会社員は社会的信用があるうちにクレジットカードを作るべし!

名前(仮名) あこたん
年齢 31歳
性別
職業 自営業
月収 10万
審査通過先 アコム

体験しないとわからない

長年勤めていた仕事をやめて少ししてから、クレジットカードがないと少し困るようになりました。

その当時自分の中でカードの信用がなく現金主義でしたが、自営業を始めて少しクレジットカードが必要なりました。

特に疑いもなくANAのクレジットカードを申請すると、あっさり落ちてしまいました。審査の結果が薄い紙で返ってきたの、結構ショックな出来事でした。

こんなにも会社に属していないと社会的な信用がないのかと、そして結局それでしか判断されないんだなとも思いました。

その当時ある程度の貯金もあり生活に困っていませんでしたが、それは証明のしようがなく自営業を始めたばかりの人間に信用がないことがよくわかりました。

世の中社会の信用は大切

上記でも述べたように社会的信用というのは、獲得するのに時間はかかりますが失うのは一瞬です。

そしてどんな小さい会社でも会社に勤めているということだけで、定期的な収入が確実に入るので社会的な信用があるということがわかりました。それによって人からの判断も変わることもわかりました。

確かに自営業を始めて収入も全くない人間に、社会的信用を求められても困るしないのも当たり前の事実だと思います。なので社会的信用が得られているうちに、作成することが大切だとわかりました。

事前の準備が大切

そうこう自分の状況を嘆いていても始まらないので、ネットで散々調べた結果アコムのカードなら審査が通りやすいということがわかり、早速応募してみました。

結果はクレジットカードを持つことができました。

この状況でカードを持てる希望がありませんでしたが、この自分でもクレジットカードを持つことが出来るとわかり、大変救われました。

事前にきちんとどのクレジットカードなら審査に通るか調べ、自分の目的にあったクレジットカードを選ぶことが大切だと思いました。

色々調べると私と同じ状況でもやはり貸金業が発行しているクレジットカードは、比較的審査に通りやすいことがわかりました。

今はこれ以上必要性はないので、無駄に持つつもりはありませんがもし必要になった際には、ここからまた検索して作りたいと思います。

まとめ

何事もにおいてもですが知識と情報っていうのは、とても大切なことでそれがなければ、生きてるだけで余分なお金をとられたり損することが多いと思います。

今回のことを通じて痛感したのは、こうなる前にカードの審査が通りやすい状況にいたので、準備しておけばよかったということと、何でも情報をしっかり掴んで生かしていかなければならないということです。

壁にぶつかってから対応できることもわかることもあるが、それをしっかり考えて回避できることもあるし、結果的にそっちの方が合理的で自分の理想の形であるということです。

なのでもし今クレジットカードをお持ちでない会社員の方は、一つでもあればいいと思うので社会的信用があるうちに作って持っておいた方がいいということです。

年会費がかからないカードも多いですし、その場合持っていても全く問題ありませんし邪魔になりません。

英語の意味を調べるとクレジット=信用って意味だったと思いますので、クレジットカードを持ちたいなら社会的信用は大前提なんだということもわかりました。

そして同じクレジットカードでも審査が全く違うこともあります。

括りとしては同じですが会社によって大きな隔たりがあります。その辺の十分知識としていれておかないと、結局自分が悲しい思いをすることになります。

本来なら現金だけで過ごした方がいい場合もありますが、カードを使うことでポイントが貯まったりまた違ったコンテンツも存在するのでカードの方がいい場合もあります。自分の目的や用途に合わせて持つ必要があるなと思いました。

しかしもう二度とカードの審査で落ちて、紙だけの通知を見て悲しい気持ちになることは避けなたいなと思います。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>