申込む前に予め知っておくと助けになる情報

みずほ銀行カードローンでは学生の借入れ申込みにも対応!

みずほ銀行カードローンは、エグゼクティブプランとコンフォートプランの2種類のプランを提供しています学生の利用も可能なカードローンです。低金利で利用できるみずほ銀行カードローンは、学生のニーズにもピッタリのカードローンだといえるでしょう。今回は学生がみずほ銀行カードローンを利用する場合の注意点について、さらに詳しく確認してみたいと思います。

エグゼクティブプランとコンフォートプランの特徴について紹介

みずほ銀行が定める利用条件を満たすことが必要になります!

みずほ銀行カードローンは学生でも利用することができるカードローンなのですが、実際に利用するためにはみずほ銀行が定める利用条件を満たすことが必要になります。みずほ銀行カードローンの利用条件は以下のとおりです。

  • 契約の時点において満20歳以上66歳未満であること
  • 継続的な安定した収入を得ていること
  • 保証会社による保証が受けられること

学生がみずほ銀行カードローンに申し込む場合には、特に年齢の条件収入の条件が重要になります。未成年の学生はみずほ銀行カードローンに申し込むことはできませんし、また自分自身の収入がない学生の場合にも同様にみずほ銀行カードローンに申し込むことはできません。パートやアルバイトなどによる収入があれば自分自身の収入として認められますが、一方で親からの仕送りや奨学金などは自分自身の収入とは認められないのです。「パートやアルバイトなどによる自分自身の収入がある20歳以上の学生」であることが、みずほ銀行カードローンへの申し込み条件だと考えてください。

学生がみずほ銀行カードローンの審査に通過するためには?

みずほ銀行カードローンを利用するためには、審査を受けてこれに通過することが必要になります。学生がみずほ銀行カードローンの審査に通過するためには、どのようなポイントに注意をすればよいのでしょうか。

パートやアルバイトなどの勤続年数が長ければ審査では有利になります!

みずほ銀行カードローンでは担保や保証人なしで、申込者の信用に基づいて融資を行うことになります。審査では特に返済能力が重視され、具体的には申込者の勤続年数や雇用形態や年収の額などが確認されるのです。学生の場合にはパートやアルバイトなどによる収入に基づいて借り入れを申し込むことになるのですが、この時には同じ勤務先に長期間勤務していることが有利に判断されます。

勤続年数が長い人の場合にはその後も継続して勤務を続ける可能性が高くなりますので、カードローンで借り入れを利用しても確実な返済が可能だと判断されるのです。一方でパートやアルバイトなどによる収入が多い人であっても、勤続年数が短い人の場合には審査では不利になります。その後仕事を辞めてしまう可能性があるため、安定した収入を得ているとは認められないのです。

優良な利用履歴(クレヒス)があれば審査では有利になります!

さらにみずほ銀行カードローンの審査では、信用情報機関に対して情報の照会が行われます。信用情報機関は金融機関が共同で管理しているデータベースであり、利用者のカードローンなどの利用履歴が登録されているのです。確実な返済を行った利用履歴があれば審査では有利になりますし、一方で延滞などの履歴があれば審査では不利になります。

優良な利用履歴があればみずほ銀行カードローンの審査では有利になるのですが、初めてカードローンに申し込む人はクレジットカードの利用履歴(クレヒス)に注目しましょう。カードローンの審査ではカードローンの利用履歴と同時に、クレジットカードの利用履歴も確認されることになります。少額の利用でも立派なクレヒスになりますので、公共料金の引き落としなどにクレジットカードを利用してみてください。

その他にはスマホなどの携帯端末を、分割払いで購入するという方法もあります。近年では携帯端末が高価になっているため、購入料金を分割払いで通話料金と一緒に支払うケースが増えているようです。こちらも確実な返済を続ければ優良な利用履歴として認めてもらうことができますので、みずほ銀行カードローンの審査では有利に判断されることになります。

みずほ銀行カードローンの審査は、銀行保証会社により行われることになります。カードローンを利用するためには銀行による審査と保証会社による審査の両方に通過することが必要になりますので、特に収入の少ない学生の場合には信用を高めるための工夫が欠かせないといえるのです。みずほ銀行カードローンへの申し込みを検討している学生の人は、まずは優良な利用履歴を作ることから始めてみてはいかがでしょうか。

みずほ銀行カードローンと学生ローンにはどのような違いがあるのでしょうか?

学生を対象としたカードローンといえば、学生ローンを思い浮かべる人が多いかもしれません。学生専用のカードローンサービスが学生ローンなのですが、みずほ銀行カードローンと学生ローンにはどのような違いがあるのでしょうか。

学生ローンについては中小の消費者金融などが提供していることが多く、金利条件や利用限度額などについては通常のカードローンと同じか、あるいは若干条件が劣るようです。中小の消費者金融では返済方法が直接の手渡しか銀行振り込みのいずれかに限られますので、学生の場合には卒業後には手渡しによる返済が難しくなるかもしれません。また銀行振り込みの場合には振込手数料は利用者の負担になりますので、返済が長期化すると手数料の負担が増加することになります。

一方のみずほ銀行カードローンはみずほ銀行が提供するカードローンですから、学生が卒業した後も日本全国で利用することができます。さらに返済は手数料の負担なしで口座振替により行われますので、安心して気軽に借り入れを利用することができるのです。また返済に余裕があれば、みずほ銀行のATMを利用して任意返済を行うことができます。借り入れ元本を減らして早期の完済を目指すことができますので、任意返済の積極的な活用を検討してみてください。

みずほ銀行カードローンと学生ローンを比較してみると、やはりメリットの多いみずほ銀行カードローンへの申し込みが有利だといえるでしょう。学生がカードローンの利用を希望するのであれば、まずはみずほ銀行カードローンに申し込んでみることをおすすめしたいと思います。

0

みずほ銀行カードローンでは、借入限度額の増額には申込みが必要!

みずほ銀行カードローンの借入限度額は申し込みの際に、審査により利用者ごとに個別に決定されることになります。ただしその後の利用状況などに応じて、借入限度額の増額が認められる場合などもあるようです。今回はみずほ銀行カードローンで借入限度額の増額を申し込むための方法などについて、さらに詳しく確認してみたいと思います。

みずほ銀行カードローンでは借入限度額はどのように決定されるのでしょうか?

みずほ銀行カードローンでは、コンフォートプランエグゼクティブプランの2種類の利用方法が設定されています。いずれも借入限度額は最大で1000万円まで認められますので、みずほ銀行カードローンは大きな金額を借り入れることができるお得なカードローンだといえるでしょう。さらにみずほ銀行カードローンには貸金業者を規制する総量規制は適用されませんので、年収の3分の1を超える金額の借り入れや自分の収入がない専業主婦の借り入れなども認められます。

コンフォートプランとエグゼクティブプランの違いについて

ただし実際の借入限度額については必ずしも大きな金額の借り入れが認められるのではなく、審査により利用者ごとに個別に決定されることになります。利用者の申し込み条件などによっては、希望する借入限度額が認めれない場合などもあるようです。

借入限度額については増額を申し込むことができます!

みずほ銀行カードローンの審査に通過すると利用者ごとに借入限度額が決定されるのですが、その後カードローンの利用を続けていると借入限度額が足りないと感じることがあるかもしれません。そのような場合には借入限度額の増額を申し込むことができます。

みずほ銀行カードローンの借入限度額の増額を希望する場合には、みずほ銀行の公式ホームページからカードローンへの再申し込みの手続きを行ってください。すでにみずほ銀行カードローンの契約をしている人の場合には専用の項目の入力が必要になりますので、そちらについても忘れずに入力するようにしましょう。

借入限度額の増額のためには審査を受けてこれに通過することが必要になります!

みずほ銀行カードローンに借入限度額の増額を申し込むための手続きは、パソコンやスマートフォンなどから手軽に行うことができます。ただし実際に借入限度額の増額を受けるためには、再度みずほ銀行による審査を受けてこれに通過することが必要です。前回の申し込みの際よりも収入の額が増えた人や、返済をして他社からの借入件数や借入総額が減った人などは、借入限度額の増額の審査では有利になるかもしれません。

一方で転職などにより収入の額が減った人や、他社からの借入件数や借入総額が増えてしまった人などは、借入限度額の増額の審査に通過することは難しいかもしれません。また一部の場合には借入限度額を減額されてしまう場合などもありますので、利用限度額の増額の申し込みについてはくれぐれも慎重に判断するようにしてください。

借入限度額の増額の審査ではさらに、カードローンの利用状況についても確認されることになります。一定の借り入れを利用して確実な返済の履歴がある人は審査では有利になりますが、カードローンの契約をしてからまったく借り入れを利用していない人は審査では不利になります。これは利用履歴が存在しない人の場合には、信用を判断することができないことが理由となっています。一方で確実な返済の履歴を積み重ねることを心がければ、信用が高く評価され利用限度額の増額が認められやすくなるのです。

借入限度額の増額の申し込みは、インターネットから24時間365日いつでも自由に行うことができます。ただし実際の審査が行われるのは平日の9時~17時までの時間帯に限られますので、それ以外の時間帯に申し込んだ場合には審査の結果はみずほ銀行の翌営業日以降に通知されることになります。できるだけ早く審査の結果が知りたいという人は、平日のできるだけ早い時間(午前中など)に申し込むようにしてください。

借入限度額の増額を申し込むためには何を準備すればよいのでしょうか?

希望する増額後の借入限度額が200万円以下であれば、みずほ銀行ダイレクトを利用している人の場合には特に準備が必要なものはありません。みずほ銀行ダイレクトを利用していない人の場合には、みずほ銀行の普通預金口座の通帳を準備することが必要になります。

通帳を準備することができない人は、本人確認ができる書類を準備してください。本人であることが証明ができる書類としては、住所・氏名・生年月日が記載されたものを利用することができます。具体的には以下の書類の中から、いずれかを準備するようにしましょう。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • 住民票
  • 印鑑証明書
  • 運転経歴書
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード

希望する増額後の借入限度額が200万円を超える場合には、さらに収入の金額が証明できる書類の準備が必要になります。具体的には以下の書類の中から、いずれかを準備するようにしてください。

  • 納税証明書
  • 住民税決定通知書
  • 源泉徴収票

いずれの書類についても、最新のものを準備することが必要になります。また書類に不備があると審査のために時間がかかりますので、特に即日融資を希望する場合には事前に必要な書類を準備しておくようにしてください。

大きな借入限度額が認められれば低金利が適用されることになります!

みずほ銀行カードローンの金利条件は、コンフォートプランでは年4.0%~14.0%、エグゼクティブプランでは年3.5%~7.0%となっています。これは様々な銀行系カードローンの中でも特に割安な金利設定だといえるのですが、みずほ銀行の住宅ローンを利用している人の場合にはさらに0.5%の金利の優遇を受けることができます。

みずほ銀行カードローンの金利条件は一定の幅を持った設定がされているのですが、これは認めらた借入限度額により適用される金利が異なるからなのです。通常は借入限度額が少額の場合には高い金利が、また借入限度額が大きい場合には低い金利が適用されることになりますので、借入限度額の増額が認められば従来よりも低金利で借り入れが利用できるかもしれません。

みずほ銀行カードローンの借入限度額の増額を申し込むためには、利用開始から1年以上の利用履歴を有することが必要になります。まずは確実な返済を心がけて、しっかりとした利用履歴を積み重ねて信用を獲得することから始めてみてください。

0

みずほ銀行カードローンにはパートやアルバイトなどの人でも申し込むことができるのでしょうか?

みずほ銀行カードローンには誰でも手軽に申し込むことができるのですが、パートやアルバイトなどの人でも利用することができるのでしょうか。今回はパートやアルバイトなどの人がみずほ銀行カードローンに申し込む場合の注意点などについて、詳しく確認してみたいと思います。

パートやアルバイトなどの人でもみずほ銀行カードローンを利用することはできるのでしょうか?

パートやアルバイトなどの人でも利用条件を満たすのであれば、みずほ銀行カードローンには問題なく申込むことができます。みずほ銀行カードローンの利用条件については、以下のとおりとなっています。

  • 契約時の年齢が満20歳以上66歳未満であること
  • 継続的な安定した収入を得ていること
  • 保証会社による保証が受けられること

雇用形態などについて具体的な規定はありませんので、正社員ではないパートやアルバイトなどの人であっても継続した安定した収入の条件を満たすのであれば申し込みが可能になります。ただし年齢による制限がありますので、未成年者はみずほ銀行カードローンに申し込むことはできません。

自分自身の収入がない専業主婦の場合には、配偶者が上記の条件を満たすのであれば利用限度額30万円までの範囲内で申し込みが認められます。また外国人の場合には、申し込みのためには永住の許可を受けていることが必要になります。

パートやアルバイトなどの人がみずほ銀行カードローンの審査に通過するためには?

みずほ銀行カードローンを実際に利用するためには審査を受けてこれに通過することが必要になります。パートやアルバイトなどの人がみずほ銀行カードローンの審査に通過するためには、以下のような項目に注意をしてください。

みずほ銀行カードローンの特徴についてはコチラ

勤続年数の条件が重視されます!

パートやアルバイトなどの人がみずほ銀行カードローンに申し込む場合には、審査では特に勤続年数の条件が重視されることになります。みずほ銀行カードローンの利用条件は「継続的な安定した収入を得ていること」となっていますので、パートやアルバイトなどの人が継続した安定した収入を得ていると判断されるためには、ある程度の期間継続して勤務を続けていることが必要になります。

例えば月額30万円の収入を日雇いのアルバイトで得ている人と、週3日コンビニでアルバイトをして月10万円の収入を1年程度継続して得ている人の場合には、後者の方がみずほ銀行カードローンの審査には通りやすくなります。ただし日雇いのアルバイトであっても派遣で働いていて、派遣元となる会社に1年以上登録をしているのであれば、日雇いであっても安定した収入を得ていると判断されるかもしれません。

みずほ銀行カードローンの審査では同じ勤務先に1年以上継続して勤務している人が有利になりますので、パートやアルバイトなどの人にはできるだけ勤務先を変更しないことをおすすめしたいと思います。またパートやアルバイトなどを始めて間もないという人は、勤続年数が1年を超えてから申込むようにすれば審査に通過しやすくなるはずです。

借入限度額は必要最少限度で申し込むようにしましょう!

みずほ銀行カードローンには借入限度額を年収の3分の1に制限する総量規制は適用されませんので、基本的には自由な金額の借り入れを申し込むことができます。ただし借入限度額については申込者の返済能力に基づいて個別に決定されることになりますので、大きな借入限度を希望した場合には審査は厳しく行われることになるのです。みずほ銀行カードローンの審査に確実に通過したいのであれば、必要最少限度の借入限度額で申し込むことをおすすめします。

審査ではクレジットカードの利用履歴なども確認されます!

みずほ銀行カードローンの審査では、信用情報機関に対して情報の照会が行われます。この時には利用者のカードローンの利用履歴が確認されるのですが、さらにクレジットカードや分割払いなどの利用履歴についても確認が行われますので、これまでにクレジットカードや分割払いなどの返済を延滞したことがある人審査に通過することが難しくなってしまうのです。

さらに近年ではスマートフォンなどの携帯端末を分割払いで購入する人が増えているのですが、この場合には月々の返済を通話料金の支払いと一緒に行うことになるため、自分では気が付かないうちに延滞をしてしまうことが多いようです。さらに日本学生支援機構の奨学金を利用している場合には、奨学金の返済についても延滞をしないように注意が必要になります。

これらの支払いを延滞して悪質な利用者だと判断されると、延滞の履歴が信用情報機関に登録されることになります。一度登録された延滞の履歴は5年程度が経過するまでは抹消されませんので、それまでの間はカードローンやクレジットカードや分割払いなどの利用が制限される「ブラックリスト状態」になってしまうのです。ブラックリスト状態が解除されるためには時間を待つ以外に方法はありませんので、くれぐれも延滞などをせずに確実な返済を行うことを心がけるようにしてください。

パートやアルバイトなどの人がみずほ銀行に申し込む際の手順は?

みずほ銀行カードローンにパートやアルバイトなどの人が申し込む場合には、みずほ銀行の普通預金口座を持っているかどうかにより手順が異なります。借り入れ希望額200万円以下であれば、みずほ銀行カードローンには収入証明書なしで申し込むことができます。

パートやアルバイトなどの人の場合には大きな金額の借り入れを申し込むと審査に通過することが難しくなりますので、確実に審査に通過するためには必要最少限度の借入希望額で申し込むようにしましょう。またweb完結申し込みを利用する場合には身分証明ができる書類についても提出を省略することができるのですが、その他の方法で申し込む場合には身分証明書として運転免許証健康保険証などを準備することが必要になります。

みずほ銀行の普通預金口座を持っている人の場合には?

みずほ銀行の普通預金口座を持っている人の場合には、web完結申し込みを利用することができるかもしれません。公式ホームページの普通預金口座を持っている人を対象とした申し込みボタンから申し込みフォームを開いて、必要な情報を入力して送信してください。送信の前には必ず入力した情報を再確認して、入力ミスや間違いなどがないかどうかをしっかりと確認しましょう。

入力ミスや間違いなどがあると審査には余計な時間がかかってしまいますし、悪質な虚偽の申請だと判断されると審査に落ちてしまうことになりますので、くれぐれも正しい情報を正直に申告することを心がけてるようにしましょう。申し込みが完了するとすぐに審査が開始され、その後審査の結果が通知されます。審査に通過することができたら契約の手続きを行えば、みずほ銀行カードローンの利用が可能になります。

みずほ銀行の普通預金口座を持っていない人の場合には?

みずほ銀行の普通預金口座を持っていない人の場合には、公式ホームページの普通預金口座を持っていない人を対象とした申し込みボタンから申し込みフォームを開いて、必要な情報を入力して送信してください。みずほ銀行の普通預金口座を持っていない人は、みずほ銀行カードローンへの申し込みと同時にみずほ銀行の普通預金口座の開設を申し込むことが必要になります。まずはカードローンの審査が行われ、カードローンの審査に通過した場合には口座開設の手続きが行われますので、口座だけが開設されてカードローンの利用はできないということはありません。

みずほ銀行カードローンの審査は最短即日で完了するのですが、普通預金口座が開設されてキャッシュカードが郵送されるまでには1週間程度の期間が必要になりますので、みずほ銀行カードローンをできるだけ早く利用したい人には店頭窓口に足を運んで直接申し込む方法がおすすめです。あるいはインターネットから申し込みをして、その後店頭窓口に足を運んで普通預金口座の開設を申し込むという方法などについても検討してみてください。

0

みずほ銀行カードローンで土日祝日に即日融資を受けることはできるのでしょうか?

みずほ銀行カードローンに新規に申し込む場合には、土日祝日に即日融資を利用することはできません。すでに契約を完了している人であれば借り入れを利用することができるのですが、みずほ銀行では土日祝日の審査は行っていないため新規の申し込みに対応することはできないのです。みずほ銀行カードローンで即日融資を希望するのであれば、平日のできるだけ早めの時間帯に申し込むようにしてください。

すでに契約を完了している人の場合には土日祝日でも借り入れを利用することができます!

すでにみずほ銀行カードローンの審査に通過をして契約を完了した人の場合には、土日祝日でも借り入れを利用することができます。みずほ銀行のATMや提携するコンビニのATMを利用すれば、土日祝日でも借り入れを利用することができるのです。

みずほ銀行カードローンでは土日祝日に審査を受けることはできません!

一方でみずほ銀行カードローンに新規に申し込む人の場合には、土日祝日に即日融資を利用することはできません。これはみずほ銀行では土日祝日には審査を行っていないことが理由であり、土日祝日にみずほ銀行カードローンに申し込んだ場合には実際の審査は翌営業日に行われるため、審査の結果が判明するのは翌営業日以降になります。

低金利で大きな金額の借り入れができることがみずほ銀行カードローンのメリットです!

即日融資を希望する人にとっては、土日祝日に即日融資を受けることができないみずほ銀行カードローンは使いづらいカードローンだと感じるかもしれません。確かに使いやすさの点ではみずほ銀行カードローンはイマイチだといえるかもしれないのですが、一方でみずほ銀行カードローンには様々なメリットがあるのです。

みずほ銀行カードローンでは最も高い上限金利が適用される場合でも金利14%で借り入れを利用することができますし、さらに利用限度額についても最大で1000万円までが認めらるため、低金利で大きな金額の借り入れを利用することができます。時間に比較的余裕がある人にとっては、みずほ銀行カードローンは魅力的なカードローンだといえるでしょう。

土日祝日に即日融資を希望するのであれば消費者金融系カードローンに申込んでみてください!

土日祝日などに急にお金が必要になった場合には、消費者金融系のカードローンに申し込んでみてください。消費者金融系カードローンには、次のようなメリットがあります。

  • 特定の銀行の普通預金口座を開設していなくても土日祝日の即日融資に対応することができます
  • 土日祝日に申し込んだ場合でも最短30分で審査の結果が判明します
  • 最長で22時まで(土日祝日を含む)即日審査を受けることができます
  • 銀行系のカードローンよりも審査の基準が緩やかになっています

消費者金融系のカードローンにはこのように様々なメリットがありますので、土日祝日に即日融資を希望する人にとっては最適なカードローンだといえるでしょう。次は消費者金融系カードローンの様々なメリットについて、さらに詳しく確認してみたいと思います。

みずほ銀行カードローンのサービスと申込み方法についてはコチラ

特定の銀行の普通預金口座を開設していなくても土日祝日の即日融資に対応することができます!

消費者金融系のカードローンでは特定の銀行の普通預金口座を開設していなくても即日融資が受けられますので、すぐにお金が必要な場合にも余裕を持って対応することができます。一方の銀行系カードローンでは自行の普通預金口座を開設していることが利用条件となっていることが多く、みずほ銀行カードローンの場合にも同様に普通預金口座の開設が必要です。

また楽天銀行の場合には平日の申し込みであれば自行の口座がなくても利用することができるのですが、土日祝日の申し込みの場合には自行の普通預金口座を開設していることが必要になります。銀行系キャッシングで即日融資を希望するのであれば、自行の普通預金口座がなくてもカードローンを利用することができる三井住友銀行三菱東京UFJ銀行新生銀行レイクなどへの申込みを検討してみてください。

土日祝日に申し込んだ場合でも最短30分で審査の結果が判明します!

銀行系のカードローンでは土日祝日は審査を行わないことが多く、土日祝日に申し込んだ場合には審査は翌営業日以降に行われることになります。これはみずほ銀行カードローンでも同様になりますので、土日祝日に即日融資を希望するのであれば、プロミスアコムモビットアイフルなどの土日祝日にも審査を行う消費者金融系カードローンへの申し込みを検討するようにしましょう。大手消費者金融の大半では土日祝日にも即日融資に対応していますので、すぐにお金が必要な場合にも余裕を持って対応することができるのです。

最長で22時まで(土日祝日を含む)即日審査を受けることができます!

さらにプロミス・アコム・モビット・アイフルなどの大手消費者金融では、土日祝日でも21時から22時までの申し込みで即日審査を受けることができます。特にプロミスとアコムは最長22時まで即日融資に対応していますので、仕事などが忙しいという人でも安心して申し込むことができるでしょう。

またモビットやアイフルで即日融資を受けるためには、21時までの申し込みが条件となります。ただし21時または22時までの申し込みで確実に即日審査が受けられるというわけではなく、申し込みが混雑している場合などには審査が翌営業日に持ち越される場合などもありますので、確実に即日審査を受けたいのであれば余裕を持ってできるだけ早めに申しこむようにしてください。

銀行系のカードローンよりも審査の基準が緩やかになっています!

銀行系のカードローンと消費者金融系のカードローンを比較してみると、審査については銀行系のカードローンの方が厳しく行われることが多いようです。銀行系カードローンでは審査の際に申込者を厳選して、確実な返済が期待できそうな人に限定して融資を行います。そのため利用条件が有利に設定されており、低金利で大きな金額を借り入れることができるのです。

一方の消費者金融系カードローンでは割高な金利を設定することにより、ある程度の貸し倒れの発生に備えています。審査の基準については銀行系カードローンよりも緩やかになりますので、審査には比較的通りやすいといえるでしょう。カードローンの審査に不安を感じるという人には、消費者金融系キャッシングへの申し込みをおすすめしたいと思います。

利用目的などに応じた最適なカードローンを選んで申し込んでみてください!

今回はみずほ銀行カードローンの土日祝日のキャッシングについて確認してみましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容について簡単にまとめてみると、以下のとおりとなります。

  • みずほ銀行カードローンでは土日祝日の新規の申し込みで即日融資を受けることはできません
  • すでにみずほ銀行カードローンの契約を完了している人は土日祝日でも借り入れを利用することができます
  • 土日祝日に即日融資を希望する人には消費者金融系カードローンへの申し込みをおすすめします
  • 銀行系カードローンでは三井住友銀行三菱UFJ銀行新生銀行レイクなどがおすすめです

みずほ銀行カードローンでは土日祝日の申し込みで即日融資を受けることは難しくなりますので、すぐにお金が必要な場合には消費者金融系カードローンや、土日祝日の即日融資に対応する別の銀行系カードローンなどへの申し込みを検討してみてください。ただしみずほ銀行カードローンでは低金利で大きな金額の借り入れが可能になりますので、時間に余裕があるという人にとっては便利で使いやすいカードローンだといえるでしょう。利用目的などに応じて、最適なカードローンを選んで申し込んでみてください。

0

借金は相続されるってホント?帳消しにする方法は??

消費者金融からお金を借りた契約者が、借金を返すことが困難となり自殺してしまう人は年間約5000人もいます。しかし、借金がまだ残っているにも関わらず自殺してしまうと借金は、ほかの財産と同様に相続の対象となっているため家族がその借金を背負うことになってしまいます。

ですが、ただ多額の借金をそのまま相続されてしまうのかというとそうでもなく、「単純承認」、「限定承認」、「相続放棄」の3つの中からその時の状況に合わせて選択することができます。

「単純承認」というのは、相続する借金や財産を全てそのまま引き継ぐことができ、「限定承認」は、相続で得た財産の限度だけで借金を返済する方法です。そして「相続放棄」は、言葉通り借金や財産を相続しないということで、なかったことにすることができます。

一昔前は、契約者が自殺や、事故・病気などで返済ができなくなったときに、消費者金融が保険金を受け取り、返済したことにできる「消費者団体信用保険」というものがあったのです。

借金は相続対象ということもあり、相続放棄をした場合、借金を返済しなくて済みますが、そうしてしまうと土地や、家屋、財産を捨てなければならなくなります。そのため、家族にも負担がかかってしまうのです。その負担を少しでも抑えるために、消費者団体信用保険ができたのですが、この保険が問題となり、中止となりました。

理由として、まず第一に一部の金融機関が無断で債務者をこの保険に加入させていたことです。消費者金融側は、契約書や口で事前に知らせていたと強く言っていました。しかし十分な説明がされていたわけではなかったので、保険に加入されていたことを知らない契約者が増えてしまったのです。

次に、この保険は契約者が亡くなられた、もしくは事故や病気で返済ができなくなったら適用されるというシステムなため、消費者金融が、保険金での返済を視野に入れていたのではないかという社会的批判や疑惑が向けられ、案の定、そういったケースが多発してしまいました。大手金融会社5社だけでも、保険金を受け取った事例が約4万件もあり、その中の約1割もが自殺での返済だったのです。

また、死亡理由が不明という事例もあるため、2割近くが自殺して返済していたのではないかともいわれています。保険金の受け取り総額は、およそ約300億円にも上がって、なおかつ、弁済額を超えてしまうような金額の保険金を受け取っていた事例も見受けられています。

今では、この保険が存在しないため、相続される財産として借金がどうしてもついてきてしまいます。けれど、もし借金を相続するようなことになってしまった場合は、その時の状況から、「単純承認」、「限定承認」、「相続承認」の中から1つ選択し、上手に返済していくのが一番です。

ただ本当は契約者本人が自殺しようとせずに、ちゃんと借金を返済して家族に迷惑をかけないで、心の底からスッキリすることが大事なのではないのでしょうか?単純に言ってしまえば、借金が悩みで自殺してしまうということは借金の問題さえなくすことができればいいわけなので、自殺せずに問題を解決できる自己破産という方法があります。

自己破産というのは、「すべての財産を手放し借金をなかったことにできる」というシステムです。裁判所に「自己破産申立書」を提出して、借金の返済ができないと判断されたときに財産すべてを手放すことと引き換えに債務をなかったことにしてもらうことができるのです。どう頑張っても借金が返済できない人が使える最後の手段なのです。

メリットとして、借金がなくなるため借金を支払わずに済むということです。しかし、滞納していた税金はなくなることはないのでちゃんと支払わなければなりません。また、保険料や罰金も自己破産ではなくなりません。

自己破産は誰でも簡単に手続きを受けることができます。
客観的に借金の返済ができそうにないと思えば、だれでも破産手続きが可能です。また、貸金業者からの取り立てもなくなります。それに、裁判所で定める基準を超えない限度の額、99万円以下の現金や20万円以下の預貯金などは、手元に残すこともできるのです。

借金をなくすことができるということから、連帯保証人や相続の心配もなく家族に迷惑をかけることはありません。ローンを組むことや、子供の進学などにも影響がなく、奨学金を借りることもできます。

逆にデメリットとして、金融機関が信用情報機関に自己破産をしたという情報を登録してしまうため、破産した後に、もう一度お金を借りること・ローンの申し込み・クレジットカードを新規で発行しようとしても約5年~10年の間はそういったことが一切できなくなります。

自己破産宣告後の手続きが完了したとしても、消費者金融などの金融機関が信用できないと判断したため、5年~7年の間、この情報は抹消されることはありません。つまり、自己破産をした直後にまた、お金を借りることはできないのです。

ほかには、自己名義の財産を所有している場合は、処分して消費者金融などの債権者に配当する必要があるのです。ただし、99万円の現金、生活必需品は処分されることはありません。処分されるものとして、住宅や保険・貴金属品・自動車などが差し押さえられることが多いです。ただ、自動車はローンが残ってなく、初年度登録から7年経過し、処分価格が20万円以内であれば処分の対象から外れることがあります。

免責決定を受けるまでの期間は、士業や警備員など一部就職できない職業がありますが、免責決定後はちゃんと就職できるようになります。ただ、自分の住所氏名が「官報」という国が発行している機関誌に載ってしまいます。

しかし、官報は一般に売っているわけではないので、多くの人が見ることはありません。また、管財人が選定されている場合には本籍地の「破産者名簿」にも掲載されますが、宣告後手続きが終わったら削除されます。

ただ、自己破産は誰でも簡単に申し込むことができますが、破産法という法律に該当してしまうようなことが起きてしまう場合、借金が免除されない、もしくは、罰金刑に当たってしまうことがあるため注意が必要です。

返済することが難しくなり、自殺をしようと考えている人やどうやって借金をなくそうか考えている人が少しでも減るように自己破産というものが設けられています。この最終手段をうまく利用して明るい未来を歩めるようになってほしいと思っています。自己破産は、人生の終わりというイメージが強く頭に残っているかもしれませんが、新しく人生を歩むための再スタート地点なのかもしれません。

0

契約率が低下した?消費者金融と契約率の関係

消費者金融の新規契約率

消費者金融の新規契約数は、60%~70%前後あり3人に2人が契約できていました。しかし、近年、新規契約数は40%~50%にまで低下しており2人に1人しか借りることができなくなっています。

また、今の消費者金融の利用条件は主な2つで、20歳以上65歳未満であること、安定した収入があることです。ただし年齢の上限は業者によって異なります。

そのため、無収入の専業主婦や年金受給者は消費者金融を利用できないということです。つまり、今まで誰にでもお金を貸していた消費者金融が一部の人にしか貸すことができなくなったということです。

[新規契約率が低下した理由]
消費者金融の新規契約数が低下した主な理由として、法を無視した利益を得ていたことにあるのかもしれません。2000年初期の消費者金融は、旧貸金業規制法にあった「みなし弁済」を理由にして法的処置を無視した金利で貸出をして莫大な利益を得ていました。

しかし、景気の悪化に伴い、借入金の返済ができなくなったことから自己破産者や自殺者が増えはじめ、消費者金融への社会的批判が高まりました。その結果、最高裁判所による「みなし弁済」をなくす判決が出され、全国的に消費者金融に対し「過払い金返還訴訟」が勃発、消費者禁輸は一気に経営が悪くなりました。

さらに改正貸金業法による総量規制の導入や、利息制限法による上限金利の統一などから従来のような利益を得ることができなくなったのです。このようなことから、過去に貸し倒しがあったところで利益の中で十分に吸収できていたものが、現在では利益を圧迫するような形になってしまっているということになります。

また、失業率の増加や、雇用形態の激変で安定した収入が継続的に確保することが難しくなってきており、謝金を返済すること自体が困難になっているため借りようとする人が減ってきています。

従って、現在の消費者金融は審査を厳しくすることで回収できないという事態を避けなければならなくなり、貸出拒否の増加をもたらすようになってしまったのです。

[契約率を上げるために]
ずっと低下していくだけでは消費者金融自体が倒産してしまうという恐れがあるので、会社側は様々な手を打ち新規契約数を上げようと努力するのです。例として、「初回平均貸付額」、「広告宣伝」などがあり、初回平均貸付額とは、新規契約者が初めて消費者金融でお金を借りるときにおりるお金なのですが新規で借りるということもあり一般の貸付額より少し金額が少なく設定されています。

言わば、お試し期間というもので、消費者金融に申し込んだことがない人が申し込むとして、契約できるかどうかより、いくら借りることができるのかを考える人がいると会社側が思っているため、貸付額の金額を少し下げてこれくらいの金額で貸しますということを明白にさせることができるのです。

そして、その後の取引経過を見てから徐々に金額を引き上げていくのです。その間は少額融資を行い、優良な契約者だと会社側が判断した場合、高額金融をする形になっています。

そして、広告宣伝のほうは、ただ、広告を作り雑誌やインターネットの広告に載せるというわけではなく新規契約者を獲得するために宣伝広告費を使ってでも呼ぼうとします。広告宣伝には多額のお金がかかります。1つの広告だけでも何万とかかりそれを製作日数でさらに取られるため何万×日数分というような計算でコストをかけます。

それがさらに雑誌1ページ分となれば、何十万~という莫大な費用がかかることもあります。利用者は、企業がどれだけコストをかけているのかを望んでいることがあり、コストパフォーマンスをかければかけるほど、いいお客さんの申し込み率が上がるというわけです。

契約者が望まない企業はすぐ経営が悪くなりますが、その中で少しでも新規契約者が獲得できるように努力しているのです。
新規契約者が獲れなくなったことが原因で経営が悪くなっては元も子もないので、企業は利益を優先しないで利益を得る方法を考えたということがうかがえたのではないでしょうか?

0

消費者金融の同業者借り入れ 銀行員はOK・消費者金融勤務者はNG なぜ?

自分と家族の生活を支える人間であればだれでもお金がピンチとなりえます。

違法業者を取り締まる警察官もお金に困ることがありますし、お金を貸す商売をしている銀行員や消費者金融勤務者も例外ではありません。彼らも毎月一定の給料しか受け取っておらず、当然お金が足りなければどこかにお金を借りたいと思います。では同業者は消費者金融からお金を借りることはできるのでしょうか?

まず結果からお伝えすると銀行員はOK・消費者金融勤務者はNGというものです。なぜこんな結果となるのでしょうか?

銀行員は借り入れができる理由

銀行員がお金がピンチとなり、消費者金融に足を運んだ場合、消費者金融は喜んで審査を行なってくれ、ほぼ100%の確率で審査通過となるでしょう。なぜでしょうか?以下の理由が考えられます。

・収入が安定している
・社会的信用が高い
・お金の返済の重要性を認識している

消費者金融側にとって銀行員というのはお金を貸したいすべての要素を満たした最高の顧客です。銀行員のお給料はどんなに不況のときでも安定して支払われるものですし、そもそも企業母体が安定しています。銀行の経営が傾いても日本国そのものが倒産させない傾向があります。

毎月利子をつけて定期的に返済を行なえる資金力が銀行員にはあるのでお金を貸したいというわけです。社会的にも銀行員は信頼性が高いのでお金を貸したい顧客と言えるでしょう。銀行に就職できたことそのものが人として信頼が置けるからです。

なぜですか?なぜなら、銀行も消費者金融と同じく、個々の人の信用情報を確認することができます。銀行入社希望者すべての信用情報確認は入社前に必ず行なわれるので、銀行員となるためには過去に金融上のトラブルが一切ないという条件を満たさなくてはいけません。銀行に勤めていると社会的に信用は高く、連帯保証人も容易に見つけやすい状況でしょう。

最後に消費者金融がお金を貸し出したい理由は、銀行員がお金の返済の大切さがすでに分かっていることです。お金を借りたら返さなくはいけないというのは当たり前のことですが、初めてお金を借りる人とのトラブルは、新しい顧客にこの当たり前の認識が欠けているゆえに生じます。

ですが銀行員は自らがお金を貸し出し、返済してもらうことによって成り立っている職業なので、お金を返済することの大切さは熟知しています。よって銀行人にお金を貸しても安心と判断されるのです。

ただし銀行内の立場は危うくなる

銀行員は上記の理由により消費者金融からお金を借りることが容易にできますが、お金がピンチのときでも消費者金融からお金を借りようとする銀行員は多くありません。なぜならば各社銀行は自社銀行員向けに金利の低い融資をしてくれますし、銀行員が消費者金融でお金を借りていることが知られると社内での評判が著しく傷つくからです。

入社後は基本的に社員の信用情報の確認などは行ないません。ですが支払いが遅れるなどして消費者金融でお金を借りていることが銀行にばれたときは、信用で成り立っている銀行内での立場は著しく悪くなります。

消費者金融勤務者がお金を借りられない理由

銀行員とは裏腹に消費者金融勤務者が他の消費者金融に行ってお金を借りようとしても100%拒否されます。なぜでしょうか?理由は1つです。

同業者の場合、借り入れ目的が疑われるためです。消費者金融は銀行と違って同業者を潰すことによって生き残りをかけています。とくにグレーゾーン金利が廃止となってから消費者金融業界全体の経営が悪化し、業者同士の潰しあいが始まりました。

よって「他社同業者からの探りと陰謀」に最も警戒しています。消費者金融の同業者がお金を借りようとするのは、企業体質を盗んでマイナス情報を流すことを目的としているかもしれませんし、多額の貸付の焦げ付きを狙っているかもしれません。

同業者は敵なので、まずはお金を貸し出すこと、つまり自社にとってマイナスになるやり取りからはじまる取引を同業者と行なおうとは思わないのもうなずけます。

消費者金融の体質を如実に表している同業者への扱い

消費者金融はお客さんがいる商売の中でもお金を貸し、利子をつけて返済することによって成り立っています。つまりお金を消費者金融側が出費することからはじまるので、契約をするかしないかの時点では消費者金融会社側が優位に立っているでしょう。

そのため同業者や歓迎されないお客が来た時点では、消費者金融の態度は非常に厳しいものとなります。銀行員も含めてお金をしっかり返してくれる可能性の高い人には「丁重なお客様対応」がなされますが、消費者金融同業者など、きちんと返済してくれる可能性が疑わしい人には「非常に冷たい対応」というのが消費者金融の企業体質です。

0

親切心でも… キャッシング契約に同伴はNG 見れば納得!3つの理由

わたしお金を借りるのはじめてなんです。一緒に行って助けてもらえませんか?

消費者金融でお金を借りたことがある人なら勝手が分かるので、「一緒に行って手伝ってあげるよ」と言いたくなるかもしれません。ところが、消費者金融での契約時には同伴は絶対NGなのです。

親切心で付き添ってあげたつもりでも、消費者金融からはまったく相手にもしてもらえないどころか、冷酷な対応を受けるかもしれません。一人で行けば借りれたかもしれないのに同伴者がいるというだけで契約できないのです。どうして付き添いがいると契約できないのか、見れば納得の3つの理由があります。一つずつ見ていきましょう。

消費者金融は単なる助け手なのか、強要なのか判断できない

この時代消費者金融が最も警戒していることはなんですか?それは消費者金融が犯罪に加担してしまうことです。たとえば銀行のATMで誰かが電話しながらお金を下ろしている様子が警備用カメラに映し出されるならどうなりますか?必ずと言っていいほど係りの人がやってくるでしょう。なぜですか?オレオレ詐欺だと思うからです。

お金を引き出すも貸金契約も必ず個人の意思でなされる必要があります。では消費者金融の人の立場で考えて見ましょう。ある人がキャッシングのときに同伴者と一緒に来店したとします。どう感じますか?「この人は付き添いの人に無理やりお金を借りさせられているのではないだろうか」と考えます。

たとえ良さそうな人に見えたとしても、のちのち貸金契約者がお金を返せなくなったとき、もしくは貸したお金が犯罪に利用されたと判明したときに「あの時わたしはお金を借りたくて借りたわけではありません。その証拠に、キャッシング契約時にもう一人同伴していました」と言われると金融会社にも責任が生じることになってしまいます。よって同伴者がいる場合は契約そのものを行なわないのが原則です。

契約内容を理解できず返済できない可能性が高い

仮に純粋な動機である人が貸金契約をするのを助けていたとします。ではなぜその人は一人で契約できないのでしょうか?外国人で言語があまりできないためですか?ATMなどの機械の操作が不慣れなためですか?

いずれにしても、一人で契約できず付き添いの人の助けが必要であるという点を踏まえると、借金の返済がスムーズに行なえない可能性が高いことになります。借りたお金を責任を持って返済することができるのは、自分で会社に勤めており、自分で家計を切り盛りし、機会やネットを操作し返済作業ができる人だけでしょう。残念ながらお金を借りることすら他の人の助けが必要な人から、延滞のない返済は見込めません。

個人情報が漏れてしまう

お金を借りる契約の時には決して他の人に漏れてはいけない個人情報がやり取りされます。名前・住所・生年月日などです。最近ではマンナンバーの記載も必要でしょう。何よりも他の人に知られてはいけないのはカードの暗証番号です。

同伴者がいるならばそれらの個人情報が漏れるのを消費者金融側が黙認していることになり、個人情報をしっかり管理し、守秘義務を大切にしている企業とは見なされないでしょう。よって同伴者がいるときは契約書を交わすことはなされないのです。

無人契約機でも同伴はダメなのか?

貸金契約は無人契約機でも行なうことができます。同伴者の助けをもらって無人契約機で契約することはできないのでしょうか?無人契約機でももう一人人がいる場合は契約できません。

なぜなら無人契約機といえども、つねに誰かがカメラ越しで監視しています。誰かの手ほどきを受けている様子が映し出されるなら、オレオレ詐欺かもしれないと判断され審査に通ることはありません。契約作業に入る前の段階で「同伴者は退出するように」との指示があることでしょう。

消費者金融は一般の会社とお客様対応が違う

消費者金融のお客様への対応方法は、一般の会社のお客様への対応方法と少し違います。

なぜなら、他の企業はお客様がお金を払い、商品を購入します。つまり買い手の原則、つまりお金を支払うお客様のほうが必ず優位に立つので店側は対応が丁寧になります。ですが消費者金融の場合は、まずは金融会社がお金を払います。

返済がなされるまではお客でも何でもありません。当然対応は返済がなされるまでの期間は対応がシビアになるでしょう。もしも誰かを同伴してキャッシングに行ったときには、たとえ動機が純粋なものであったとしても、かなりの厳しい対応をされることを覚悟しておきましょう。

0

本人確認書類はどれを提出する? 運転免許書よりも健康保険証が威力があるケース

消費者金融でお金を借りたいという場合、一番の難関となるのが無事審査に通過するかどうかでしょう。

この審査通過の鍵を握っているのは何だと思いますか?それは本人確認書類です。年収なども重要なのではないかという人もいるでしょうが、年収本当にどれくらいあるかは、もし込み所の年収欄にいくらと記入するのかに基づく場合が少なくなく決定証拠とはなりません。

しかし本人確認書類は、その書類の情報の元に信用情報機関に過去の借り入れ状況等の参照ができますし、本人証明書類そのものが安定した返済能力があることを証明付けることもあるので重要です。では問題です。本人確認書類として下記のもののうち最も効果があるのはどれでしょうか?

・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・住民基本台帳

運転免許証の証明能力

運転免許証は昔も今も本人確認証明書類として最も使われる証明書類です。信頼性はとても高く、運転免許証を提示することによって、その人の氏名・住所・生年月日が記されているので、申込用紙に記載された内容が偽りのないものであることが確認できます。

顔写真も必ずあるので、なりすましではないことも証明できます。運転免許書は一般的には本人確認書類として最もポピュラーかつ安心できる書類に位置します。ところが運転免許証が本人証明書類の中でもっとも審査通過能力が高いというわけではありません。時として健康保険証のほうが審査通過能力は高いのです。

健康保険証の証明能力

健康保険証には幾つかの種類がありますが、それぞれにどの程度の証明能力があるのでしょうか?

顔写真なしの国民健康保険証は信頼性があまり高くないでしょう。そもそも顔写真がないので年齢が近い兄弟や友人の国民健康保険証を使うことさえできてしまいます。顔写真つきの国民健康保険証であったとしても証明能力は高くないでしょう。

消費者金融の審査員の立場に立って考えて見ましょう。この人はなぜ国民健康保険証を提示するのだろうか?社会保険を提示できないのはなぜだろうか?

残念ながら日本において国民健康保険証を使っているのは、無職、自営業、バイト、フリーター、もしくはマイナーな企業に勤めている人だけです。いずれにしても審査員からして、これらの人たちは収入が安定しており、お金を貸しても利子をつけて定期的に返済してくれるとは感じられないでしょう。ところが社会保険の健康保険証は最も証明能力が高い書類です。

本人がどこの会社に勤めているか一目瞭然ですし、社会保険は一定期間働かないと発行されないので、定期的な収入があることは健康保険証そのものが証明しています。審査の際の最大の難関である在籍確認さえも必要ない場合がありますし、在籍確認が必要でも簡略的に行なえます。加えて顔写真もありますので、本人確認証明書類としては最高級の部類の属するわけです。

パスポート

パスポートは運転免許証とほぼ同様の信頼性があります。必ず顔写真もありますし、本人の身分は証明されるでしょう。ただしパスポートの住所欄は自分で書き込むタイプなので、住所の確認は運転免許証のようにはできません。さらにパスポートを提出するということは、運転免許書を持っていないか、持っていても提出できない状態であることをも意味します。ですからもし提出できるなら、運転免許証か社会保険証を提出したほうが良いでしょう。

住民基本台帳

住民基本台帳は住んでいる場所が確認できるので本人確認書類とはなりますが、顔つきであっても顔つきでなくても本人確認能力はあまり高くありません。なぜならキャッシング会社の審査員からすると「どうして運転免許証、ましては健康保険証さえ提出できないのだろう」と考えるからです。住民基本台帳を提出するくらいなら、まだ国民健康保険証を提出するほうがよいでしょう。

結論

キャッシングでスムーズに審査を通過したいなら、本人確認書類として、できれば社会保険の健康保険証を提出しましょう。たとえ勤めている会社がマイナーな会社であっても、アルバイトという立場であっても、ある程度の期間にわたって会社に勤めており、一定の収入を会社が保証している証しとなるからです。

少ない融資額であれば社会保険証を提出すれば在籍確認なしで済ませる会社も多く、当日の審査通過も可能です。もし社会保険しょうがないなら運転免許証→国民健康保険証→パスポート→国民基本台帳の順に提出するのが賢明ということになります。

0

高額融資が必要 どうする?ビジネスの場合とショッピングの場合

人生に何度か大きなお金が必要になってくることがあるものです。ビジネス上の投資であったり、もしくは健康器具の購入など、ショッピングに大きなお金が必要かもしれません。といっても親族に大きなお金を用立ててくれる人がいない場合はどうしたらいいでしょうか?

自らの力で高額融資を受け、後でゆっくり返済していくというのが一般的な方法です。しかし何百万、何千万というお金をどこで用立てたらいいのでしょうか?

ビジネス上高額融資が必要な場合

企業を運営していくには先を見越した設備投資が欠かせません。銀行はビジネス上の高額投資をする際に大きな力となります。銀行というのは「企業にお金を貸し出すために存在している」といっても過言ではありません。当然何百万という貸出額となると利子もそれなりに大きくなってしまいます。ですから銀行が貸し出してくれる場合、金利は低く設定されます。

例えば三菱東京UFJ銀行のビジネスローンの金利は2.35~9.00%で最大5000万円までの融資に応じてくれます。銀行以外の金融会社ではこれほどの低金利、これほどの融資額は獲得できないでしょう。ビジネス上の高額融資を受ける場合に用意する書類も、基本的に「会社の登記事項証明書」と「会社の決算書2期分」だけです。個人事業主なら「確定申告書2年分」を用意すれば融資を考慮してくれます。

銀行ではない金融会社もビジネスローンという名目の元高額融資を謳っていますが、条件は銀行ほどよくはありません。例えば「オリコ CREST for Biz」というビジネスローンは、金利6.0~18.0%、最大融資額は300万円となっており、銀行と比べるとどうしても見劣りしてしまいます。ビジネスで高額融資が必要なときはまず大手銀行に足を運びましょう。

ショッピングで高額融資が必要な場合

これはどうしても今、ほしいのだけど、持ち合わせがないから断念せざるを得ない…ということがあるでしょうか。そうしたときにぜひとも活用したいのがショッピングローンです。たとえ財布の中の持ち合わせがないときでも、かなり高額のショッピングもできてしまうのが特徴です。

消費者金融や銀行などがショッピングローンを展開しており、クレジットカードよりも安い金利で購入できることもあります。かなり高額なものを買い物したため月々の支払いが困難なときには60回払いにすることさえ可能です。月々の負担を少なく、まさにほしいときにほしいものを手に入れる強力なアイテムと思われないでしょうか。ショッピングローンは大型電化販売店などが大々的に打ち出していることが多く、場合によっては12回払いまでは金利なしで貸し出してくれるところときもあります。なぜでしょうか。

大型電化販売店などの店舗が商品販売の一環として、その12ヶ月分の金利を負担してくれるからなのです。このようにショッピングローンは高額のものが買え、返済期間も長く設定でき、なおかつ金利も軽減できるのですから使わない手はないでしょう。

確実な高額融資の方法

どれほどお金を確実に借りられるかは人それぞれによって違います。基準となるのは既に持っているカードローンやキャッシングカードの利用限度枠でしょう。社会的には、利用限度額までは確実に融資が受けられることを意味します。それ以上の高額融資に確実というものはありません。銀行や消費者金融と相談して融資が受けられるか決まることになるでしょう。

0

レディースキャッシング 普通のキャッシングとここが違う

街角でよく見かけるレディースキャッシング。一体普通のキャッシングと何がどのように違うのだろうかと思ったころはありませんか?実は金利も貸し出し方法も普通のキャッシングと何ら変わりはないのですが、レディースキャッシングはある女性特有の事情に応じているために需要があるのです。今回は普通のキャッシングと女性専用とにどんな違いがあるのか見てみましょう。

レディースキャッシングの必要性

男性はあまり分からない感覚ではありますが、女性はいつもコワイ経験をするのを恐れています。女性にとってお金を借りるというは悪い道に足を踏み入れることなのではないか、コワイ取立てにあうのではないかと思っています。

恐らく借金取立てを題材にした「闇金の○○君」とか「○○金融道」などといったヤクザ系の映画やドラマの影響でしょう。男性よりも女性はキャッシングに対して言い知れぬ不安を抱えているものなのです。そこでその言い知れぬ不安を払拭するのがレディースローンというものなのです。さらに女性がお金を借りなくてはいけない理由は男性とは全く異なります。美容であったり化粧品であったりウエディングドレスの費用など、美のためにお金を必要なのですが、女性は男性にはこうした必要は理解してもらえないと感じています。

レディースキャッシングと普通のキャッシングの違い

レディースキャッシングと普通のキャッシングの大きな違いは、全ての店員が女性であるという点です。レディースキャッシングに電話をしたときに電話口に出るのは女性ですし、店舗に来店したときに店内にいるのはみんな女性です。店員もお客もすべて女性なのです。

お金を借りるのを男性に見られるのを恐れる必要もありません。お金を借りる理由を店員に相談するにしても、女性は女性の事情を分かってくれるという安心感があるでしょう。仮に予定通り返済できなくなったときの相談で来店するときも、男性に相談する必要もありません。女性は一般的に男性よりも温和でやさしい対応をしてくれるので、必要以上の恐怖を感じなくていいのです。

レディースキャッシングは女性に審査が甘い?

レディースキャッシングといえども、審査の内容は普通のキャッシングに申し込んだときと何の違いもありません。年収や勤務年数、過去の借入記録、居住状況などにより普通のキャッシングと同様の審査が行なわれます。これら属性によって、信用状況がスコアリング化され、それによって審査の通過不通過が決まります。しかしたとえ不通過だったとしても、女性に断ってもらえるので、必要以上に気まずい思いをする必要はありません。

女性が利用するメリットは多い

レディースキャッシングは実際の審査内容は普通のキャッシングと一緒なのですが、上記の対応の違いを考えると、女性にとってメリットはあってもデメリットはないと言えるでしょう。ぜひとも女性は女性の女性による女性のためのレディースキャッシングを利用したいものです。

0

小口キャッシングならどこで借りる? 貸金業者を内容比較

別に大金借りたいわけではない。ほとんどの人がお金を借りる理由は、ちょっとした生活費です。その月のお給料で一か月やり繰りしていたものの、急に車の修理代が必要になったり、友人の結婚式に出席する必要があったりでちょっとお金が足りないのです。

そんな人が利用するといいキャッシングは、1~5万円程度の小口キャッシングです。小口キャッシングは生活に密着しているのですぐ借りて、すぐ返せる必要があるでしょう。一体どんなところで小口キャッシングするといいのでしょうか。幾つかの金融会社を比較して見ましょう。

小口キャッシングに適しているのは?

お金を貸してくれる場所は、銀行、信販系金融会社、流通系金融会社、消費者金融、街金、ヤミ金といろいろあります。この中で小口キャッシングに適しているのは消費者金融と言われています。

有名なところで言うと、アコム・プロミス・アイフル・モビットなどになるでしょう。これらの金融会社は小口キャッシングの特化業者で、ちょっと借りてはすぐ返すというのにとっても適しています。なぜそういえますか?

なぜ消費者金融でお金を借りるほうが良いのか

消費者金融が小口キャッシングに適しているのは2つ理由があります。1つは借入と返済がとっても便利だからです。銀行や信販系流通系の金融会社はカードローンを申し込めばもちろん小口キャッシングもできますが、審査に長い時間が掛かります。

審査を通過してカードを作れたとしても借り入れをするATMは多くありません。コンビニの提携ATMが使えるかもしれませんが、1万円借りるのに、210円もATM手数料払うのはばかばかしいでしょう。1ヶ月間の金利は150円もしないからです。街金でお金を借りるとその店舗まで行かないといけませんし、ヤミ金は違法な上に法外な金利を取られます。

消費者金融が小口キャッシングに特化しているのは、審査スピードも速く、店舗のすぐ隣にあるATMで借り入れを行なって、返済も町中にあるATMで手数料なしで行なえます。仮に1万円借りたとしても、来月返済してしまえば払う利子はわずか146円~150円程度です。そもそも借りる額が多くはないので、銀行との金利の差もなきに等しいでしょう。さらに消費者金融は、学生、パートの主婦へも喜んで小口キャッシングをしてくれます。

小口キャッシングの基本はすぐ借りてすぐ返す

小口キャッシングで注意が必要なのは、簡単な審査ですぐにお金が手に入り、金利もわずかなので、ついつい追加借り入れをしたり支払いを後伸ばしにしてしまうことです。最初に借り入れを行なったときにはわずか1万円でも、返済する予定の月もついついお金を使い込んでしまい、5万円、10万円と借金の額が増えてしまいがちです。

ついには返済しても返済しても利子分しか返済できないという状態になりかねません。小口キャッシングは小口なので金利も安く魅力的なのですから、小口が大口となってしまわないように注意する必要があるでしょう。

0

学生のキャッシング この3つの秘訣を知っていれば審査は有利に進められる

学生ほどお金が必要と感じています。ある学生は親からのお金をたくさんもらい学生ライフをエンジョイしますが、ある学生の家庭は経済的にめぐられているとは言えず、親から必要最低限以外は与えられていない人もいます。

頑張ってアルバイトしますがそれでも足りません。このような場合、キャッシングは学生に強い味方となります。しかし学生という立場でキャッシングの審査を通過するには3つの秘訣を知っておく必要があります。これを知らないと社会的信用が高くない学生は審査落ちとなるでしょう。

学生ローンを展開している金融機関に申し込む

お金を貸してくれる場所はたくさんありますが、どこでも同じような審査が行なわれるわけではありません。金融機関によって学生への貸し出しへの見方がぜんぜん違うのです。ある金融会社は「学生=返済能力が乏しい」という見方をしています。

しかし別の金融会社は「学生でもアルバイトしている=十分な返済能力あり」と見ています。ですから学生向けローンを打ち出している金融会社を探しましょう。そうでないところは学生という立場だけで審査落ちとなってしまう可能性があります。

たくさん申し込まない

続いて注意が必要なのは、審査に落ちてしまうことを恐れて何社にも申し込むことです。たくさんの金融会社に同時期に申し込むと確実に審査落ちとなります。

なぜならば、誰が金融会社に申し込みをしたのかという情報は全て信用情報機関に残るシステムとなっているために、金融会社に何社も申し込んでいる人は有注意人物と見るからです。「この人はよほどお金に困って多数社から借り入れをしようとしている。返済の見込みは乏しい」と見られてしまうためです。よって申し込むのは1,2社程度にしておきましょう。

融資希望額は10万円ほどに

最後のポイントは申込書に記入する融資希望額を10万程度にすることです。融資希望額を多く書くとどんな問題があるのでしょうか?金融会社からすると融資希望額が大きいと、もしその学生がお金を返済できなかったときに、それだけ損失も大きくなることを意味します。

しかし融資希望額が10万円程度なら、金融会社は「まだ信用が十分ではない学生という立場ではあるが、10万程度なら焦げ付いてもいい」と判断し貸し出しにGOサインが出るというわけです。これはあくまでも目安ですがアルバイトの場合、年収の1/5が融資希望額の通過ラインと言われています。

つまり月10万円円程度アルバイト収入がある人は見込み年収は120万となります。融資希望額が120万の1/5である24万円を超えていたら確実に審査落ちとなるでしょう。20万ならボーダーライン、10万円ならほぼ確実に審査通過というわけです。

学生キャッシングも信用の積み重ね

上記の3点に注意をすれば、学生でもキャッシングを有利に進めることができます。金融界で最も重要なのは信用の積み重ねです。最初は10万という融資限度額も「借りては期限通りにきちんと返す」を繰り返せば、やがて最大融資額は10万→20万→30万と増えていきます。

最高の信用を獲得できるなら最大年収の1/3まで融資限度額は広がっていくでしょう。

0

金融会社からの増額・勧誘電話はこの一言で止めさせる

金融会社からの勧誘電話に困っている人も多いようです。貸金の勧誘電話そのものをすることは法律でも禁止されておらず、正規のそして違法の金融業者から営業電話が掛かってくることでしょう。

どのように断ったらいいでしょうか?勧誘電話をピタリと止める一言シリーズとして名文句を3つ紹介していきます。

「必要ないです。もう電話してこないでください」

当たり前ですがこの一言は効果があります。正規の金融業者は優良なお客様にまたお金を借りてほしいので、連休前などのお金が必要であろうときに勧誘電話、もしくは増額のお知らせという形で電話をかけてきます。

しかし正規の金融会社には決まりがあります。「お客さんからきっぱりと断られたときは、今後、勧誘電話をしない」ことになっています。はっきり勧誘を断り金融会社の勧誘拒否者リストに名前が載れば、その金融会社からの一切の勧誘電話はなくなるでしょう。

「営業許可をとって電話してるんですか?」

正規の金融会社は先ほどの一言で勧誘が止まりますが、違法の金融会社はかまわずに勧誘電話をしてきます。そこで必要なのは彼らの弱点、金融庁に届出をしていないという点を突くことです。

営業許可を取っていない金融会社は「○○ファイナンス」などの金融業者っぽい名前を名乗ることができても貸金業登録番号を述べることができません。たいていの違法業者は取りやすい人からお金を取りたいので、痛いところをつく人への勧誘をやめます。

「これ以上電話してきたら警察に通報します」

中には自分たちはヤミ金であることを隠さずに、以前ヤミ金でお金を借りた人に、またお金を借りるように圧力をかけてくるところもあります。その場合はきっぱりと警察という言葉を口に出して断らないといけません。

彼らの業務は違法ですから、警察の取締りの対象であり、常に逮捕されることを恐れています。ほとんどの違法業者は警察という言葉を出すと電話をやめるでしょう。それでもかけてくることがあれば実際に警察に赴き、かけてきた電話番号を知らせ、「すでに警察に通報した」と伝えます。

電話をかけさせないその他の対策

口で言って分からない相手には物理的に電話をかけられないようにする必要があります。着信拒否とか迷惑電話お断りサービスを利用すれば特定の電話番号からの電話が掛からないようになったり、「現在おつなぎできない状態になっております」というメッセージが業者に流れます。ですが時として自分の電話番号がいわゆるヤミ金業界のカモリストに乗ってしまっていて、一つの違法金融会社の電話を断っても別の違法金融会社から次から次へと勧誘電話が掛かってくるかもしれません。

そのような場合、NTT東日本には便利なサービスがあります。それこそが二重電話番号サービスというもので、迷惑電話が掛かってくる番号は全て留守電になり、もう一つの新しい電話番号を親しい友人に知らせることができます。違法業者はどんな電話番号からかけても何度かけても、留守電にしかならないのでそのうちあきらめるでしょう。二重電話番号サービスを利用しているお客さんには迷惑電話用の電話番号に電話があったことすら通知されません。

0

カードローンは自宅申し込みを!5つのメリット

今までのカードローンの申込といえば店舗の窓口で行うのが一般的でした。

しかし最近のカードローンは自宅で申し込みができるようになっています。ネットを利用したネット完結型や電話を利用した申し込み方があります。

このようにカードローンの申込を自宅で行うことにはどのようなメリットがあるでしょうか?検討してみましょう。
続きを読む

0

50万円以下の借り入れ!収入証明不要で利用できる消費者金融まとめ

カードローンを申し込む際にはいくつかの必要書類があります。

そんな書類の中でも準備に手間がかかるのが収入証明書です。できるだけ手間をかけずに気軽に借入をしたいという方も多いと思いますが、実は50万円以下の借入ならほぼ収入証明不要で契約できる消費者金融もあるのです。どのような消費者金融があるかを調べてみましょう。 続きを読む

0

素早くカードまで受け取れるカードローンの申し込み方法は無人契約機

どうしてもすぐにお金が必要というときがありますね。
最近ではネットを使って即日融資を受ける方法が人気を集めています。

でもまだネットで借り入れを行うのは不安、出先でネット環境下にないなど、様々な理由でネットでの申し込みができないときに利用すると便利なのが無人契約機です。

すぐにお金を借りるなら電話、郵送よりも無人契約機がおすすめとなっています。その理由を見ていきましょう。

続きを読む

0

どんな書類がカードローンの申し込みには必要なの?

カードローンを申し込むためには、いくつか必要な書類があります。

書類の中にはすぐに準備ができるものもあれば、準備するのに時間がかかるものもあります。

ですのでカードローンの申し込みを行う前にどんな書類が必要か?ということを知ることは、スムーズな借入のためには欠かせないといえます。

そこでここではカードローンを利用するにあたって、一般的に必要とされている書類を調べてみましょう。
続きを読む

0

ローン契約機から申し込みを行うことで素早い借入が可能

カードローンを利用したいけど面倒な手続きは嫌!できるだけ時間をかけずにカードローンを利用したい!即日融資できるカードローンの申込方法を探している!

という方におすすめなのが、カードローンのローン契約機からの申し込みです。今ではネット申し込みと並んで人気のある申し込み方法となっています。

ローン契約機とは何?

続きを読む

0

カードローンの連帯保証人はいる?不要?

カードローンを利用するということは、最近では気軽に行われるようになってきました。

ですが何事も初めてのことは不安に感じることも多いものです。

カードローンを初めて利用するという方が心配になるのは、連帯保証人はいる?不要?ということではないでしょうか?しっかりと事前に知識を付けて安心のカードローン利用にしましょう。
続きを読む

0

カードローンに名前の読み方を変えて申請したらどうなるの?

借入をどうしてもしたいけど利用額いっぱい、審査に落ちてしまったという方の中には、名前の読み方を変えて申請すれば審査に通るのではないか?と考える方もいます。

例を挙げると“河野”さんを、本当は“かわの”なのに“こうの”変えて申請するのです。

一見、わからないのでは?と思うかもしれません。実際にカードローンの申込では、名前の読み方を変えて申請することができるのでしょうか?
続きを読む

0

カードローンの申し込みをするときに家族の免許書証を使って申請できる?

どうしてもお金が必要だけど、自分名義での借入はすでに利用限度額いっぱい!
という方もいることでしょう。

自分の名義では借入はできないけど、家族の免許書証を使って申請し、家族名義で借入をしたい!と考える方もいるようです。実際に家族の免許証で家族名義の借入をすることはできるのでしょうか? 続きを読む

0

立て続けに審査に申し込んでも、審査に通る?

どうしてもお金が必要であるときには、審査に絶対に通りたいので保険の意味でいくつかの金融機関に申込する人もいます。

また一度審査に落ちてしまい、また別のカードローンに申し込む方もいます。でも立て続けに申し込みを行って審査に通るのでしょうか?
続きを読む

0

カードローンの申込資格はどんなものなの?

カードローンを利用してお金を借りたいという方にとって、審査に受かることはとても大事であるといえます。

でももっと大事なこととして、申込資格を満たしているかどうか?ということがあります。

カードローンを申し込む際には、どのような基準があるのでしょうか?詳しくカードローンの申込資格について調べてみましょう。 続きを読む

0

もしもの時のためにカードローンを事前に申し込むのはアリ?!

お金というのは急に必要となることもあります。
しかもそんなときに限って備えがなくて困ることもしばしばです。

そんなときにカードローンがあれば便利なのに!と思うことがあるかもしれません。そこで、もしものときに備えてカードローンを作っておくといいと思う方もいます。

もしものときのために事前にカードローンを備えておくことはできるのでしょうか? 続きを読む

0

偽装会社を使ってカードローンを組むのはOK?

消費者金融や銀行にてカードローンを組もうとしても、安定した収入がなければ審査に通らなければお金を借りることはできません。

また職業の種類や社会的信用が低いという理由で、審査に通らないこともあります。そんなときに利用されているのが偽装会社です。でも偽装会社を使って組むカードローンは本当にOK?なのでしょうか?調べてみましょう。 続きを読む

0

カードローンをほかのローンの頭金として利用することはできるの?

大きな金額の借入をするときには、頭金が必要となる場合があります。

たとえば住宅ローンやマイカーローンを組むときに、頭金が必要となるケースもあるのです。でも問題は頭金を出すお金がないときです。

そこで“カードローンで、頭金を組むことはできる?”と疑問に思うこともあるでしょう。実際にはどうなのか?調べてみましょう。
続きを読む

0

インターネットから楽々カードローンの申し込みができる!

「店舗に行く時間がない」、「知り合いに見られたくない」、「今すぐお金が必要」

という方も多いのではないでしょうか?

このような不満を一気に解決してくれるのが、インターネットでの申し込みです。今までの申し込み方で行われる契約条件などには変化はないものの、申し込みがスピーディに行えてとても便利なのです。

インターネットからするカードローンの申し込みの流れ

①希望借入先の公式HPにアクセスする。
②お試し診断
自分が希望する借入先から借入が可能かどうかを簡単に判断してくれるツールです。してもしなくてもOKです。生年月日、年収、現在の借入額、件数など簡単な入力だけで、10秒ほどで結果を知ることができます。
③申込
“ネットキャッシングの申し込み”をクリックして、申し込みページにて個人情報の入力を行い申し込みを行います。基本情報のほかに家族構成、自宅電話の有無、自宅情報、勤務先情報などの入力が必要です。申し込みを送信して、申し込みが完了したら登録メールに申込完了メールが届きます。
④ 審査結果の通知
審査の結果が電話かメールにて知らされます。審査に必要とされている時間は数分から30分と、とても短い時間で審査の結果を知ることができます。
⑥融資
審査に通過したら指定口座へ振り込まれます。
⑦必要書類の郵送
正式な契約関連書類は、後日郵送にて送られてきます。これに記入をして必要な書類などを添付します。なお一般的な必要な書類は身分証明書のコピー、収入証明書(借入が50万円、または100万円を超えるとき)などが必要になります。

インターネットから申し込むカードローンのメリットとデメリット

メリット①迅速で便利

いつでもどこででもネット環境下であれば、カードローンの申し込みができて便利です。また営業時間内の申し込みであれば審査の結果を受けるまでの時間がとても短く、迅速に借入ができます。即日融資などに向いた申し込み方法であるといえます。

メリット②誰かに見られる心配なし

手続きのために店頭窓口、無人契約機、ATMなどに行く必要がないので、誰かに借入をするところを見られる心配がありません。

メリット③家族にもばれない

ネット上ですべての手続きを完了できるネット完結型のカードローンも存在ます。そのために家族にもばれずに借入をすることができ、安心して借入を行えます。

デメリット①手軽さがあだに

ネットで申し込むことで手軽に借入ができるのは便利なのですが、借金も手軽にできてしまいます。

そのために借りすぎに陥る方も少なくありません。ネット上でクリックひとつで借入ができるために、お金を借りているという感覚がないまま借金が膨らむこともあります。

デメリット②即日融資には時間制限がある

“即日融資”とインターネットからの申し込みはセットのようになりつつあります。

でもネットから申し込みをしらからと、絶対に即日融資が可能であるわけではありません。即日融資への対応可能な時間帯があるのです。

即日融資対応可能な時間帯を過ぎての申し込みになると、翌営業日まで待つ必要があります。

インターネットの普及によりカードローンの申し込みまでネット上で行われるようになりました。簡単で便利で安心して借入をできるようになりました。だからこそ借入はより計画的に行う意識が必要となってきているといえるのです。

0

限度額増額とは?メリットと限度額増額の仕方

カードローンには個人の返済能力に合わせて利用できる限度額が決まっているということは、知っている方も多いと思います。

でも実はこの限度額を増やすことができるということについて知っている方はあまり多くないようです。そこでここでは限度額増額について詳しく見ていくことにしましょう。

続きを読む

0

カードローンで限度額増枠を狙う際に知っておきたいこと

カードローンには限度額というものがあります。

限度額はマックスで借入できる金額のことなのですが、この限度額は増枠することができるのです。

将来にお金がもっと必要となった時に増枠があると、申し込みや審査という過程を通ることなく手間なく借入ができ便利なのです。

ではどのようにして限度額増枠はできるのでしょうか?絶対に必要な条件について詳しく調べていきましょう。

続きを読む

0