低金利で高額のカードローンを借りた結果

名前(仮名) 岡村小太郎
年齡 32歳
性別
職業 会社員
月収 手取り19万
審査通過先 SMBC、ジャパンネット銀行

最初の借り入れ。三井住友銀行のカードローン

海外FXに手を出していた私は、取引のためのお金を家族に内緒で工面するためにホームページからの申し込みを行った。過去に他の金融会社からも借りたこともある経験から、家に明細などが届かない銀行を選んだ。それが三井住友銀行のカードローンだ。(以下SMBC)

SMBCへは休日の晩に申し込み。次の日には電話連絡があった。証明書の提出などのために、契約機まで来て欲しいとのことだった。証明書は、免許証・保険証など。早速、会社帰りに行くことに。会社での仕事中に、外線からの電話。何かと思えば、SMBCの担当者からだった。

在籍確認の電話だったようだ。カード発行の手続きについては本日、契約機に出向くとの返事を行い、電話を切った。契約機はプロミスと同じ。プロミスはSMBCの傘下なので。いざ契約。ホームページからの入力項目で限度額は300万で依頼を出していた。300万までは収入証明書の提出不要だったからだ。

そして、契約が進むと限度額は220万に決定した。かなりの高額だ。年収の半分以上。そして、月々の返済額は3万円。割とあっさり、カードが作れてしまった。そして、このカードを使って海外FXの取引を開始することになった。

2枚目のカード。ジャパンネット銀行カードローン。

SMBCへの申し込みと同時に、キャッシュカードを持っていた「ジャパンネット銀行」のカードローンにも申し込みをしていた。こちらは、ログイン後の画面から審査の申し込みを行った。住所などの情報は口座を作ったときに確認してあるので入力も無く進んだ。

審査結果についてはメールでの結果配信。こちらはあっさりと180万の枠をゲットしてしまったのであった。また、ジャパンネット銀行カードはVISAデビットカードでもあるのでカードローンから借りて入金しておけばクレジットカードとしても使えてしまう代物だった。

ジャパンネット銀行カードローンの借り入れ方法はいたって簡単。ログインしたホームページから、借り入れのメニューがあるので選択⇒そこから借り入れ額を入力(千円単位)すると自分の口座に振り込まれるのです。なんと、ATMに行く必要もないという手軽さ。

この手軽さゆえに、借り入れのスピードが更に加速するのは、言うまでもないことです。ジャパンネット銀行・・・内緒で借金するのに都合が良すぎる銀行です。まず、ネット銀行ということでカードのみ。そして明細なども要求しないと送られてきませんのでそういった部分からもばれることはないです。

不満点といえば、3万円以下の出金・入金のときは手数料がかかることでしょうか。手数料が高すぎます。通常の銀行として使うならば、住信SBIネット銀行ですね。こちらもカードローンがあります。

借り入れ後の初返済

初めての借り入れから2ヶ月後に初返済の期日が来たので返済を行いました。SMBCについては、コンビニのATMでの返済となります。
もしくは、プロミスとかの契約機でもいいのですがあそこに入るのはちょっと周囲を警戒する必要もありますのでコンビニのATMで返済しました。

ジャパンネット銀行のカードローンは、銀行口座に金を入れておいたら自然に引き落としが完了していました。このときは、全額の借り入れもしていなかったので月々の支払いはまだ、1万円以下でした。借り入れ金額があがるほどに、返済金額も上がっていきます。SMBCの場合は200万以上で月3万。ジャパンネット銀行は180万の場合は月3万である。同じくらいの数字に落ち着いているのは、約5年で完済できるように設定されているからである。

まとめ

高額のローン2種類を契約しましたが、毎月の必要金額は最高約6万円です。金利もどちらも8%。低金利ですね。これだけの額を借りていると、金銭感覚もちょっとくるってしまいそうです。

ちなみに、100万くらいの借り入れの場合はSMBCもジャパンネット銀行もこんな金利ではありません。100万くらいの借り入れでこの金利を実現できるのは、ろうきんカードローンくらいのものではないでしょうか?

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>