでした。

これなら家族や職場にもばれる心配がないと思い、モビットを利用することに決めました。

ここからは実際にモビットを申し込み、そしてお金を借り入れるまでの体験談を記したいと思います。

まず、私が申し込みを行った方法はWEBによる申し込みです。なぜWEBから申し込んだのかというと、1つは家にいながらパソコンを使って申し込みができるというメリットです。

仕事のため、日中は家にいませんし、さらにわざわざ無人契約機や店舗まで出向いて申し込みをする時間がありません。

さらに、家族や友達、職場の同僚に利用しているのを見られたくないという思いもありました。

もうひとつの理由は、WEBなら24時間申し込みを行うことができるという点です。これなら、家に帰って夜のうちにゆっくり申し込みを行うことができます。

さて、実際に申し込みを行ったのですが、WEBによる申し込みは非常に簡単でした。というのも、画面に表示されるフォームに従って、自分の情報を入力するだけだったからです。

特に複雑な操作をする必要もありません。さて、その際に準備する必要がある書類があります。まずは本人確認できる書類です。

こちらは免許証やパスポートで大丈夫です。さらに、収入を確認するための書類も準備する必要があります。例えば、源泉徴収票などです。

そして、モビットは職場への在籍確認の電話連絡がない分、それを補うために保険証(国保ではなくて、社会保険、組合保険)と給与明細書(直近1年分)の2点が必要になります。

ちょっと書類を準備するのは面倒かもしれませんが、職場への電話連絡がないと考えると仕方ありません。

以上のように、ちょっと準備する書類は多いですが、WEBから前日の夜に申し込みをしました。

■申し込みから審査まで

さて、翌日会社に出勤しました。

その後、仕事をしていてすっかり審査のことを忘れていたのですが、お昼前に審査結果の通知の連絡がきました。

無事に審査に通過しました。もっと早く審査結果が出るかなと思ったのですが、意外とかかりました。もしかしたら、書類が多かったりしたからかもしれません。

さて、その際に借り入れたお金の振込み可能の案内がされますが、私の場合は当日のうちにカードの発行を希望していたので、無人契約機からのカードを受け取りを希望しました。

ここで、注意したいのですが、もし即日融資を希望しているなら、確実にお金を受け取る方法として、カードの発行は無人契約機から受け取るようにしておく必要があります。

なぜなら、お金を引き出すためにはカードが必要だからです。それで、間違っても自宅にカードを郵送するようなことはしないようにしましょう。

■カードの受け取りから借り入れまで

さて、審査を通過したので後はカードを受け取るだけです。私の場合はちょうど午後4時ごろに職場からちょっと用事があり、外出する予定でした。

そこで、その機会を利用して近くの無人契約機でカードを受け取りました。さて、その際に本人確認をしないとカードは受け取れても発行されません。

ぜひ本人確認を忘れないようにしましょう。方法は非常に簡単です。免許証などをスキャンするだけです。

そして、カードを無事に受け取ってから、仕事が終わった帰りに家の近所のコンビニに立ち寄ってATMから無事にお金を借り入れることに成功しました。

■まとめ

モビットを利用してみて感じたことは、確かに電話連絡がなかったということです。

その分、必要書類は多くなってしまうのですが、家族や周囲にばれないということを考えると非常に大きなメリットだと思います。

また、WEBを上手に使うことによって、即日融資も楽に行うことができます。本当に必要なときに役立つサービスだと思いました。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>