ソーシャルゲーム依存になり、借金までしてしまいました。

名前(仮名) 中田芳郎
年齢 22歳
性別
職業 学生
月収 5万円
審査通過先 プロミス

■なぜ借りるハメになったのか

私がお金に困ってカードローンした訳、それは一言で言えばギャンブル。

はっきりと言えばソーシャルゲームのガチャにお金をつぎ込みすぎたという大変お恥ずかしい理由になります。

当時私は大学に入るまであまりゲームを親からプレイさせてもらえなかった反動で一気にゲーム廃人となってしまい、そのようにゲームにばかり一心不乱に打ち込んでいた結果、ゲーム内のランキングでもそこそこの順位に位置する事ができ、それが自分の功名心と結びつき、それを維持、また上昇させるために、今から考えるバカらしくなってしまうぐらいの金額をソーシャルゲームにつぎ込んでいました。

ガチャを必死に回し始めた当初はそれまで貯金していたバイト代を使っていたのですが、そのうち貯金も無くなり、それでは足りず親にも無心しましたが呆れられるばかりで仕方なくローンを使うことにしました。

■借りる会社を選ぶにあたって

まず重要視したのは学生でも借りれると言う事。
学生OKのローンでないとそもそも審査を受ける事すら出来ません。

その次はやはり審査の短さでした、審査が遅く借りるのが遅れて、ガチャに投入するお金が間に合わなくなってしまっては本末転倒で困ってしまうからです。

これにより銀行のカードローンは候補から外れる事になりました。ネット銀行も同様に審査に時間がかかる場合があるので除外です。

これらを条件にインターネットを始め様々な方法で調べていった結果、プロミスから借りるのが一番自分の求めている条件に近くなるだろうという見解にいたりました。

理由として学生OKという点はもちろん、審査も迅速で場合によっては即日融資も可能だという事、また月々の返済金が他の会社と比べて低めという点が決め手でした。

当時は出来る限りガチャにつぎ込みたかったので、返済を始め他での出費を一円でも減らしたかったのです。

今まで自分でお金は借りたことはなかったので、さすがに数日悩みましたが、その間にも手持ちのお金はガチャに消えていくので決心し、ローンの審査を受ける事にしました。

■審査とその後

最初はインターネットのウェブサイト上で行うことが出来るウェブ申し込みを利用しようかと思いましたが、審査の解説サイトによっては、店頭に出向いたほうが審査がスムーズにいくとの記述や、ウェブ申し込みだとATMが使用できないなどの制限があると読んだので、それなら普通に店頭で審査を行ってもらった方が後々面倒もないだろうと思い、プロミスさんの店舗に出向きお金を借りたい旨をお願いしました。

審査自体は書類の提出の後すぐに通過したとの連絡があり、即日の融資も行ってもらえるとの事でした。

今までローンの経験も無く特に経歴に問題がないというのは事前に確認してから審査に出かけましたが、それでもこんなに早くお金を貸してくれるのかと驚いた記憶があります。

その後借りたお金は当初の目的どおりにソーシャルゲームのガチャにつぎ込み
、結果、レアが当たってランキングも上昇・・・という訳にはいかず、

たいしたものも引き当てる事ができず結果借りた10万円は電子の海へと消える結果となってしまいました。

さすがにこれほどの金額をつぎ込んだのにまともな物が当たらないソーシャルゲームというものをプレイするのが馬鹿らしくなってしまい、これをきっかけに徐々にガチャから離れ始め数ヵ月後にはゲーム自体アンインストールしてしまいました。

馬鹿な理由で借金などしてしまったと今でも思い返しては恥ずかしくなってしまいますが
、こんな事でもなかったら今でもズルズルとゲームを続けていただろうと考える事にし、いい教訓だったと思う事にしています。

■まとめ

消費者金融のカードローンは非常に手軽に借りることができるのでついつい頼ってしまいますが、だからといってあまり安易な理由で借金すると後々後悔するようになるので
、みなさんは私のように後悔しないよう、カードローンをするときは冷静に考えてから決断してください。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>