同じグループの金融機関ゆえの保証の問題

名前(仮名) お金のなる木
年齡 45歳
性別
職業 会社員
月収 手取り25万
審査通過先 オリックス銀行

オリックス銀行カードローンへ申込み

以前から、オリックスクレジットの「オリックスVIPローン」という商品名の、カードローンを利用していました。金利も7.4%と低めに設定されたもので、限度額も180万円という契約です。過去の失敗から、カードローンのキャッシングの利用は、借入残高を積み上げてしまうと、毎月の返済額も多額になり、

その返済に充てる為に更にキャッシングをしてしまうという悪循環となるのを避け、ボーナス等のまとまった収入の有ったタイミングで、一括返済や場合によっては増額返済で残高をリセットすることを心掛けての利用としていました。

しかし、オリックスクレジットの「オリックスVIPローン」は、所謂消費者金融系カードローンとなる為、総量規制の関係から、どうしても限度額を180万円に抑えられてしまうので、より大きな限度額を得たいと考え、総量規制に捉われない銀行系のカードローンを申込んでみようと考えたのです。

限度額の大きさ、金利の低さ等を考え検討していましたが、インターネットでオリックス銀行カードローンのCMを見て、金利も低めに設定出来そうだし、銀行系であるが故、限度額300万円も得られる可能性が高いのではないかと考えたのです。申込みは、インターネットのオリックス銀行カードローンのCMをクリックすることで、HPへ入り詳細を確認した後、申込みをしてみました。

審査のスピード

契約申込みをインターネットで行った翌日、早くもオリックス銀行カードローンの保証会社であるオリックスクレジットの担当者から携帯電話に連絡が入りました。オリックスクレジットでは、既に私が自社の「オリックスVIPローン」の契約者であることを確認済でした。

申込み翌日での連絡も早いと思いましたが、契約済のカードローンを確認した上での連絡であることに少々驚いたが正直なところです。過去にも銀行系カードローンの契約申込みをした経験はありますが、インターネットで申込みをした翌日にアクションがあるのは早いのではないかと思います。

同じグループであるが故の問題

オリックス銀行カードローンの保証会社になっている、オリックスクレジットの担当者から言われた内容は、現在契約し利用している「オリックスVIPローン」を解約出来るか否かで、その後契約出来る内容が異なってくるというものでした。「オリックスVIPローン」の契約を継続したままでは、オリックス銀行カードローンの審査は不利になるとのことだったのです。同じグループ企業ならではの問題でした。

オリックスクレジットの「オリックスVIPローン」を契約をしている中で、更にオリックスクレジットを保証会社としてオリックス銀行カードローンを契約申込みしているのですから、当然なことなのかもしれません。連絡をして頂いた、保証会社の立場であるオリックスクレジットの担当者の方の案内では、「現在契約中のオリックスVIPローンを解約するのあれば、限度額300万円・金利7.1で審査を上げることが出来るのですが、解約出来ない場合には、限度額100万円・金利14%での紹介になります」とのことでした。

より有利な契約になるよう、利用していた「オリックスVIPローン」を解約して、銀行系であり限度額の大きな降りクス銀行カードローンへ乗り換えることが本来希望していたことですが、「解約した後のオリックス銀行での本審査が確実に通る保証は致しかねます」の言葉に、一気に熱が冷めました。

これまで普通にありがたく利用してきた「オリックスVIPローン」を解約してしまい、今回の本命として申込んだ「オリックス銀行カードローン」の本審査が最悪通らなかった場合、契約しているカードローンを失ってしまうことになるのです。結果、「オリックスVIPローン」の解約はしないことを決断しました。

審査結果

保証会社であるオリックスクレジットの担当者から連絡があった翌日、オリックス銀行の審査担当者から連絡が入りました。この点は、審査スピードは割と速い印象は変わりません。オリックスクレジットの商品「オリックスVIPローン」の契約を解約しなかった私への審査結果は、限度額100万円・金利14%となりました。

現在の「オリックスVIPローン」を利用していることから、「殆ど意味の成さない」カードローンではありますが、年会費も必要なく、全く無意味でもないであろうことから、「一応」カードを受け取るまでの契約を進めた形です。

契約申込み先と保証会社の関係まで確認する必要がある

カードローンを扱う金融会社は、今回私が経験したように、互いに保証会社として提携している場合もあります。保証会社である自社の商品を契約している方へ、新たなカードローンの契約先に対し保証することには、やはり難が生じるということだと考えます。

限度額や金利などを考え、新たなカードローンを契約し、借り換え等を検討する際には、ご自身が現在利用しているカードローンの保証会社は何処なのか?を、改めて確認することで無駄になり得る申込みを無くすことに繋がるのではないかと思います。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*