実は銀行系と大差ない?!消費者金融のお得さを実感。

名前(仮名) 漫画一太郎
年齢 36歳
性別
職業 会社員
月収 18万円

■万が一の時のために

自分は、プロミスのカードを現在持っています。プロミスと言えば消費者金融のカードになります。

消費者金融は昔はあまりいいイメージを持っていませんでした。特に消費者金融から借入をする予定もありません。

ではなぜ自分がプロミスのカードを作ったかというと、

万が一の時のために持っておいた方がいいと思ったからです。審査もインターネットで出来るのでとても簡単にカードを作ることが出来ました。

■プロミスのカードを作るきっかけ

プロミスのカードを作るきっかけは、ポイントサイト経由でプロミスのカードのキャンペーンをしていたのがきっかけです。

プロミスのサイトで内容を確認してみると、年会費もかからず、返済や借り入れもスマホで完了してしまう事を知ってとても便利だと思い作ることにしました。

もちろんポイントサイトから貰えるポイントにもとても魅力を感じました。

■自分が審査を受けた流れ

自分がプロミスの審査を受けた流れを書きます。

まず、キャンペーンをやっているポイントサイトのプロミスのバナーからプロミスに入りました。

出てきた画面は、審査用の画面で、住所や年収や職業など必要事項をスマホで入力していきました。物凄く簡単でした。

そして身分証明になる免許証をスマホで撮影して添付して審査に必要な事はすべて完了しました。時間にしたら10分程度で終わりました。

後日、本人確認のため偽名でプロミスから職場に連絡があったはずです。
審査完了から1週間も経たないうちに、自宅にプロミスのカードが届きました。あまりの簡単さにビックリしました。

そして、ポイントサイトを確認してみると、条件通りのポイントが加算されていてとてもうれしかったです。

プロミスの審査はとてもスムーズでした。そして誰にも知られることもなくカードを作る事が出来ました。

プロミスのサイトでいろいろ見ていくと、銀行カードより便利でお得に使えることもわかりました。

特に感じたのが、手数料関係です。なんと手数料が掛からずにATMでも返済や借入が出来る事には驚きました。

土日関係なしで手数料が掛かりません。数千円といった金額が土日に必要なら、断然プロミスのATMを利用した方がお得だと知りました。

■実はお得な消費者金融

消費者金融のカードと言えば、高い利息でとても大変なイメージがありましたが、詳しく知っていくと利息もほかの銀行系カードとほぼ同じ利息でした。

審査も銀行系よりスムーズでした。

手数料関係なら断然消費者金融のカードの方がお得です。
消費者金融のカードはポイントサイトなどと連携した物凄くお得なキャンペーンも沢山あります。

借入の方法も、コンビニATMや消費者金融のATMからの借入方法や、スマホを使っての銀行への入金といった借入方法、とても便利に借入もできます。そして手数料が掛かりません。

■まとめ

自分は、ポイントサイト経由でお得なキャンペーンを利用して、審査を通過してプロミスのカードを作り、万が一の時のためにプロミスのカードを財布に忍ばせています。
借入可能枠は、50万円です。

いつ何時思わぬ出費があるかわかりません。でもこんな感じでスムーズに50万円を借入できる状態を作っておけば、とても安心です。

自分にとって、意外と利便性高く借入出来る消費者金融のカードはいわばお守りのような存在になっています。

簡易的な審査で50万円借入出来る状態は、ほとんどの人が可能だと思います。
借入しようと思えばいつでもできますが、やはり簡単にお守りは使ってはいけないと思っています。

プロミス以外の消費者金融カードは現在持っていません。自分は、消費者金融カードはプロミス一本で使っていくつもりにしています。

訳は、プロミス一本にしておけば、プロミス側にも信用が付くと思うからです。
利息の優遇も複数の消費者金融を利用している人より、断然有利に扱われるはずだからです。

消費者金融カードの審査は比較的スムーズに通りますが自分はこのスタイルで行くつもりです。銀行系より断然お得だと思います。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>