債務超過にならない、現在の工夫の要領について

名前(仮名) TOHEIJI
年齡 45歳
性別
職業 自営業者
月収 25万円
審査通過先

以前よりも増やした債務の現状

私自身現在、これまでの仕事での収入面においての収益自体がプラスであったという現状もあり、あえて借り入れ増額の方を行い、それまでの約58万円であった債務の総額といったものを、30万円程度増やして、約85万円という、100万円分に近い債務総額に、意識的に行いました。

専門事業としている記事作成請負業での記事内容のレベルといったものが上がっている分、それだけにそれらのための専用ソフトウェアなどのツールとかが必要になったりしていましたので、そういった、さらなる借り入れ額の増加といったものに関しては、やはり、仕方の無い面とかもありました。

その分、確かに支出などが増えたりしてしまいましたが、それでも収益なども増加をしたりしていますので、決して無駄ではなかったと、私自身は考えています。

借り入れた商品を組み合わせてく要領やタイミング

確かに債務というものも、借金には変わりがありません。しかし、場合によっては、こういっか貸付サービスなども利用をしたりしていかなければ、事業運営の最終目的を果たせないだけではなく、さらなる収益増加などを図ることさえも難しくなり、挙句の果ては現在までの債務全額の返済や完済までをも全て、困難になってしまうような恐れさえもあります。

そのような事態は、私達のような自営業者である人間にとっては、間違いなく、多大なるピンチそのものといえます。そうした想定されうる最悪なシナリオを予想しつつ、自営業者としても、借り入れ増額を行うタイミングなどといったものを、ようく認識をしていく必要性があります。

しかしながら、実際にはそうした経験などは、私などもこれまでの自身の過去からも踏まえてみて、大変難しい課題ではありました。そういった経緯もあり、その点は現在やっている就業分野においての現状を踏まえながら、見極めていくしか方法が無いというのが、正直な今のところの私からの意見です。

収入と支出とのバランスを考えていく基本のカタチ

これは今話した内容の続きにもなりますが、以前の記事でも私が話したように、自営業者においての「収入と支出とのバランス」を上手く取りながら、債務の増額や完済のタイミングを図っていく事が、間違いなく重要といえます。

そして、1年以上もの割と長期に亘り借り入れをしている消費者金融業者からの債務などは、一旦、全額返済をしたりした方が、断然お得かもしれません。その商品自体が、利息の仕組みが単利あるいは複利の何れの利息設定ではあったとしても、年毎に増えていく事には間違いがありませんので、そうした古い商品の借り入れのものは、一旦収益などが増えたりした際に、全て完済の方をしていく心掛けが、大変賢い方法であり、ベストな判断の方法であると考えられます。

最後に

現在、ちょうど設備投資やコンピューター環境での変更等があったりしたおかげで、収益面が私の事業では赤字になっている様子でもあります。しかし、これはあくまで計画的な収益を増やしていくための、今後の展開といったものを見据えた債務増額などという方針ですので、計算のうちに含まれてはいます。

しかし、国や自治体などのような政府組織などの場合とは異なり、収益源を確保をしなければ事業自体がたちまち行き着かなくなり、潰れたりしてしまうようなリスクの危険性を抱えている面は、決して否定はできません。それでもやはり、借り入れを増やすといった決断をして、債務増額で85万円前後という借金を増やしている現状は、損失を回収出来る見込みが私自身にある程度はありますので、そうした計算に基付いているので、何とかなりそうです。

それでもやはり、自然災害その他、様々な事象や業界内においてのコンピューター環境面においての変化等も大いに考えられますので、どのような事が起きるかはわかりません。そうした面では、中々気が抜けないという様子でもあります。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*