不幸続きでしたが、カードローンに助け舟を出してもらいました。

名前(仮名) 都木かな
年齡 28歳
性別
職業 会社員
月収 20万
審査落ちた先 プロミス

なぜ借りたのか・・・

そもそも借り入れするにあたって理由がありますよね?カードローンを利用することなんて一生ないと思っていました。みんな自分にお金があれば借り入れするわけないですし。CM見ても気にも止めたことなんてなかったです。

でもその時は、本当に運がつきたか・・・と思うほどにお金が入用でした。仕事を変えたばかりでお給料も下がった直後に、当時同棲していた彼氏と別れることになり、引っ越しを余儀なくされました。少しづつ貯めた、貯金を使って引っ越し。

その後は生活費が同棲していた時より今まで以上にかかるため、残業も必死にしてお金を貯めないとと思い、生活費の確保の努力をしましたが、ストレスで胃潰瘍で入院。生命保険を使っても入院費一部は自己負担。

その数日後に、インフルエンザで自宅療養。仕事にならず確保どころか大きなマイナスでした。仕事にならなかった分、給料もない状態でしたので、支払いが追い付かなくなりました。その上に、大親友の結婚式。欠席するわけにもいかないと思いつつも、周りにはもちろん親にも言い出すことができませんでした。

借りるしかない・・・

覚悟を決めて、借りるしかないと言っても給料もわずか。返せる金額にも、もちろん限界があります。借りる金額にも。そもそも大手でもない会社勤めで、勤続年数がかなり短い状態で、借りれるのか分からないですし、カードローンを利用したことがない私には本当に不安しかありませんでした。

CMを見ては番号を控えてみたり、ネットで検索してみたり。金利のこともよく分かっていない状態ですし、どこがいいか全く分かりませんでした。周りに相談できないこともあり自分で探すしかないなと、一日中探していました。仕組みを理解できた時に一番の心配が、勤務先への電話確認。社員個人に電話がかかってくることが絶対にない会社に勤めていたので、電話確認がないカードローンを利用しないと、電話がかかってきた時点で会社に確実にバレてしまうんです。

ネットでは、個人名で電話確認するので安心。なんて記載があっても、私からするとバレる不安しかなくて、審査を通すことすらできませんでした。ネットの口コミでかなり探して本人確認書類をしっかりすれば電話確認しなくてもいい可能性があるローン会社がプロミスでした。支払いや結婚式も迫っていた状態だったので、ウェブ完結が主流らしいのと、早いだろうということで、ネット上で審査を通しました。

慣れていないので、流れをよく読みながら写真添付、個人情報入力、最後に本人確認の電話が携帯にかかってきました。電話では優しいお姉さんが対応してくれました。怪しまれるのは承知で、念を押すかのように、理由を説明し会社には電話しないでほしいってお願いをしました。大丈夫ですよと言ってくれ、安心したのを今も覚えています。電話確認に関しては、みんなに当てはまるわけではないようです

いざ返済!

お金を借りてその月を乗り越えた後、待っているのが返済です。コンビニで返済できるのが気楽で、振り込み手数料がかからないのがメリットに感じました。返済も店舗に行かなくていいし、ATMの時間も気にしなくていい。返済日もメールで通知してくれるので返済忘れも一回もありません。

さらに、意外だったのが、お金がある時には多く返済もできますし、お金に余裕がない!という時は、もったいないですが最低返済額のみ返済でいいところ。元金は減らないですが、毎月返済に追われると覚悟していたので、自分の生活に合わせて返済できるところは本当に助かっています。まだ多少残っているので頑張って返している最中です。

最後に

借りずに済むならもちろんいいにこしたことはないのですが、生きていれば急に入用になることもあるんだなと実感しました。借りてみて本当に助かったので、後悔はしていません。初体験で、お金を借りることにかなり抵抗はありましたが、困ったときに助け舟のような感じでとても感謝しています。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>