人付き合いの出費で給料だけじゃたりず、カードローンに申し込みました。

名前(仮名) キタキツネ
年齡 32歳
性別
職業 会社員
月収 35万円
審査通過先 アコム、モビット、レイク

楽天銀行のカードローンを利用しようとした理由

数年前、楽天銀行のカードローンの審査に申込みを行い、審査を受けた経験があります。私は会社員でそこそこ月収もありましたが、人付き合い(特に夜関係)に結構なお金を費やしていましたので、毎月の給料だけでは足りなくなり、楽天銀行のカードローンに審査の申込みを行いました。

楽天銀行のカードローンを利用しようと思ったのは、同社が銀行ということで、総量規制の縛りを逃れた利用が可能と考えたためでした。消費者金融のカードローンを利用しようとする場合、年収の3分の1までに利用可能額が制限されてしまいます。

私は結構まとまった金額の利用を考えていましたので、ここで制約を受けることは望んでいませんでした。また、大手都市銀行のカードローンの場合、審査が厳しくなる傾向がありますので、私の与信状況を自分なりに文責したとき、ネット系の金融機関のカードローンが利用しやすいかなと考えたわけです。

一昔前にカードローンを利用したことはあったので、大体どんな流れで審査や手続きが進むのかということは理解していたつもりですが、それにしても最近のカードローンの審査などはスピーディーに進むものだと感心させらました。

実際の審査の流れについて

カードローンの申込み手続きはインターネットを利用して同社のホームページから申込みを行いました。私の場合、利用可能額は200万円で設定し、あとは会社の連絡先など必要な情報を一つ一つ入力していき、申込み手続き自体は終了です。たぶん一連の作業には15分もかからなかったと記憶しています。

200万円と言うと、世間一般に考えても結構まとまった金額だったので、審査はどうかなとも思ったのですが、その日のうちに返信メールが来て、仮審査に通過したという連絡がありましたので、拍子抜けしたものでした。その時に限度額200万円でまずはOKという連絡が来て、仮の金利が設定されていました。

その上で、本審査がありますので、もう少しお待ちくださいという2段構えで審査が行われました。そして、翌日には本審査に通過しましたとの連絡が来て、その時に提示された金利は仮審査で提示された金利より若干低かったので、その日のうちに承諾する旨、連絡をして早速申込み手続きに入りました。

後はベルトコンベアーに乗せられる資材のように淡々と手続きが進んでいき、数日の内に限度額を200万円として利用が可能となりましたので、最初に100万円を、次に50万円くらいを引き出して早速使わせて頂きました

返済のパターンと完済まで

最終的には、限度額200万円ほとんどギリギリ位まで利用して、後は粛々と返済を行っていきました。毎月の返済額は3万円でしたので、毎月の負担感はそれほど感じませんでした。しかし、当然金利が上乗せされた上で支払いを行っていくわけですので、夏冬のボーナス時などには数十万円程度、まとめて返済も行っていきました。

しかし、必要なときに必要なだけのお金が利用できる状況というのは便利なもので、今は完済をしたのですが、カードローンの契約自体は解約にせず、今も生きた状態にしています。

先日もちょっと利用する機会があったのですが、当時に比べても金利がびっくりするほど安く設定されていましたので、お金を借りるのにはとてもいい時代になったなと感じたものでした。

カードローンの審査のまとめ

カードローンの審査は、貸し出しを行う会社によって若干やり方は違うのかもしれませんが、私の知る限り、とてもスピーディーで、昔と違って対面で手続きを行う必要もなく、大体はメールのやり取りなど、インターネットを経由してどんどん進んでいきますので、躊躇している人は勇気を振り絞って審査に臨んでみると良いでしょう。

たぶん、拍子抜けするほど審査は淡々と進んでいきますし、落ちたら落ちたでその時にどうするか考えてみれば良いだけだと思います。今はマイナス金利の時代で、お金を借りるのにはとても有利に物事を進めることができる時代ですので、きちんと返済する見通しのある方は積極的に応募してみても良いのではと思う次第です。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>