カードローンに名前の読み方を変えて申請したらどうなるの?

借入をどうしてもしたいけど利用額いっぱい、審査に落ちてしまったという方の中には、名前の読み方を変えて申請すれば審査に通るのではないか?と考える方もいます。

例を挙げると“河野”さんを、本当は“かわの”なのに“こうの”変えて申請するのです。

一見、わからないのでは?と思うかもしれません。実際にカードローンの申込では、名前の読み方を変えて申請することができるのでしょうか?

金融機関はしっかりと調査をする!

結論から言うと、名前の読み方を変えて申請するだけでカードローンの審査に通るということはありません

その理由は金融機関が利用している類似検索というものにあります。
この類似検索では似た名前で、読み方が違う名前で申請されることを防ぐ目的で作られています。

はじめに審査を受けた時点で類似検索に登録されます。この登録が名前の読み方を変えてカードローンに申請しても、自動的に検索されるようになっているのです。

この類似検索には自宅の電話番号、住所、会社の情報など別の情報も載せられているために、金融機関の審査に必ず引っかかってしまうのです。またたとえ類似検索に引っかからなくても、本人確認書類として提出した運転免許証、収入証明証などでばれてしまいます。

書類を偽造すると犯罪になることも!

名前の読み方を変えて申請するために、本人確認書や収入証明書などを偽造して提出すればいいと思う方もいることでしょう。

でも偽造がばれると刑事罰に問われ、詐欺罪となります。

詐欺罪は懲役10年という思い罪を課すことができる犯罪なのです。どうしても借入したい気持ちはわかりますが、絶対に偽造などに手を出すことがないようにしましょう。

社会的信用はどん底に

カードローンに名前の読み方を変えて申請するという行為が1度ばれたら、信用情報として残ってしまいます。

この信用情報は金融機関はカードローンの申請があればいつでも閲覧できる情報です。そのためにどこの金融機関からも借入の申請を受け入れてはもらえなくなります。社会的信用は無くなるといえます。

このように名前の読み方を変えて申請すると、間違いなく“要注意人物”としてレッテルを張られることになり、延滞、債務整理と同様にブラックリストとして扱われることでしょう。

この信用情報は5年以上10年未満という長い期間保管されます。そのためにこの間はどの金融機関からも借入をすることはできず、名前の読み方を変えて申請したところでは二度と審査に通ることはないでしょう。

どうしてもお金が必要なときには?

名前の読み方を変えて申請しなければならないほどお金に困っているのであれば、債務整理など別の手段を検討してみるようにしてください。

もちろん債務整理を行うことは簡単ではありませんが、無料で相談できる弁護士事務所などもあります。また過去に組んだカードローンの契約に関して不安な点などがあるケースには消費者センターなどに相談することができます。

いずれのケースにしても、カードローンに名前の読み方を変えて申請するという詐欺まがいの行為だけは避けましょう。名前の読み方を変えて申請してもすぐにばれてしまうのがオチです。借入を行う際にはくれぐれも慎重に、返済のことまでしっかりと考えてから利用するようにしましょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*